韓国経済、サムスン電子、今年の営業利益「半減」か

韓国経済、サムスン電子、今年の営業利益「半減」か

記事要約:サムスン電子の今年の営業利益が前年より酷いのは容易に想像できるが、確か7割が半導体の利益だったので、その半導体の需要や価格が下落しているなら、営業利益「半減」もそこまで予想外ではない。元々,半導体特需で稼いでいたのはだれの目でも明らかだった。

> サムスン電子の業績を支える半導体とスマートフォン事業の競争力が揺らいでいる。米中貿易紛争の余波などによりスマートフォンとメモリー半導体の需要が減り、今年のサムスン電子の営業利益は昨年の58兆8900億ウォンの半分にも満たないとの見通しが出ている。半導体不況は来年まで長期化する可能性まで提起されている。 

58兆8900億ウォンの半分なので29兆4450億ウォン以下ということになる。日本円だとだいたい3兆円ぐらいか。これでも十分な利益であるが、大規模な投資をするのは難しくなってきているんじゃないか。でも、半導体製造は、毎年、大規模な投資が必要だったはず。それを止めれば,他社にすぐに追いつかれてしまう。

しかも、半導体不況は来年まで長期化する可能性があると。でも、それだと中国が独自に半導体を造る工場は稼働しているだろう。しかも、米中貿易戦争でiPhoneの売り上げも変則的だ。だいたい、サムスンはAmazonに半導体でリコールされる可能性だってあるじゃないか。

> サムスン電子高位関係者は16日、「4-6月期に入り半導体事業をめぐる外部環境が急速に悪化している。会社内部でもメモリー半導体の業況が年末まで回復しないだろうとの意見が多数」と話した。彼は「今年と来年の半導体事業戦略をすべて組み直している」と付け加えた。サムスンはこうした内部見通しを来月の4-6月期業績発表会の際に株主と投資家に説明する計画だという。サムスン電子は4月末の1-3月期業績発表会当時だけでも「4-6月期には需要の段階的な回復傾向を期待する」(メモリー事業部チョン・セウォン副社長)としていた。 

今のサムスン電子は半導体外で稼げるものがない。スマホ事業は折りたたみ式スマホが転けた以上、厳しいだろう。半導体市場が思ったより、回復しないてことらしいが、そもそも、特需が普通に戻ればまた回復なんてないだろう。そのまま下落していくのが自然の流れだ。

> サムスンの戦略製品である「ギャラクシーS10」シリーズも前作に比べ善戦したが当初期待した販売台数には満たなかったという。「世界トップ技術」のリーダーシップを見せるために発表したサムスン電子の折りたたみ式スマホ「ギャラクシー・フォールド」は品質問題が起きた。 

販売台数には満たなかった。まったくきかないからほとんど売れてないてことだろう。20万のガラクタが世界のトップ技術とか面白いよな。ベーターテスト以下の製品を出しておいてよくいえたものだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、サムスン電子、今年の営業利益「半減」か

サムスン電子の業績を支える半導体とスマートフォン事業の競争力が揺らいでいる。米中貿易紛争の余波などによりスマートフォンとメモリー半導体の需要が減り、今年のサムスン電子の営業利益は昨年の58兆8900億ウォンの半分にも満たないとの見通しが出ている。半導体不況は来年まで長期化する可能性まで提起されている。 

  サムスン電子高位関係者は16日、「4-6月期に入り半導体事業をめぐる外部環境が急速に悪化している。会社内部でもメモリー半導体の業況が年末まで回復しないだろうとの意見が多数」と話した。彼は「今年と来年の半導体事業戦略をすべて組み直している」と付け加えた。サムスンはこうした内部見通しを来月の4-6月期業績発表会の際に株主と投資家に説明する計画だという。サムスン電子は4月末の1-3月期業績発表会当時だけでも「4-6月期には需要の段階的な回復傾向を期待する」(メモリー事業部チョン・セウォン副社長)としていた。 

  市場でも楽観論は見つけるのが難しい。グローバル市場調査会社のDRAMエクスチェンジは7日、当初前四半期比10%と予想した7-9月期のDRAM平均販売価格(ASP)下落幅を10~15%に修正した。10-12月期もこれまでの下落幅予想値の2~5%より大きい10%の下落を予想する。PC業界を中心に取引されるDRAM固定価格(DDR4・8Gb基準)は5カ月連続で大幅に下がり最近は4ドルを割り込んだ。 

  半導体業界は今後景気見通しが不透明になれば昨年の半導体スーパー好況を牽引したサーバー顧客も今年計画した投資を先送りする可能性があるとみている。米中貿易紛争の余波により中国でアップルのiPhone販売が減る点も負担だ。 

  ファーウェイ問題で利益が予想されたスマートフォン事業も期待ほどの成果を出せないという観測が提起されている。スマートフォン市場全体で成長が鈍化している中でトップ企業間の価格競争が激しくなり収益性が急落するとみられる。 

  サムスンの戦略製品である「ギャラクシーS10」シリーズも前作に比べ善戦したが当初期待した販売台数には満たなかったという。「世界トップ技術」のリーダーシップを見せるために発表したサムスン電子の折りたたみ式スマホ「ギャラクシー・フォールド」は品質問題が起きた。 

  サムスン電子の高東真(コ・ドンジン)IM(IT・モバイル)部門長(社長)が先月31日に「発売日程を数週間以内に正式発表する予定」としたが正確な日程はまだ出せずにいる。

https://japanese.joins.com/article/500/254500.html?servcode=300&sectcode=320

合わせて読みたい記事

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
国際政治学

日本はこの好機に全力でサムスンを叩き潰さないとなりません。
そもそも平成デフレは、最初の10年こそバブルの後遺症でしたが、2000年以降は自失。日韓パートナーシップ宣言を受け、韓国へメモリ、液晶、アッセンブリの水平分散を目指し、技術、設備を供与してwin-winの幻想を追ってしまったのです。当時折悪く折畳み携帯が爆発的ヒットをしていた日本は、スマホ開発に乗り遅れてジリ貧になりました。スマホで利用するメモリ、半導体が韓国に爆益を生み出し、スマホ本体事業に再投資できる好循環を許したのです。当時のキーワードは①金大中、②パートナーシップ、③折畳み、④アジア金融危機でした。
あれから20年、時計の針は大逆転します。①文在寅、②日韓断交、③折畳み液晶、④ヲン安危機と再び同じキーワードが生じました。
日本は左派政権で断交し、折畳みを叩き、swapを締結せず、かつての地位を取り戻して欲しいのです。

オバマ

半減でも善戦!華為はずしに、どう対応するかで、大きく結果が変わるでしょう。
副社長3人逮捕で、副会長も再び逮捕を目論んでいる文政権下で、よくやっている。

退職者

サムスンはファーウェイに部品を売り続けるのでしょうか お馬鹿文政権はこの重要な問題を
企業に丸投げ企業が決めろと・・・ 情けないより まるで敵前逃亡 本当にお馬鹿文政権何
も決められない屑政権 これから韓国に対する米の圧力がドンドン増してくるでしょうね
面白くなってきた 今日は6月18日 徴用工問題 韓国側が第三者委員を決める期限なんです
けど また無視ですね G20でお馬鹿文さんをいたぶってやりましょう^¥^