日別アーカイブ: 2019年5月9日

韓国経済、【世界災凶】昨年会社の利益半減したのに…現代自動車労組「純益の30%分配せよ」

韓国経済、【世界災凶】昨年会社の利益半減したのに…現代自動車労組「純益の30%分配せよ」

記事要約:やはり、世界災凶と恐れられる現代自動車の労組はひと味もふた味も違う。現代自動車は昨年、利益は半減したわけだが、その純利益の30%分配しろと述べている。ただの労働者が会社の利益の30%を要求する。株主ですらない。でも、どうせ株もよこせと要求するのか。

やはり、ルノーサムスンの労組なんて四天王でいえば最弱で新参者。絶対王者の現代自動車労組にまだまだ勝てない。災凶であることは伊達ではない。

> 労組は会社の当期純利益の30%を成果給として支給せよという無茶な要求も出した。現代自動車の昨年の当期純利益は前年同期比63.8%急減の1兆6450億ウォンにとどまった。このうち4935億ウォンを組合員1人当たり約1000万ウォンずつ分配せよということだ。基本給引き上げにともなう実質的な賃金上昇分年間400万ウォンと合わせれば1人当たり年間1400万ウォンを超える賃金をさらに求める主張だ。 

すごいね。年間1人で1400万ウォンを超える賃金をさらに求めるそうだ。でも、これだけではない。なんと定年退職する年齢も延長しろと。つまり、もっと寄生させろ高齢になっても雇い続けろ。うん。さすが世界災凶だ。

> 現代自動車労組は満60歳である定年を国民年金受領直前年度まで延長してほしいという要求もした。こうした内容が貫徹されれば出生年により定年が満61~64歳に伸びる。出生年により国民年金の老齢年金支給時期がそれぞれ異なるのに伴ったものだ。 

こんな屑どもをさらに数年雇えとか。酷いとかのレベルではないな。しかも、64歳まで、毎年、給料をずっと上げていくんだろう。一体,この労働貴族の年収はいくらになるか想像できんな。しかも、世襲制らしいしな。もう、一度,現代自動車に入れば家族もその後も全て安泰だ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【世界災凶】昨年会社の利益半減したのに…現代自動車労組「純益の30%分配せよ」

現代自動車労働組合が基本給7%の引き上げなどを含めた今年の賃金・団体協約要求案を出した。当期純利益の30%を成果給として支給し定年を延長してほしいという要求も含んだ。業界では昨年会社の利益が半減したのに現代自動車労組が無理な主張を繰り返しているという指摘が出ている。 

現代自動車労組は8日に臨時代議員大会を開きこうした内容の賃金団体交渉要求案を確定した。同社労組は上級団体である全国金属労働組合の共通要求案である基本給12万3526ウォン(格差解消特別要求含む)の引き上げを主張した。号俸昇級分約2万8000ウォンを含めば15万1526ウォンだ。既存基本給からの引き上げ率は6.8%だ。 

労組は会社の当期純利益の30%を成果給として支給せよという無茶な要求も出した。現代自動車の昨年の当期純利益は前年同期比63.8%急減の1兆6450億ウォンにとどまった。このうち4935億ウォンを組合員1人当たり約1000万ウォンずつ分配せよということだ。基本給引き上げにともなう実質的な賃金上昇分年間400万ウォンと合わせれば1人当たり年間1400万ウォンを超える賃金をさらに求める主張だ。 

現代自動車労組は満60歳である定年を国民年金受領直前年度まで延長してほしいという要求もした。こうした内容が貫徹されれば出生年により定年が満61~64歳に伸びる。出生年により国民年金の老齢年金支給時期がそれぞれ異なるのに伴ったものだ。 

労組は賃金団体交渉要求の中に賞与金を通常賃金に含めてほしいという案件も上げた。定年退職者代替人材を正規職で補充してほしいという要求も含んだ。 


https://japanese.joins.com/article/170/253170.html?servcode=300

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、アジア通貨が下落 対中関税懸念、韓国ウォンやインドネシア

韓国経済、アジア通貨が下落 対中関税懸念、韓国ウォンやインドネシア

記事要約:一応,時間外で1184ウォンまで下がって,今は1182ウォンあたりでもみ合っているのだが、どうやら、今回の対中関税の懸念でアジア通貨が下落しているようだ。その代表に韓国ウォンやインドネシアルピアがあげられている。

> アジア通貨が下落している。9日の外国為替市場で、韓国ウォンは対ドルで約2年3カ月ぶり、インドネシアルピアは4カ月ぶりの安値水準をそれぞれ付けた。市場は米国による対中関税引き上げへの警戒感を強めている。特に中国への経済依存度が高い国の通貨が売られている。

