日別アーカイブ: 2019年5月3日

韓国経済、【残り3年もムン君ならできる】文政権発足2年 対北政策45%が支持=経済は低評価

韓国経済、【残り3年もムン君ならできる】文政権発足2年 対北政策45%が支持=経済は低評価

記事要約:絶望的な韓国経済の現状がここ数日で色々と出てきているわけだが、文在寅大統領の支持率は1%上がって45%になったようだ。そして、ちょうど文在寅政権が発足して2年となるようだ。その中で支持されているのは対北政策らしい。

ええ?当の北朝鮮にまったく相手にされてないのに支持しているのか?不思議な気がしないでもないが、韓国人にしかわからない韓国人の理由があるのだろう。そんなことを日本人が考えても答えは永遠にたどり着けるはずもないので、止めた方が良い。大事なのは文在寅政権が3年を持つように応援することだ。

それにはまず生意気な保守政党の最大野党の解散が必要だ。200万人の請願で解散を求めているのだ。これこそ真の民主主義。ここで解散させておけば、もう、文在寅大統領は怖いものなしだ。なぜなら、弾劾デモしようが、野党が消えれば弾劾は否決されるし、そもそも裁判官も掌握済みなので最終的に弾劾もできないと。

後はなんだろうな。ネット規制と言論弾圧か。保守系メディアと朝鮮日報を黙らせることも大事だ。真の民主主義に逆らうようなメディアは潰した方がいいしな。どうせ、文在寅大統領の2年で朝鮮日報は批判的な記事を書いているのだろう。何も理解しない韓国の記者が。もう、赤化まで止まらないのだ。2年前にその道を韓国人が選んだのだ。だから、文在寅大統領を信じて突き進めばいい。バラ色の未来が待っているはずだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【残り3年もムン君ならできる】文政権発足2年 対北政策45%が支持=経済は低評価

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足から丸2年を控えて実施された世論調査で、文政権の福祉と対北朝鮮・外交政策を支持する割合が50%前後と比較的高かった一方、雇用・経済政策、公職者人事の支持は30%未満と低調だったことが分かった。世論調査会社の韓国ギャラップが3日、主要分野別の政策評価の結果を発表した。 

調査は4月30日~5月2日に全国の成人1004人を対象に実施された。 

文政権の福祉政策を支持する回答は51%、不支持は33%だった。 

 対北朝鮮政策と外交政策はともに45%の支持を得たが、2月の調査に比べると北朝鮮政策の支持は14ポイント、外交政策は7ポイント、それぞれ低下した。韓国ギャラップは2月末に開催された2回目の米朝首脳会談が合意に至らなかったこと、文大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が昨年4月27日に初めて首脳会談を行い「板門店宣言」を発表してから1年の記念行事に北朝鮮が出席しなかったことを挙げながら、近ごろ疎遠気味の南北関係が反映されたようだと分析した。 

 この他の政策の支持は、教育が33%、雇用・労働が29%、公職者人事が26%、経済が23%だった。 

 一方、文大統領の支持率は前週から1ポイント上がり45%となった。不支持率は1ポイント下落の45%。 

 韓国ギャラップによると、就任から2年を前後した歴代大統領の支持率は、金泳三(キム・ヨンサム)氏が37%、金大中(キム・デジュン)氏が49%、盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏が33%、李明博(イ・ミョンバク)氏が44%、朴槿恵(パク・クネ)氏が33%だった。 

 文大統領は金委員長との初の首脳会談を終えた直後の昨年5月第1週に、歴代大統領としては最高の83%の支持率を記録した。しかし6月の統一地方選後、経済・国民生活問題を解決していないとして支持率が下がり続けた。ここ数カ月は支持率と不支持率がともに40%台で推移している。 

 政党支持率は与党「共に民主党」が36%、最大野党「自由韓国党」が24%、「正義党」が8%、「正しい未来党」が6%、「民主平和党」が0.4%だった。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190503001200882?section=politics/index

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【崩壊する未来しか見えない】現代建設、36キロのクウェートの海道をつなぐ 土木事業本部長「今後もクウェートと中東の追加土木工事に有利な位置」

韓国経済、【崩壊する未来しか見えない】現代建設、36キロのクウェートの海道をつなぐ 土木事業本部長「今後もクウェートと中東の追加土木工事に有利な位置」

記事要約:現代建設が36キロのクウェートの海道をつなぐ土木工事を完成したようだ。前にも述べたが韓国の建築は中東では色々と建設を請け負っている。だから、原油高になると、こういう仕事が増えてくるので、韓国の建設業にとって原油高はありがたいことになる。ただ、現代建設に高度な技術があるとは思えないので崩壊する未来しか見えないという。

>現代(ヒョンデ)建設とGS建設が、総延長48.5キロで世界で二番目に長い橋であるクウェートの「Sheikh Jaber Causeway」(写真)を完成した。ソウル~水原(スウォン)間の直線距離(約34キロ)と似た橋の主要部分の36.1キロは現代建設が、別の連結区間である12.4キロはGS建設が引き受けた。世界最長の橋である中国港珠澳大橋(全長は55キロ)と比較して6.5キロが短い。 

https://i.imgur.com/7pe7jOT.jpg

長さは凄いな。とりあえず、どんな橋かはリンクを参照してほしい。第一印象としてはレーシングのコースぽい感じであるな。普通にグランプリレースができそうな感じに見える。ただ、これ砂漠に道路を建設してそれを橋に繫げたわけだ。確かに真っ直ぐ繫げると都市間の行き来の時間短縮にはなりそうだな。

>前クウェート国王の名前から取ったSheikh Jaber Causewayは、海上を通る橋だ。クウェート湾の南側のシュワイク港と北側のスビヤ新都市とを結ぶ。従来は車で1時間10分ほどかかったが、橋を利用すれば20分に短縮される。 

1時間10分かかっていたのが、なんと20分で行けるそうだ。凄いじゃないか。流通的にかなり利便性がありそうだな。壊れなければだが。

> 現代建設は2013年11月、地元企業と26億2000万ドルでこの工事を受注した。現在の為替相場では約3兆654億ウォンに達する。これは「檀君以来の最大工事」と呼ばれた東亜(トンア)建設のリビア大水路工事(第1段階は37億ドル、第2段階は64億ドルで計101億ドル)以降、韓国国内建設会社が受注した最大規模の土木工事といえる。3位は、GS建設のシンガポール・トムソンイーストコースト線工事(約15億ドル)だ。 

だいたい3600億円か。これで儲けはどの程度は出ているんだ。橋の通行料でも取る計画なんだろうか。

> パク・チャンス現代建設土木事業本部長は、「Sheikh Jaber Causewayを成功裏に完成しただけに、現代建設は今後もクウェートと中東の追加土木工事において有利な位置を先取りできるだろう」と語った。 

そういうのは年月を経過して成功裏に完成したといえるんじゃないか?完成してもすぐ壊れる未来しか見えないので、そのうち、何かニュースになるんじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【崩壊する未来しか見えない】現代建設、36キロのクウェートの海道をつなぐ 土木事業本部長「今後もクウェートと中東の追加土木工事に有利な位置」

現代(ヒョンデ)建設とGS建設が、総延長48.5キロで世界で二番目に長い橋であるクウェートの「Sheikh Jaber Causeway」(写真)を完成した。ソウル~水原(スウォン)間の直線距離(約34キロ)と似た橋の主要部分の36.1キロは現代建設が、別の連結区間である12.4キロはGS建設が引き受けた。世界最長の橋である中国港珠澳大橋(全長は55キロ)と比較して6.5キロが短い。 

現代建設は1日(現地時間)、クウェートでサバーハ・アル=アフマド・アルサバーハ国王や李洛淵(イ・ナギョン)首相など400人余りが出席した中、Sheikh Jaber Causewayの完成式典を行ったと、2日明らかにした。 

前クウェート国王の名前から取ったSheikh Jaber Causewayは、海上を通る橋だ。クウェート湾の南側のシュワイク港と北側のスビヤ新都市とを結ぶ。従来は車で1時間10分ほどかかったが、橋を利用すれば20分に短縮される。 

現代建設は2013年11月、地元企業と26億2000万ドルでこの工事を受注した。現在の為替相場では約3兆654億ウォンに達する。これは「檀君以来の最大工事」と呼ばれた東亜(トンア)建設のリビア大水路工事(第1段階は37億ドル、第2段階は64億ドルで計101億ドル)以降、韓国国内建設会社が受注した最大規模の土木工事といえる。3位は、GS建設のシンガポール・トムソンイーストコースト線工事(約15億ドル)だ。 

現代建設はSheikh Jaber Causewayを建設するために、橋の南北に33万平方メートル規模の人工島2つを作った。人工島には、橋を総括管理する本部と防災施設などが建設された。 

現代建設は、この橋を建設する過程で、クウェート湾の海の真ん中に一般的な高層ビルより大きい長さ40~60メートル、直径3メートルのコンクリート杭1100個を埋設した。その上に1本あたり1800トンに達するコンクリート橋の上板1000枚を陸地で作った後、海に移して設置した。工事期限に合わせるために、現地に派遣された従業員は、このような作業を1日2交代で24時間続けた 

パク・チャンス現代建設土木事業本部長は、「Sheikh Jaber Causewayを成功裏に完成しただけに、現代建設は今後もクウェートと中東の追加土木工事において有利な位置を先取りできるだろう」と語った。 

朴在明 


http://japanese.donga.com/List/3/02/27/1718961/1

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、政党解散を求める国民請願に200万人 黄教安代表「政府・左派の大衆動員」大統領府側は依然「新たな民主主義」

韓国経済、政党解散を求める国民請願に200万人 黄教安代表「政府・左派の大衆動員」大統領府側は依然「新たな民主主義」

記事要約:どうやら韓国の最大野党の解散を求める国民請願が124万人から200万人を突破したようだ。今回はそれについての見解だが、これは韓国政府は国民の声とやらに答えた解散したらどうだろうか?何しろ多くのベトナム人もなぜか、請願に参加しているしな。詳しくは管理人の令和初笑いを持って行かれた記事を参照してほしい。

> 韓国大統領府(青瓦台)の国民請願サイトに掲示された、保守系最大野党「自由韓国党」の解散を求める国民請願に賛成意見を表明した人の数は、2日の時点で171万人を超えた。一方、与党「共に民主党」の解散を要求する請願の賛同者も2日の時点で28万人を超え、先月22日に始まった「政党解散」請願競争に200万人以上が参加したことになる。 

やったな。200万だぞ。しかも、まだまだ増えているんだろう?さあ、保守系最大野党を解散させるのだ。これによって韓国の真の民主主義とやらが完成する。韓国大統領府側がこれを新たな民主主義という。いくらでもネット工作が可能な請願なのにな。でも、ギネス認定してもいいぞ。お笑いやネタなら間違いなく最高だろう。

> 自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は2日、フェイスブックに「文在寅(ムン・ジェイン)政権と左派勢力が本格的な大衆動員に乗り出した」と書き込んだ。また同党の金汀才(キム・ジョンジェ)院内スポークスマンは「まるでスポーツの試合のように双方で競争していて、大統領府はただ傍観している」とコメントした。 

この件においてどこまで韓国人が本気なのか知らないが,無能な政権を造り上げたのは無能な国民であることはいうまでもない。いくら北朝鮮が陽動しているからといって、こんな請願に本気で参加しているならどうかしているわけだ。

> 大統領府の関係者は「政治的意思を示すもの」だと語った。「新たな民主主義の表現方式」だというのだ。なお、「自由韓国党に対する政党解散請願の背後に北朝鮮がいる」という主張に関連して、大統領府のコ・ミンジョン報道官は「そうした痕跡はない」と否定した。 

そもそも、政府側が北朝鮮側ではないか。どうみても、文在寅大統領は北朝鮮シンパだろう。それで後ろに北朝鮮がいるといわれても、当たり前としかいいようがない。既に北に半分以上、韓国は乗っ取られている。この保守政党さえ潰してしまえば,いよいよ赤化も次の段階に進めるわけだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

黄教安代表「政府・左派の大衆動員」 

大統領府側は依然「新たな民主主義」と主張 

 韓国大統領府(青瓦台)の国民請願サイトに掲示された、保守系最大野党「自由韓国党」の解散を求める国民請願に賛成意見を表明した人の数は、2日の時点で171万人を超えた。一方、与党「共に民主党」の解散を要求する請願の賛同者も2日の時点で28万人を超え、先月22日に始まった「政党解散」請願競争に200万人以上が参加したことになる。 

 自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は2日、フェイスブックに「文在寅(ムン・ジェイン)政権と左派勢力が本格的な大衆動員に乗り出した」と書き込んだ。また同党の金汀才(キム・ジョンジェ)院内スポークスマンは「まるでスポーツの試合のように双方で競争していて、大統領府はただ傍観している」とコメントした。 

 大統領府の関係者は「政治的意思を示すもの」だと語った。「新たな民主主義の表現方式」だというのだ。なお、「自由韓国党に対する政党解散請願の背後に北朝鮮がいる」という主張に関連して、大統領府のコ・ミンジョン報道官は「そうした痕跡はない」と否定した。 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/03/2019050380002.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【さっさと現金化しろと】元徴用工側「最後のチャンスだ」…日本製鉄・不二越の資産売却申請取りやめ示唆 日本側が交渉に応じれば

韓国経済、【さっさと現金化しろと】元徴用工側「最後のチャンスだ」…日本製鉄・不二越の資産売却申請取りやめ示唆 日本側が交渉に応じれば

記事要約:何か勘違いしている愚か者がいる。例の徴用工問題で元徴用工側が「最後のチャンスだ」と資産売却姿勢をしながら、脅しをかけてくるという。そうだよな。さっさと現金化すればいいではないか。別に日本製鉄や不二越は現金化されても、その補填は日本政府がしてくれるので、交渉に応じる必要もない。

そもそも、今、そんな甘い態度を取れば日本中から袋だたきにされる。これは一企業の問題ではないのだ。日本企業全体が関わるコリアリスクなのだ。そして、そのコリアリスクを二度と作らないために,今,韓国とは日韓断交しかない。韓国がある限り、いつまでも歴史問題で謝罪と賠償を要求するが、断交すればそんなものは放置するだけでいい。

日本が令和という新時代を迎えて喜んでいるところに、現金化に着手なんてことをしたのだ。それがどれだけお祝いムードに水を差したか。こいつらにはわかるまい。だが、確実に日本人を怒らせた。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【さっさと現金化しろと】元徴用工側「最後のチャンスだ」…日本製鉄・不二越の資産売却申請取りやめ示唆 日本側が交渉に応じれば

韓国の元徴用工らの裁判を巡り、日本企業の資産の売却を申請した原告側の弁護士が日本側が交渉に応じれば手続きを取りやめる考えを示しました。 

 元徴用工らの裁判では、すでに差し押さえられた日本製鉄と不二越の資産を売却して現金化するよう原告側が裁判所に申請しています。原告側の弁護士らはこの申請について「原告が高齢のため仕方なく行ったもので、最善の方法だとは思わない」と話し、日本側が交渉の意思を示すことを条件に申請を取りやめる可能性を示しました。現金化の手続きには3カ月以上かかるとみられ、原告側は「最後のチャンスだ」として日本側に協議に応じるよう圧力を掛ける考えです。 

http://news.livedoor.com/article/detail/16405555/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、5月3日のウォン市場、鎌倉幕府も射程圏内に 1170ウォン突破!

韓国経済、5月3日のウォン市場、鎌倉幕府も射程圏内に 1170ウォン突破!

記事要約:朝の開幕のウォン市場は1167ウォンぐらいで管理人は下げてくるかな、さすがに1170防衛ラインは死守するだろうとか思っていたら、気が付くと1170ウォンを突破していたことに驚いて,慌ててお知らせしている。

ご覧のとおり、開幕から少し下げた後は一気に1170を超えて、1171ウォンまで下げている。つまり、鎌倉幕府(1185)も射程圏内にまで迫ってきた。まさか、今週で1180突破なんてないよな・・・さすがに1170防衛ラインを簡単に抜かれすぎではないか。そして、KOSPIも2200を割って2194と下げ展開だ。これはダウも下がっているので市場の動きが重いことも関係してそうだが。

気になる原油価格は若干下げている。ビットコインが気が付くと60万超えているな。何かあったのか。ダウも結構下げている。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国、4月の輸出マイナス2% 5カ月連続減少…半導体価格下落の影響

韓国経済、韓国、4月の輸出マイナス2% 5カ月連続減少…半導体価格下落の影響

記事要約:韓国経済が危機的な状況というのは既にいくつかニュースを出したので知っているとおもうが、韓国経済を見る上で大事なのは貿易、投資、雇用の3つである。管理人の記事はだいたい、この3つのどれかが中心となる。今回は輸出なので貿易ということになる。

初心者さんはとりあえず、この3つの良し悪しで判断すれば、だいたい間違うことなく正確に読み取れるだろう。リアルで沈んでいく韓国経済は世界中の経済学者にとっては注目に値する現象だ。このまま赤化すれば今後、100年ぐらいは韓国の例が世界中の教科書に載るんじゃないか。ベネズエラに負けるかもしれないが。では、4月の輸出について詳しく見ていこう。

>輸出量は増えたが、半導体価格の下落と中国景気の減速で輸出額が5カ月連続で減少した。韓国産業通商資源部によると、4月の輸出は前年同月比2%減の488億6000万ドル、輸入は同比2.4%増の447億4000万ドルで、貿易収支は41億2000万ドルの黒字となった。貿易黒字は87カ月連続。

輸出は2%減って、輸入が2.4%増えた。それで、貿易収支は41億2000万ドルの黒字と。輸入が増えているのは良いことだな。

>4月の輸出量は2.5%増加したが、半導体単価の下落、中国景気の減速で金額は減少した。産業部の関係者は「輸出額の減少幅は縮小している」と説明した。前年同月比で2月の輸出額は11.4%減、3月は8.2%減、4月は2%減。 

半導体の価格が下落して、中国景気の減速で輸出を増えても輸出額は減っていると。これは1年前と真逆の現象だな。半導体価格が上昇していた1年前は輸出がたいして変わらずでも,輸出額が増えたので大幅な貿易黒字だった。しかし、今の韓国輸出は商品の値段を下げて売っていると。だから、輸出は増えても輸出額は減っている。薄利多売ということになる。先ほど延べた焼き畑商法がここでも確認できた。

>問題は、輸出量は増加したが単価の下落が続くという点だ。月別物量増減率は2月が前年同月比3.4%減、3月が0.8%減で、4月は2.5%増となった。実際、25日基準で自動車など20大主要品目のうち13品目(65%)の輸出量が増えた。品目別には自動車(14.8%)、二次電池(13.6%)などの物量増加幅が大きかった。 

薄利多売で利益を度外視で販売している傾向だな。これは現代自動車どうなんだ?息を吹き返した記事を掲載したが、単に値段を下げて売っているだけなのか。そもそも、どこで売れているかすら書いてないが。

> 輸出不振の原因は韓国の主力製品の半導体だった。4月の半導体輸出は84億5500万ドルと、前年同月比13.5%減少した。輸出全体に占める比率は17.3%。20%台だった輸出寄与度が減少した。 

いつから韓国の主力製品は半導体になったのだ。半導体なんてここ数年だけではないか。韓国の主力製品は造船、自動車、石油製品、スマホ、家電などだ。どれも、中国にシェアを絶賛、奪われているが。

> まず半導体単価の下落幅が大きかった。DRAM(8Gb)が4.3ドルと、1年前に比べ51.6%も落ちた。NAND型フラッシュメモリー(128Gb)は4.9ドルと、27.2%下落した。さらにグローバルIT企業データセンターの在庫調整が続いたうえ、中国に輸出されるスマートフォンの需要が停滞し、半導体の輸出も振るわなかった。需要の不振で半導体の輸出量は0.9%減少した。産業部の関係者は「半導体を除けば今月の全体輸出は0.8%増加した」とし「半導体が4月の輸出減少の主な要因」と説明した。 

仮想通貨のマイニングやビッグデータを処理するために企業が半導体を大量に必要とした。しかし、その需要は落ち着いてきている。だから、以前のように高くても購入してくれなくなった。そして、値段をどんどん下げていると。半導体を除けば今月の全体輸出は0.8%増加したと自慢されても、それはただの値下げによる輸出増加ではないか。

> 地域別には中国への輸出減少の影響が大きかった。4月の対中国輸出は124億4000万ドルと、前年同月比4.5%減少した。6カ月連続の輸出減少だ。ただ、中国政府が景気浮揚策を進め、輸出を拡大しているため、韓国の対中輸出減少率も縮小している。対中輸出増減率は1月が19%減、2月が17.3減、3月が15.6%減、4月が4.5%減。 

中国の景気が悪化しているので、韓国の輸出も減っていると。もっとも、それだけではないだろうな。韓国からの輸入に頼っていたものを、中国国内で生産を始めたのだろう。もうすぐ大規模な半導体工場も稼働するからな。韓国の中国輸出はさらに減りそうだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、韓国、4月の輸出マイナス2% 5カ月連続減少…半導体価格下落の影響

輸出量は増えたが、半導体価格の下落と中国景気の減速で輸出額が5カ月連続で減少した。 

  韓国産業通商資源部によると、4月の輸出は前年同月比2%減の488億6000万ドル、輸入は同比2.4%増の447億4000万ドルで、貿易収支は41億2000万ドルの黒字となった。貿易黒字は87カ月連続。 

  4月の輸出量は2.5%増加したが、半導体単価の下落、中国景気の減速で金額は減少した。産業部の関係者は「輸出額の減少幅は縮小している」と説明した。前年同月比で2月の輸出額は11.4%減、3月は8.2%減、4月は2%減。 

  問題は、輸出量は増加したが単価の下落が続くという点だ。月別物量増減率は2月が前年同月比3.4%減、3月が0.8%減で、4月は2.5%増となった。実際、25日基準で自動車など20大主要品目のうち13品目(65%)の輸出量が増えた。品目別には自動車(14.8%)、二次電池(13.6%)などの物量増加幅が大きかった。 

  しかし単価増減率は1月が13.1%減、2月が8.3%減、3月が7.5%減、4月が4.4%減だった。多く輸出しても価格下落のため全体の金額が減少する構造だ。 

  輸出不振の原因は韓国の主力製品の半導体だった。4月の半導体輸出は84億5500万ドルと、前年同月比13.5%減少した。輸出全体に占める比率は17.3%。20%台だった輸出寄与度が減少した。 

  まず半導体単価の下落幅が大きかった。DRAM(8Gb)が4.3ドルと、1年前に比べ51.6%も落ちた。NAND型フラッシュメモリー(128Gb)は4.9ドルと、27.2%下落した。さらにグローバルIT企業データセンターの在庫調整が続いたうえ、中国に輸出されるスマートフォンの需要が停滞し、半導体の輸出も振るわなかった。需要の不振で半導体の輸出量は0.9%減少した。産業部の関係者は「半導体を除けば今月の全体輸出は0.8%増加した」とし「半導体が4月の輸出減少の主な要因」と説明した。 

  輸出主要品目の石油化学は5.7%減少した。輸出量自体は増加(7.6%)したが、米国が供給量を増やしたことで輸出単価が落ちた。石油化学の輸出単価は前年同月比10.7%下落した。 

  地域別には中国への輸出減少の影響が大きかった。4月の対中国輸出は124億4000万ドルと、前年同月比4.5%減少した。6カ月連続の輸出減少だ。ただ、中国政府が景気浮揚策を進め、輸出を拡大しているため、韓国の対中輸出減少率も縮小している。対中輸出増減率は1月が19%減、2月が17.3減、3月が15.6%減、4月が4.5%減。 

  産業部の関係者は「中国や日本への輸出が減少したが、減少幅は縮小傾向」とし「米国、ベトナム、インド、中南米への輸出は増えた」と伝えた。 

  成允模(ソン・ユンモ)産業部長官はこの日、「輸出活力向上のために最近、補正予算に貿易金融(2640億ウォン)、海外マーケティング(383億ウォン)など3233億ウォンが反映された」とし「厳しい輸出環境だが、企業を適時に支援するための予算が速やかに確定する必要がある」と強調した。 

  産業部のチョ・イクノ課長は「中小企業、スタートアップおよび消費財輸出拡大案(5月)、デジタル貿易革新案および輸出市場多角化戦略(6月)など関連対策を出す計画」と明らかにした。

https://japanese.joins.com/article/954/252954.html?servcode=300&sectcode=300

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国の工場稼動率、金融危機水準に急落…為替相場まで「非常事態」

韓国経済、韓国の工場稼動率、金融危機水準に急落…為替相場まで「非常事態」

記事要約:最近、韓国メディアが出す経済記事を読んでいると、韓国経済危機が取って沸いたような取り上げ方をしている。しかも、文在寅大統領が韓国経済危機を呼び込んだ書き方さえ散見される。ところが、韓国経済危機というのは実は全て連動している。

文在寅大統領が無能だから経済危機になったわけではなく、管理人は文在寅大統領が就任する前から、2020年に韓国経済破綻を予測していた。それを意味する理由は簡単だ。やっていることが同じ歯車を回す焼き畑商法だからだ。すなわち政府支援を背景にダンピングしまくりで低価格、大量生産でシェアを奪って稼ぐしか能がないからである。

だから、同じことを中国にされると途端に苦しくなる。それが今の韓国経済危機の現状であり、半導体特需に隠れていた真の危機の原因となっている。つまり、韓国経済危機は別に文在寅大統領のせいではなく、いずれこうなることを予測出来る範囲で起こったに過ぎない。

だから、非常事態がどうとかいうまえに、自国の経済の歪みを正さない限りは10年ごとに経済危機を体験することになると。すなわち、政府支援による財閥優遇。労働貴族の跳梁跋扈することの2つが最悪なのだ。しかも、この2つを取り除くなんて出来るはずもないので,死んでいくだけという。財閥は海外に工場造って韓国から脱出できるので道連れになる心配もないと。

それが怖くてエクソダスコリアが加速しているが、それも結局は優秀な人材を海外へと送るだけなので、韓国には何も残らないという。だから、最後は烏合の衆による破滅のシナリオが待っている。

管理人は韓国経済を予測するのは得意だが、それよりも、韓国経済の構造上、輸出依存にあることで、ここからは中国、米国、EUなどといった国の景気、さらに原油価格高騰といったなどにも左右されやすい。そして、これらの国の情勢を正しく読み取れる人間などいないてことだ。世界中がトランプ大統領に振り回されているのを見ればわかるとおりだ。そこにさらに北朝鮮まで追加されて、最後は日本から見放されて韓国メディアは泣きモードに入っている。

ただ、こうした外部的な要因などを除いても韓国経済は危機に陥ってたのはいうまでもない。後は2020年に通貨スワップ協定でも使用するか、IMF行きとなれば管理人の予測は的中するというわけだ。今のところ、50%ぐらいで2020年破綻を予想している。しかも、外れたところでいずれは破綻する未来は変えられない。そんな韓国経済を看取るのがこのサイトの目的でもある。では、記事を見ていこう。韓国の工場稼働率についてだ。

> 1-3月期の製造業稼動率が71.9%を記録した。金融危機直後の2009年1-3月期から10年来の最低水準だ。景気状況を示す同行指数と先行指数は過去最長となる10カ月連続の下落となった。3月は生産・消費・投資が増加したが反動効果にともなう「瞬間的な増加」という分析が出ている。 

設備投資が-10.9%減だからな。それは工場稼働率も落ちるだろうに。さらに景気状況を示す指数も下落していると。

> 統計庁は同行指数循環変動値が6カ月連続で下落したのを景気が下降局面に進入する根拠のひとつとみてその後に景気転換点(頂点~底点)を設定してきた。これに伴い専門家の意見を取りまとめる作業を進めている。統計庁は景気が2017年4-6月期にピークとなり下降局面に転換したことを上半期中に正式発表すると予想される。 

ええ、今更ですか?設備投資が6ヶ月間、連続で下落しているというデータで、もう、景気が下降局面に侵入していたのは明らか。問題はこの下降局面の底がまったく見えないてことだ。改善の兆しが見られない=さらに落ちていくということになる。景気刺激策で数値は少し回復しても、それで民間消費・民間投資が増えなければ意味がない。そもそも、無能な文在寅政権で刺激策はただのばらまきでしかない。

そもそも、文在寅大統領が就任した2017年はいわばボーナスステージだった。上にも書いてあるが、2017年の4月~6月がピークなら、そのまま落ちていくのに1年はかかっただろう。これだけのボーナスタイムがあっても、最低賃金10000ウォンを目指し、最低賃金の大幅引き揚げ、働く時間の52時間制限などと、経営者をまったく考えない無能極まりない経済対策が全てぶち壊した。2017年の3.1%成長がピークだったわけだ。2018年は2.5%。2019年は明らかに2%以下だろう。

