韓国経済、【不公正貿易報告書】韓国に造船補助金撤廃要求 貿易報告書、WTO改革も

韓国経済、【不公正貿易報告書】韓国に造船補助金撤廃要求 貿易報告書、WTO改革も

記事要約:読者様からのコメントで教えてもらったのだが,経済産業省が韓国に造船補助金撤廃要求をした。韓国はダンピング受注でシェア1位でホルホルしているわけだが、実際、それができるのは韓国政府が造船補助金を出しているからである。普通の企業なら赤字受注で倒産しないはずもないからな。

> 経済産業省は26日、2019年版不公正貿易報告書を発表し、韓国の自国造船業に対する補助金が市場の公平性をゆがめていると指摘した。優先的な取り組みとして、韓国に補助金の撤廃を要求するほか、世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きの改革を訴える。韓国による日本産水産物の輸入禁止措置をWTOが容認した判断への不満が背景にある。 

当然だ。ストーカーのような行為してWTO委員を付きまとって無理に容認させたことを自ら,暴露していたからな。WTO改革は管理人はあまりどうでも良いし、別に韓国に日本産水産物輸入などしてもらう必要さえない。日本政府がこだわる理由はよくわからない。しかし、この報告書は凄い。

> 報告書は問題がある措置として19カ国・地域の150件を列挙した。うち今回新たに取り上げたのは、韓国と中国の造船業への補助金や、欧州連合(EU)の鉄鋼製品に対する緊急輸入制限(セーフガード)など10カ国・地域の13件。

問題あることを150件列挙したと。かなり分厚い報告書のようだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【不公正貿易報告書】韓国に造船補助金撤廃要求 貿易報告書、WTO改革も

経済産業省は26日、2019年版不公正貿易報告書を発表し、韓国の自国造船業に対する補助金が市場の公平性をゆがめていると指摘した。優先的な取り組みとして、韓国に補助金の撤廃を要求するほか、世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きの改革を訴える。韓国による日本産水産物の輸入禁止措置をWTOが容認した判断への不満が背景にある。 

 報告書は問題がある措置として19カ国・地域の150件を列挙した。うち今回新たに取り上げたのは、韓国と中国の造船業への補助金や、欧州連合(EU)の鉄鋼製品に対する緊急輸入制限(セーフガード)など10カ国・地域の13件。 

 経産省は補助金などの措置が市場や競争をゆがめる恐れを指摘したほか、米中貿易摩擦などに代表される貿易制限的な政策や対抗措置の応酬に懸念を表明。国際的なルールに沿って判断する必要性を強調した。 

https://www.sankei.com/economy/news/190626/ecn1906260016-n1.html

合わせて読みたい記事

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
オバマ

韓国のゾンビ造船会社への補助金漬けのダンピング輸出のせいで、日本の造船業は3年連続LNG船の受注ゼロとなっている。2015年の環境対策特需の後、急減した需要は造船全体の受注は持ち直した。しかし、得意のLNG船で、全く受注できない。LNG船は、まとめて発注されるし、同じとこに追加発注されるので、取っ掛かりがないと先が不安ですね。
ダンピング受注過多とストで、納期に間に合わず韓国造船業が壊滅すると、面白いですが…
因みに、韓国造船業を支えた、海運と鉄鋼ですが、韓進海運の破綻に続き、環境問題の(多分?)濡れ衣で鉄鋼の高炉を10日間止めるそうです。高炉は止めると冷えて固まり、使えなくなり、復旧に3ヶ月掛かるそうです。
元々は文大統領の後援者だったポスコ組合(民主労総)も反対してましたが、委員長逮捕で文政権と全面戦争だそうですから、高炉止めて、ストやれば良いかも!
頑張れ!日の丸造船業!

七氏ですよ

どの国がどの様に動くか読めない議題ですね。
韓国は明らかに針の蓆の上ですが、
中国は造船業への補助金の指摘は有りますが、アメリカとの貿易戦争のブレーキにもなるかも知れない。
EU諸国は、やはり指摘事項は有るものの、中国やロシア等のルール無視の集団を野放しにはしたくないでしょう。
アメリカも露骨なルール違反を擁護するわけには行かない物の、自縄自縛にならない様に抜け道は作りたいでしょう。
各国の協力関係がどうなるか見物です。