日別アーカイブ: 2019年4月27日

韓国経済、【いきなりヘタレる】釜山の徴用工像、決定先送り

韓国経済、【いきなりヘタレる】釜山の徴用工像、決定先送り

記事要約:管理人は5月1日、つまり、メーデーという国際的な労働者の祭典に間に合わせるように釜山の徴用工像を、釜山領事館前の慰安婦像の横に並べて設置してすると思っていた。しかし、ここに来て決定が先送りされたそうだ。

謎の100人円卓会議はどうなったのだ。でも、そんな会議をしなくても、日本が領事館を閉鎖すればいいだけのこと。国際条約や合意を守らない韓国とは付き合わないと、日本政府はG20で堂々と宣言したほうがいいんじゃないか。遠回しでは曲解するからな。はっきり言うべきだ。断交するとな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【いきなりヘタレる】釜山の徴用工像、決定先送り

【ソウル時事】 韓国・釜山の日本総領事館近くの公園脇の歩道に徴用工を象徴する像が置かれている問題で、当初28日に予定されていた最終的な設置場所の決定が先送りされた。市議会が27日、発表した。 

「5月1日まで協議を続ける」と説明しているが、1日までに決まるかどうかも不透明だ。 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042700521

韓国経済、【韓国・対日関係】「今後数カ月が重要」=韓国高官、議員に改善策説明

韓国経済、【韓国・対日関係】「今後数カ月が重要」=韓国高官、議員に改善策説明

記事要約:韓国高官によると日韓関係は「今後数ヶ月が重要」らしい。昨年の10月からあれだけ反日しておきながら、たった数ヶ月で関係が改善するとか考えているとか、お笑いである。

もはや、日韓関係は断交以外の選択肢はない。そのことについて理解していない。一般の日本人をどれだけ怒らせているかも気付いてない。日本企業や民間では韓国外し、スルーがとっくに始まっているというのにな。どれだけ関係改善を話しあおうが韓国を日本人は見捨てたのだ。

その意味は徐々に理解していくことだろう。でも、さっさと管理人は日本政府が報復措置に動いて欲しいとおもうが。現金化など待たずにな。しかし、今の韓国政府も,韓国メディアもだいぶトーンダウンしているよな。そんなことしても、もはや、誰1人韓国を許さないというのに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【韓国・対日関係】「今後数カ月が重要」=韓国高官、議員に改善策説明

【ソウル時事】韓国の趙顕外務第1次官は26日、韓日議員連盟所属の議員との会合であいさつし、「今後数カ月は、日本との関係で極めて重要な時期になる」と述べ、悪化している関係の改善に取り組む方針を強調、協力を求めた。 

趙氏ら外務省高官は会合の非公表セッションで、関係改善に向けた「幾つかの方策」を説明、議員と討論を行った。会合には、元徴用工らの原告代理人を務める弁護士も出席した。

文在寅大統領は6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する意向を示しており、首脳会議までに関係打開のめどを付けたい考えとみられる。 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042601362

韓国経済、野村「韓国経済成長率は1.8%」=2.4%から大幅に下方修正

韓国経済、野村「韓国経済成長率は1.8%」=2.4%から大幅に下方修正

記事要約:さすがに証券会社も、1月~3月の韓国経済成長率が-0.3%まで落ち込むとは予想もしてなかったようで。野村がすぐに2.4%→1.8%に下方修正したようだ。管理人は最初から2%以下だと考えていたが、明らかにもう2.5%は難しいてことだ。

これから、他の証券会社の成長率予想が相次いで大幅に下方修正されると思われる。そもそも、1.8%でさえ、平均、3ヶ月で0.7%ずつの成長ということになる。政府ドーピングして9月で2.1%押し上げるにはかなりの予算をつぎ込むことになるだろうし、現実的には厳しいだろうな。

> ブルームバーグ通信が26日に伝えたところによると、経済成長に関する世界45の主な予想機関のうち、韓国の今年の成長率を1%台と見込んだのは野村が初めて。第1四半期(1-3月)の成長率がマイナス0.3%と、およそ10年ぶりの最低値を記録する中、成長率見込みを1%台と低く見積もる機関が出てきたことで、韓国の成長率が当初の予想を大きく下回る「1%台の低成長」を記録するのではないか-という懸念が強まっている。 

無理に2%成長に押し上げてくるのか。懸念というより、そんな見栄のために予算を使っても後で苦しくなる一方なんだよな。何しろ,今のところ、現代自動車ぐらいしか明るいニュースがない。

サムスン電子は折りたたみ式スマホで盛大に転けた。あれをどうにかして7月のファーウェイの発売よりも、前に出せるか考えたら絶望的過ぎるという。5Gに期待するにしても、明らかにコンテンツ不足だろう。

> 野村は26日に発表した報告書で、成長率下方修正の理由について「韓国の第1四半期の国内総生産(GDP)は予想外に大きく落ち込んだ。特に設備投資が前四半期より10.8%も減少しており、これは輸出の不振が国内経済にマイナスの影響を及ぼしかねないことを示唆する」と記した。また野村は今回の報告書で「4月(1-20日まで)の輸出は、半導体輸出の不振などの余波で昨年同期より8.7%減った。これは、対外需要の減少が全体的な成長に継続的な負担を与えていることを示す」と指摘した。 

明らかに不況の底を見えてないと管理人は何度も述べてきた。これからまだまだ悪化するといっているのに、2.5%成長とか予想するほうがおかしいという。これで証券会社の予想もたいしたことはないと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、野村「韓国経済成長率は1.8%」=2.4%から大幅に下方修正

第1四半期の設備投資が10%減少したことを指摘 

米国は第1四半期に3.2%成長…予想とは正反対 

 国際投資銀行(IB)のノムラ・ファイナンシャル・インベストメントが、今年の韓国の成長率見込みを2.4%から1.8%へと大幅に下方修正した。 

 ブルームバーグ通信が26日に伝えたところによると、経済成長に関する世界45の主な予想機関のうち、韓国の今年の成長率を1%台と見込んだのは野村が初めて。第1四半期(1-3月)の成長率がマイナス0.3%と、およそ10年ぶりの最低値を記録する中、成長率見込みを1%台と低く見積もる機関が出てきたことで、韓国の成長率が当初の予想を大きく下回る「1%台の低成長」を記録するのではないか-という懸念が強まっている。 

 野村は26日に発表した報告書で、成長率下方修正の理由について「韓国の第1四半期の国内総生産(GDP)は予想外に大きく落ち込んだ。特に設備投資が前四半期より10.8%も減少しており、これは輸出の不振が国内経済にマイナスの影響を及ぼしかねないことを示唆する」と記した。また野村は今回の報告書で「4月(1-20日まで)の輸出は、半導体輸出の不振などの余波で昨年同期より8.7%減った。これは、対外需要の減少が全体的な成長に継続的な負担を与えていることを示す」と指摘した。 

 野村は「韓国政府が最近打ち出した財政浮揚策(追加経済予算)だけでは、深刻化する経済のマイナス成長を完全に食い止めることは難しいだろう」と分析した。今回野村が下方修正した韓国の成長率(1.8%)は、韓国政府の今年の成長率目標値(2.6-2.7%)や韓国銀行の成長率見込み(2.5%)よりかなり低い数値だ。 

金成謨(キム・ソンモ)記者 , 鄭漢国(チョン・ハングク)記者 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/27/2019042780012.html

韓国経済、WTO会合で日本敗訴に疑問の声 「紛争処理制度に問題」 10カ国・地域が意見を表明

韓国経済、WTO会合で日本敗訴に疑問の声 「紛争処理制度に問題」 10カ国・地域が意見を表明

記事要約:WTOの会合で日本敗訴に疑問の声が続出しているようだ。「紛争処理制度に問題」と10カ国・地域が意見を表明しているという。これについてはまずはこの記事を読んで頂きたい。

タイトルだけでもやっていることの卑劣さがよくわかる。ホテルに3週間で、20人以上つめて説得とか、嫌がらせレベルにもほどがある。むしろ,警察読んで追い払うべきだったと思うが。しかし、こんなロビー活動を成果として自慢するのが屑民族だということだ。どう見ても、韓国に脅迫されたといっても、言い過ぎではないだろうに。

> 通商筋によると、会合で「第三国」として意見を表明したのは、米国、欧州連合(EU)、カナダ、中国、ブラジルなど10カ国・地域。米国は「一審」の紛争処理小委員会が日本の言い分をおおむね認めたのに、上級委で逆転敗訴となったことへの疑念を示した。 

あれ、これってほぼ全てじゃないか?米国、欧州、カナダ、中国、ブラジルて、しかも、中国が日本に加勢しているのか。これは珍しいな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、WTO会合で日本敗訴に疑問の声 「紛争処理制度に問題」 10カ国・地域が意見を表明

【ジュネーブ共同】 

韓国による日本産水産物の輸入規制を巡り、世界貿易機関(WTO)の紛争処理の「最終審」に当たる上級委員会が日本の主張を退けたことについて、WTOで26日開かれた会合では、各国から「これでは紛争の解決にならない」と疑問視する声が相次いだ。WTOの紛争処理制度の問題点を指摘する意見も多く出た。 

通商筋によると、会合で「第三国」として意見を表明したのは、米国、欧州連合(EU)、カナダ、中国、ブラジルなど10カ国・地域。米国は「一審」の紛争処理小委員会が日本の言い分をおおむね認めたのに、上級委で逆転敗訴となったことへの疑念を示した。 

https://this.kiji.is/494648378819363937?c=39546741839462401

韓国経済、【文大統領】「金剛山観光の早期再開へ努力」 南北首脳会談開催を積極推進し、米朝交渉の再開につなげるという狙いもある

韓国経済、【文大統領】「金剛山観光の早期再開へ努力」 南北首脳会談開催を積極推進し、米朝交渉の再開につなげるという狙いもある

記事要約:今日から大型連休から始まったが、特に管理人はどこかに出かけるつもりもない。家でたまった積みゲーと,見たい映画などで時間を使うつもりだ。だから、サイトはいつものとおりのペースで更新していく予定だ。

日本は休みでも韓国のニュースは色々と出てくると思われる。このサイトはいつも通り更新することで読者様が安心してくれるそうなので、そこはしっかりと守りたいところだ。では、ニュースを紹介しよう。どうやら、文在寅大統領が北朝鮮の金剛山観光の早期再開へ努力するそうだ。開城工業団地の方は諦めたのか。

> 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、「政府は朝鮮半島の平和経済の時代を準備する」としながら、「金剛山観光の早期の再開に向け引き続き努力する」と述べた。北東部の江原道・高城で「平和経済」をテーマにした江原道のビジョン戦略報告会に出席し、開城工業団地と並ぶ南北経済協力の象徴で、現在はともに中断している北朝鮮・金剛山観光の再開にあらためて意欲を見せた。

自国の経済はマイナス成長という、条件が整えばアジア通貨危機一歩手前まで来ているのに、北朝鮮のことしか頭にないムン君。  自国民はこのまま死んでも北朝鮮との平和経済に邁進するそうだ。無能なムン君が経済対策をすればするほど、韓国経済は悪化するのに、もうすぐ2年なのにまったく理解してないという。その方がサイトのネタにはなるから自由にやれば良いとは思うが、勝手に滅んで日本を恨まれたら困る。だから、トドメ刺さないとな。

> 北朝鮮に対する国際社会の制裁の緩和により南北の経済協力事業を再開し、南北関係を改善に導きたい考えを示したものとみられる。また、2月末の米朝首脳会談が物別れに終わった後、朝鮮半島の平和プロセスにもブレーキがかかった状態となっている中、再始動に向けてまずは4回目の南北首脳会談開催を積極推進し、米朝交渉の再開につなげるという狙いもあるようだ。 

いつも思うが、ムン君は北朝鮮の金正恩に飴だけを与えれば何もかも上手くいくと本気で信じてるようだ。でも、上手くいかないから何十年も米国や世界は困っているんだよな。しかも、トランプ大統領から余計なことをするな。2分で会談を打ち切らればかりなのに・・・北朝鮮への愛だけは本当にぶれないな。

さすが、北の首席報道官といわれるだけのことはある。でも、今は格下げで自称、末席報道官だったか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【文大統領】「金剛山観光の早期再開へ努力」 南北首脳会談開催を積極推進し、米朝交渉の再開につなげるという狙いもある

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、「政府は朝鮮半島の平和経済の時代を準備する」としながら、「金剛山観光の早期の再開に向け引き続き努力する」と述べた。北東部の江原道・高城で「平和経済」をテーマにした江原道のビジョン戦略報告会に出席し、開城工業団地と並ぶ南北経済協力の象徴で、現在はともに中断している北朝鮮・金剛山観光の再開にあらためて意欲を見せた。 

北朝鮮に対する国際社会の制裁の緩和により南北の経済協力事業を再開し、南北関係を改善に導きたい考えを示したものとみられる。また、2月末の米朝首脳会談が物別れに終わった後、朝鮮半島の平和プロセスにもブレーキがかかった状態となっている中、再始動に向けてまずは4回目の南北首脳会談開催を積極推進し、米朝交渉の再開につなげるという狙いもあるようだ。 

文大統領はこの日の戦略報告会で、南北非武装地帯(DMZ)を歴史、生態系、文化を併せ持つ「平和観光の中心地」につくりあげると説明した。昨年9月の南北首脳会談を機に結ばれた軍事分野合意により、緊張緩和への取り組みが進んでいる。文大統領は「監視所が撤去された非武装地帯は、安全保障・平和を体験する平和の道を開いていくことになる」と述べた。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190426001200882?section=politics/index