日経新聞を購入してまで続きを読みたくなるような記事ではないが、とにかく韓国ウォンが-10ウォンほど下がったことは伝えたとおり。特に中国への経済ゾンドが高いてことも説明している。韓国は中国依存が26%と最も高い。

韓国のTHAAD配備であれだけ冷遇されても、未だにこれだけ依存しているという。つまり、このまま米中貿易戦争の再開で中国経済がさらに悪化すれば、その前に韓国経済が死ぬ。中国が致命傷となれば、韓国経済は崩壊する。そういう懸念が現実化してきているのが、今日のKOSPIの動きだ。まさか一気に2100近くまで下がるとはな。2170ぐらいあった気がするのにな。

そして、明日からは鎌倉幕府にウォンが到達するかをウォッチ出来る楽しみが増えたという。1182ウォンだから、残り3ウォンだ。明日、開幕で1185ウォンを付けても不思議ではない。

実際、韓国の為替レートは1年前と比べて100ウォンほど下がっている。全て中国のせいにできないこともないが、それだけではないだろう。国が経済危機でサムスン電子の折りたたみ式スマホも発売延期、良いニュースがない。投資家が見限っているのも当然といえよう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、アジア通貨が下落 対中関税懸念、韓国ウォンやインドネシア

アジア通貨が下落している。9日の外国為替市場で、韓国ウォンは対ドルで約2年3カ月ぶり、インドネシアルピアは4カ月ぶりの安値水準をそれぞれ付けた。市場は米国による対中関税引き上げへの警戒感を強めている。特に中国への経済依存度が高い国の通貨が売られている。

ウォンは9日、対ドルで一時1ドル=1183ウォンと、2017年1月末以来の安値水準まで下落した。韓国の輸出の中国依存度は高い。4月下旬に出た貿易…

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44551440Z00C19A5MM8000/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、5月9日の韓国市場は大荒れ 1179ウォン(+10.21)、KOSPIは2111(-56.39)で終了!

韓国経済、5月9日の韓国市場は大荒れ 1179ウォン(+10.21)、KOSPIは2111(-56.39)で終了!

記事要約:管理人はこれは1180行くかなと思ったのだが、残念ながら市場が開いているうちは1179ウォンで終わったようだ。その後、時間外で1180突破したという報告もあるが、それは時間外なのでまた別の話となる。まずはウォンを見ていこう。

10ウォンほど1日で下がるなんて久しぶりだが、中々,楽しめたんじゃないだろうか。開幕からwonの投げ売りラッシュ。まさにラッシュ状態だった。しかも、ほとんどガードできずに下げていく一方的な展開。まるでノーガード戦法。しかし、実弾を撃ってもこの程度なんだと思う。今頃、年金砲のドルがかなり溶けたんじゃないだろうか。

韓国経済は絶不調なのに、そこに原油価格の高騰、米中貿易戦争の再開で外部的にも危篤状態である。だから、投資家が韓国からキャピタルフライトに入った怖れもある。そう考える根拠は今回のKOSPIの下げだ。

このチャートを見ていてだきたい。実際,won以上に酷い。2159で始まったKOSPIだが、まるっきり良いところもなしに下がって行った。しかも、2112ともうすぐ2100割れも見えてきている。1日で50ぐらい下がったのだ。つまり、-2.6%である。日経平均も下がったなんとか1%以下。上海総合指数も1.5%下げ。どうしてKOSPIだけがここまで売られているのか。

それは米中貿易戦争の再開は韓国にとって1番美味しくないからと投資家が見ているためである。実際,中国依存の韓国では中国経済が悪化すれば厳しい。米国は関税で税収増えるが,韓国は何もない。ただ、輸出が減るだけという。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、現代・起亜自動車、中国で4月の販売台数30%減

韓国経済、現代・起亜自動車、中国で4月の販売台数30%減

記事要約:先日、現代・起亜自動車のSUVが好調だという記事を紹介したときに米中の主戦力市場の販売について何も書いてなく、一体どこで売れているのかが疑問だと述べた記憶がある。しかし、やはり、中国では4月の販売台数は30%減少しているようだ。本当、SUVはどこで売っていているんだろうな。ただの粉飾ではないだろうな。

> 現代自の合弁会社である北京現代汽車の4月の販売台数は前年同月比34%減の4万6000台だった。また、起亜自の合弁会社、東風悦達起亜も19%減の2万4000台だった。

これはそろそろ中国撤退も見えてきたんじゃないか。もう、中国に技術は吸われた感じだよな。34%と19%減というのは酷い状況だろうに。

> 業績不振は中国の自動車市場全体で昨年の販売台数が前年比6%減少したのに続き、今年1-3月期も前年同期比で10.5%減少するなど、市場規模が縮小していることによるものだ。

そうなのか。市場規模が縮小していることによるものと。でも、関連記事にはこんな見出しがある。

中国市場で好調のトヨタ、売上高・販売台数が過去最高に

しかも、5月9日だ。この記事も5月9日だ。同じ朝鮮日報で同じ日に掲載されている記事なのだが、どうして市場規模は縮小しているのにトヨタは売上高・販売台数は過去最高なのだ?つまり、市場ではなく現代・起亜自動車がまったく売れてないのだろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、現代・起亜自動車、中国で4月の販売台数30%減

韓国自動車業界によると、現代・起亜自動車の中国での販売台数が前年同期比で30%減少したことが分かった。

 現代自の合弁会社である北京現代汽車の4月の販売台数は前年同月比34%減の4万6000台だった。また、起亜自の合弁会社、東風悦達起亜も19%減の2万4000台だった。

 業績不振は中国の自動車市場全体で昨年の販売台数が前年比6%減少したのに続き、今年1-3月期も前年同期比で10.5%減少するなど、市場規模が縮小していることによるものだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/09/2019050980005.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、5月9日のウォン市場、開幕は1173ウォンから1175ウォンと最安値更新!

韓国経済、5月9日のウォン市場、開幕は1173ウォンから1175ウォンと最安値更新!

記事要約:米中貿易戦争で最も被害を受ける国はどこなのか。それは当事者の米国でもなければ、中国でもない。実は米中との貿易で1番影響を受けるのはこの韓国である。だから、米中貿易戦争となれば韓国ウォンは投げ売りされる。

昨日はなんとか1170ウォンを死守で韓銀大勝利だったのに、1日経過したら、もう1175ウォン突破しているという。しかも、まだ午前が終わったばかり。終値でどこまで下がってしまうのか。KOPSIは2165からどんどん下がって行き、2142と下落中。このままだと2100割れも見えてきた。

日経平均株価も-268円ほど下がっている。ダウはそこまでさがってないのに、日経平均はより大きく影響を受けている。上海総合指数も下がっている。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【世界は面白い】米関税上げなら「必要な反撃措置」 中国も米国製品600億ドル分の追加関税を引き上げる方針

韓国経済、【世界は面白い】米関税上げなら「必要な反撃措置」 中国も米国製品600億ドル分の追加関税を引き上げる方針

記事要約:何だろうな。日本は令和という新しい時代を迎えてGWも終わったわけだが、そして開ける直前に米国の関税が2000億ドル分引き上げ宣言だからな。しかも、第一報はTwitterだ。テレビや新聞、ましては米政府の発表ですらない。

これがどれだけ凄いことかわかるだろうか。日本なら140文字だったか。その140文字で世界を揺るがしたわけだ。しかも、トランプ大統領や一部の米中交渉していた関係者以外は寝耳に水という。管理人もこれだけ長く交渉しているのだから、妥協点でも見いだせたかと思っていたが,まさかの展開である。おかげで令和になっても世界は面白いと感じた。

さて、中国が米国の関税引き上げに反撃措置を取らざる得ないそうだ。その額は600億ドル。少ない。もう、弾がないものな。最初から言われていたが,中国が米国に勝てるわけないもんな。つまり、iPhoneはますます高くなるてことだろう。しかも、トランプ大統領には脅しなんてきかない。

> 米国が中国製品2千億ドル(約22兆円)分への追加関税を現在の10%から25%に上げた場合、中国も米国製品600億ドル分の追加関税を引き上げる方針とみられる。

普通に考えても600億ドルでは2000億ドルに遙かに届かない。追加の関税で税収を得ても相殺できないわけで、中国が次ぎにどんな手を打つかは楽しみだな。もっとも、手なんてあるのか。メンツにこだわって死ぬのか。管理人は知的財産の侵害はするなと思うので中国側には付かないが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【世界は面白い】米関税上げなら「必要な反撃措置」 中国も米国製品600億ドル分の追加関税を引き上げる方針

【北京=原田逸策】中国商務省は8日夜に「貿易摩擦がエスカレートするのは両国と世界の人々の利益にならないが、もし米国が追加関税の措置を取るならば、中国は必要な反撃措置を取らざるを得ない」との声明を発表した。 

米国が中国製品2千億ドル(約22兆円)分への追加関税を現在の10%から25%に上げた場合、中国も米国製品600億ドル分の追加関税を引き上げる方針とみられる。 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44551440Z00C19A5MM8000/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国小商工人10人中8人「今年の営業利益は悪化」

韓国経済、韓国小商工人10人中8人「今年の営業利益は悪化」

記事要約:韓国の小商工人8割が今年の営業利益は悪化したという結果が出てきた。しかも、今年の体感経営収支は非常に悪化が48.2%とほとんど半数に近い割合である。だいたい今年と言っても、まだ半年以上あるというのに韓国経済の落ち込み度は中々半端ない。

大方、予想通りであっても、やはり、それが現実となり、数値として酷さが現れているわけだ。だが、ここでは終わりではない。何度も述べているが韓国の景気は底を打ったような見方はできない。つまり、底なし沼にダイブして落下中なのだ。地上に生還できるようなロープもない。

では、体感経営収支が悪化した原因とは何か。これも予想通りだろう。景気が悪くなれば消費者は財布の紐を締める。すると、商品が売れなくなるので経営悪化という悪循環である。

> 「今年の体感経営収支」は小商工人の48.2%が「非常に悪化」、31.8%が「多少悪化」と答えた。売上額が減少したという会社も77.4%に達した。経営収支が悪化した原因で「消費心理の萎縮による販売不振(83.5%)」を主に挙げた。 

今までは半導体特需に支えられて、韓国経済の実態はあまり数値としては見えてこなかった。しかし、管理人はそんなのはただの幻で、斜陽に向かっていると述べてきた。自動車や鉄鋼など、韓国の主力産業も壊滅、半導体という稼ぎがなくなれば、韓国経済を支える支柱は消え失せてしまい、さらに文在寅大統領の最低賃金引き上げ、働き方改革など、ムンジェノミクスと呼ばれる経済対策が猛威を振るい、国内経済はズタズタに切り裂かれた。そして、増え続ける家計債務は1518兆ウォンだったか。そろそろ爆弾の爆発も見えてきた。

でも、管理人でもまさかのマイナス成長までは予測してなかったので、文在寅大統領の経済対策は管理人の予想を遙かに超えて駄目だったことになる。無能ではなく、超無能だったわけだ。では、最後に今後の見通しだ。

> 今後の見通しも非常に暗かった。「第2四半期以降経営展望」で「非常に悪化(19.8%)」と「多少悪化(39.8%)」を選んだところが多かった。「ここ1年間休業、または廃業を考えた」と答えた会社も3社の中で1社(33.6%)だった。小商工人の中で40.4%は一日平均11時間以上営業しており、週6日の営業が47.6%、週7日の営業が30.8%だった。

何故か、韓国銀行は2019年後半持ち直すとか述べているが、商工人はそうは考えてないようだ。しかも、休業や廃業を考えた会社は3社に1社って酷いな。

ここにイラン産原油の禁輸による原油価格の高騰、米中貿易摩擦の復活など、外部的な要因が追加される。国内経済は死んで、海外での輸出不振や、世界的な景気の悪さといった韓国ではどうしようもないことが影響してくる。だが、トドメを刺すのは日本である。

今年はなんとか耐えてもらって,来年に韓国経済破綻していたければ結構だ。通貨スワップ協定の使用か、IMF行き辺りが経済破綻の条件になってくるが、少なくとも通貨スワップ協定の使用ぐらいまでは行って欲しいよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、韓国小商工人10人中8人「今年の営業利益は悪化」

小商工人の8割が昨年より今年の営業利益が悪くなったと答えた。中小企業中央会は6日、卸小売・飲食宿泊・個人サービス業など小商工人500人を対象にした「小商工人の経営実態および政策課題調査」の結果を発表した。 

  「今年の体感経営収支」は小商工人の48.2%が「非常に悪化」、31.8%が「多少悪化」と答えた。売上額が減少したという会社も77.4%に達した。経営収支が悪化した原因で「消費心理の萎縮による販売不振(83.5%)」を主に挙げた。 

  今後の見通しも非常に暗かった。「第2四半期以降経営展望」で「非常に悪化(19.8%)」と「多少悪化(39.8%)」を選んだところが多かった。「ここ1年間休業、または廃業を考えた」と答えた会社も3社の中で1社(33.6%)だった。小商工人の中で40.4%は一日平均11時間以上営業しており、週6日の営業が47.6%、週7日の営業が30.8%だった。

https://japanese.joins.com/article/070/253070.html?servcode=300&sectcode=300

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry