韓国経済、環境部長官が名案「屋外に空気清浄機を一定間隔で設置すれば、PM2.5減る」

韓国経済、環境部長官が名案「屋外に空気清浄機を一定間隔で設置すれば、PM2.5減る」

16日連続の灰色の空

http://image.newsis.com/2019/03/07/NISI20190307_0014966047_web.jpg

記事要約;どうやら灰色の空は16日連続となり、まだまだ記録更新があるかもしれないてこと。さすがに半月もあの灰色の空を眺めていると気分が滅入るぐらいで済まないようだが、韓国政府が考える対策はどれも無能過ぎてどうしようもない。

韓国政府がまずやることは大気汚染物質の特定であり、それから規制である。中国がどうとか言う前に科学的な検証をしないと一体、どれが原因かはわからない。それには灰色の空を調査するしかないだろうに。

だいたい、今回の環境部長官の名案がだってそうだ。以前のサバの塩焼きを原因だとたいしてかわらない。「野外に空気清浄機尾一定間隔で設置すれば、PM2.5減る」とか言い出す。名案どころか「迷案」だよな。

> 韓国政府が、深刻な大気汚染の原因となっている粒子状物質への対策として、屋外用空気清浄機の導入を推進する。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6日に大気汚染の「緊急対策」を指示したことを受け、韓国環境部(省に相当)が対応策を打ち出したわけだが、専門家らの間では「またしても付け焼刃的な政策だ」と批判の声が上がっている。 

空気清浄機の補助金とか、空気清浄機を一定間隔に設置とか。そういうレベルで灰色の空が消えるわけではないだろう。別に韓国だけ世紀末思想で行くのは面白いので一向に構わないが、韓国人のことだ。あの灰色の空がさらに2週間、1ヶ月ほど続けば火病して、暴走するのも目に見えている。我慢できない民族だしな。

> 環境部の趙明来(チョ・ミョンレ)長官は7日、政府ソウル庁舎で高濃度粒子状物質への対応策に関する緊急記者会見を開き「ソウルの中心部に一定間隔で屋外用空気清浄機を設置すれば、微小粒子状物質(PM2.5)濃度を低下させられるとの意見がある」として、空気清浄機の設置計画を発表した。趙長官は「技術が開発されれば1台当たり1億-2億ウォン(約1000万-2000万円)になるだろう。輸出などで国の経済にも効果がありそうなので、推進する価値がある」と述べた。 

だから空気清浄機がどうとかの問題ではないだろう。韓国政府がやることは実態の把握と科学的な検証。それに基づく規制である。規制するためにはデータが必要なのだ。それを無視して空気清浄機を開発して売るとか、そんな愚かなことを考える前にやることはいくらでもあるだろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、環境部長官が名案「屋外に空気清浄機を一定間隔で設置すれば、PM2.5減る」

韓国政府が、深刻な大気汚染の原因となっている粒子状物質への対策として、屋外用空気清浄機の導入を推進する。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6日に大気汚染の「緊急対策」を指示したことを受け、韓国環境部(省に相当)が対応策を打ち出したわけだが、専門家らの間では「またしても付け焼刃的な政策だ」と批判の声が上がっている。 

 環境部の趙明来(チョ・ミョンレ)長官は7日、政府ソウル庁舎で高濃度粒子状物質への対応策に関する緊急記者会見を開き「ソウルの中心部に一定間隔で屋外用空気清浄機を設置すれば、微小粒子状物質(PM2.5)濃度を低下させられるとの意見がある」として、空気清浄機の設置計画を発表した。趙長官は「技術が開発されれば1台当たり1億-2億ウォン(約1000万-2000万円)になるだろう。輸出などで国の経済にも効果がありそうなので、推進する価値がある」と述べた。 

 昨年1月には中国・西安に高さ100メートルの「空気清浄タワー」がお目見えし、話題を集めた。一部の中国メディアは「空気清浄タワーの設置後、タワー周辺の10キロ平方メートル地域のPM2.5濃度が15%ほど低下した」と報じた。しかし、屋外の空気清浄機の効果は十分に検証されていないというのが大半の専門家の意見だ。慶熙大環境工学科のキム・ドンスル教授は「中国の空気清浄タワーの効果について分析したリポートや論文などが学会誌に掲載されたことはない」として「1億-2億ウォンであれば工場の煙突程度のものを作るということになるが、そんな小さな装置でどれほどの効果があるのか疑問だ」と話した。 

 趙長官はまた「人工降雨の技術は中国の方が韓国より進んでいるため、西海(黄海)上空で中国と共同で人工降雨を実施することを協議し、年内に共同実験を行えるよう話し合っていく」と述べた。韓国単独での人工降雨実験も今月中に再度実施するという。韓国政府は今年1月、粒子状物質の低減効果を検証するために人工降雨の実験を実施したが、失敗に終わっている。 

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00080168-chosun-kr)

合わせて読みたい記事

13
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
8 コメント一覧
5 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
12 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ナナシ【メル】

原因を究明するのが先だろうね。

実際ディーゼル車が42%を占めてたり、旧式火力発電所の稼働など海外から見ててもおかしいと思うが!!

発電効率の低い韓国製なのに、家庭用を増やし屋外用空気清浄機まで作ると一段と電気が必要になり悪循環になるだけだろう。

まあ、旭日旗が嫌いな韓国人だから太陽が見えなくてちょうど良いのかと思うが!!

八女より

原因の究明って韓国人が出来たことないんです。

田中 一郎

寒いから、屋外に一定間隔でストーブを置くって発想と同じですね・・・馬鹿じゃん(笑)

八女より

真剣に考えた事です

たろうちゃん

空気清浄機の韓国屋外設置よりも韓国人消滅機の世界設置の方がいい!

ボーダー

その装置は、既に中国政府が山東省(朝鮮半島側)に多数設置(工場と称して)して、「朝鮮人バルサン」の商品名で煙を出し続けている最中です。
残念な事に、朝鮮ゴキブリは半島から脱出して世界に拡散した事で、「VXガス」に切り替えを検討(希望)しています。

何故たろうちゃんが装置の事を知っているのか?・・・もしかして中華系のたろうちゃんかも知れない!

たろうちゃん

最近からむなぁ、、、
なんかオレに怨みでもあるのか?

オバマ、

韓国国内の発生を抑制すべき!          空気清浄タワーの効果は未知数?しかもタワー建設に資金や時間や資材が必要だし、建設で新たなpm2.5が増えるのでは?対処療法として、降雨ミサイルもいいけど、ミサイル技術が、韓国になく、開発中とか、もう笑うレベル。

うさぴょん

写真、最近は何にも写っていないと思いました。
あれはひどい。
子どもが、みんな喘息になってしまいます。
(昔、妹が小児喘息でした。子どもには、本当に過酷な病気です…)

あれを毎日見ていながら花火だの空気清浄機だのとしか言えない政府は、もう廃棄処分にしたほうがいいですね。

キジトラ

本当に そんな事で空気 大気が綺麗にできると思って居るんですね 今時の韓国以外の国の子供でも
そんな事は絶対無理だと言うと思うんですがねえ こんな子供みたいな考えを持つ奴が国の 環境庁
長官 恐ろしい国ですなあ どんだけ小さい国じゃ 韓国国民はどう思っているんでしょうねえ。

七氏ですよ

大型扇風機の方が効果有りそうw

普通は原因特定から排ガス規制やフィルターの開発等の対策を考えますが、中国のせいにしている以上韓国国内で発生する分を減らすという発想にはならないのでしょう。
因みに日本では石炭火力でもPM2.5を発生させないような発電機の研究が、実用化実験段階です。
よくは解りませんが、石炭を燃やさず加熱して、可燃性ガスを取り出す方式のようです

八女より

iQOSの大きいやつですね

日本人

どれぐらいの数の空気清浄機を置くのかおぞましいが、清浄機を一定間隔で置いたら、、、、

初度費に用地、設置費を含めて数十兆ヲン。
フィルター交換の維持費に未来永劫、毎年数兆ヲン。
交通など社会インフラへの負の効果が、毎年数兆ヲン。

その原資は、日本が過去の高度経済成長期に韓国へ有形無形の被害を与えたので、その被害賠償金で賄うべきだ、とか言い出すのではないのかな。