しかし、これは肝に銘じておく必要がある。政権が無能だと国が傾くのが恐ろしく速いてことだ。ええ?民主党政権で日本人は味わったて?大丈夫。あれより、無能な政府があと3年も続くのだ。管理人は国の崩壊という希有な出来事をリアルタイムに見物しながら、看取るだけである。ベネズエラは遠いからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、韓国の工場稼動率、金融危機水準に急落…為替相場まで「非常事態」

1-3月期の製造業稼動率が71.9%を記録した。金融危機直後の2009年1-3月期から10年来の最低水準だ。景気状況を示す同行指数と先行指数は過去最長となる10カ月連続の下落となった。3月は生産・消費・投資が増加したが反動効果にともなう「瞬間的な増加」という分析が出ている。 

◇生産・投資沈滞いつまで 

統計庁が先月30日に発表した「3月の産業活動動向」を見ると、3月の生産・消費・投資は前月比でいずれも増加した。全産業生産と小売り販売はそれぞれ1.1%と3.3%増え、2月に10.2%急減した設備投資も10.0%の増加に転じた。統計庁のキム・ボギョン産業動向課長は「2月の指標があまりにも良くなかったのにともなう反動効果。2月の減少幅を回復するほど増加したものではない」と評価した。 

四半期別に見ると生産と投資とも沈滞は歴然としている。1-3月期の全産業生産は前四半期より0.8%減少し金融危機当時の2008年10-12月期の5.3%減以降で最も大きく減った。設備投資は5.4%減少した。昨年4-6月期から続いてきた不振が今年まで続いたのだ。小売り販売だけは単独で1.3%増加した。 

製造業平均稼動率は71.9%で前四半期に比べ1.9%低下した。2009年1-3月期の66.5%以降で最も低い。製造業出荷は前四半期より2.0%減り2009年1-3月期の3.8%以降で最も大きく減少し、半導体出荷も同じ期間に5.3%減り2008年10-12月期の28.4%減以降で最も大きく減少した。 

一般的に稼動率は生産量が増えれば上がる。だが工場機械や設備など生産能力が縮小されれば生産が増えなかったり小幅に減っても稼動率が改善することがある。最近の構造調整で生産能力が減ったのに稼動率が急落したのはそれだけ生産が振るわないという意味だ。 

現在の景気状況を示す指標である同行指数循環変動値は前月より0.1ポイント下落し12カ月連続で下落した。景気を予測する指標である先行指数循環変動値も0.1ポイント落ちて10カ月連続の下落となった。2つの指標が10カ月連続でともに下落したのは関連統計が作成された1970年1月以降で初めてだ。 

統計庁は同行指数循環変動値が6カ月連続で下落したのを景気が下降局面に進入する根拠のひとつとみてその後に景気転換点(頂点~底点)を設定してきた。これに伴い専門家の意見を取りまとめる作業を進めている。統計庁は景気が2017年4-6月期にピークとなり下降局面に転換したことを上半期中に正式発表すると予想される。 

◇拡大する不安にウォン急落 

景気低迷に対外環境に対する不安まで拡大し為替相場はウォン安が進んでいる。この日のソウル外国為替市場でドル相場は9.70ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1168.20ウォンで取り引きを終えた。2017年1月20日の1169.20ウォンを記録してから2年3カ月来のウォン安水準となった。 

先月中旬まで1130~1140ウォン台で推移していた為替相場は25日に韓国銀行が韓国の1-3月期国内総生産(GDP)が前四半期比0.3%減少したと発表すると9.60ウォンのウォン安となり1160ウォン水準を突破した。その後も落ち着いた為替相場は30日に中国製造業指標鈍化の影響でさらに下落した。この日発表された中国の4月製造業購入担当者景気指数(PMI)が50.2で市場予想の50.9を下回ると人民元が弱まりウォン相場も一緒に下がった。対円相場も前日より11.18ウォンのウォン安の100円=1048.94ウォンで取引された。 

https://japanese.joins.com/article/942/252942.html?servcode=300

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry