韓国経済、【セルフ経済制裁】「ボイコットジャパン」直撃弾…7-9月期も笑えない韓国航空業界

韓国経済、【セルフ経済制裁】「ボイコットジャパン」直撃弾…7-9月期も笑えない韓国航空業界

記事要約:KOSPIは2100回復と一見、順調に見える韓国市場だが、景気が悪いのはずっと見てきたとおりだ。さらに、韓国人による日本製品の不買運動、日本旅行の自粛などといったセルフ経済制裁は続いてるようで、韓国の航空業界はもう死にかけている。ここにウォン安、無人ドローンのサウジ原油施設攻撃などで原油高といった事情も重なるので最悪である。

大韓航空、アシアナ航空といった韓国の二大航空会社、さらにLCCといった航空業界。どちらが先に倒れるか。管理人はまずは体力の無いLCC辺りから破綻していくと思うのだが、ボイコットジャパンが映し出す未来がもうすぐ見えるという。では、7月-9月期の韓国の航空業界はどうなっているのか。見ていこう。

> 韓国の秋夕(チュソク、中秋)連休が重なった今月11~15日の5日間、仁川(インチョン)国際空港を通じて日本に向かった旅客数は一日平均1万2140人にとどまった。昨年の秋夕と比較して39.1%の急減となった。

まだ多いな。たった4割減とか。中途半端だ。やるなら10割を目指すべきだ。未だに日本へ旅行する韓国人がいるとか。ちゃんとセルフ経済制裁を続けてくれないと困る。

>23日、業界によると、株式市場〔有価証券・コスダック(KOSDAQ)〕に上場された航空会社6社(大韓航空・アシアナ航空・チェジュ航空・ジンエアー・ティーウェイ航空・エアプサン)の7-9月期の営業利益は全社とも前年同期に比べて減少の見通しだ。大型航空会社(FSC)である大韓航空とアシアナ航空は7-9月期の営業利益が前年同期比20~30%減少すると業界では推算している。

あれだけ反日しておいて、日本に来たがる韓国人。全く理解できないが、営業利益が減少するのは想定内だ。問題はそれで破綻するかどうか。

> 日本路線の比重が高い格安航空会社(LCC)は生存を心配しなければならない境遇だ。エアプサンは7-9月期の営業利益が昨年同期比80%以上急減するだろうという見通しが出ている。

まず、破綻候補としてLCCのエアプサンか。80%以上の急減なら確実に年越すのは難しいだろうな。韓国政府が支援してゾンビ企業として延命するかもしれないが。それで、今、日本への旅行は片道1000円らしい。つまり、それだけ安くても日本に行かないてことだ。しかし、千円では採算、取れないだろうな。ウォン安、原油高もあるものな。

> LCC1位のチェジュ航空も、同期間営業利益が20%以上減るとみられている。昨年から航空機の導入と新規路線許可制限などの制裁を受けている大韓航空系LCCのジンエアーの営業利益の減少幅(10%)が最も小さいだろうという見通しだ。

LCC1位のチュジュ航空は20%以上の減少か。これでは死なないか。まずは、どこでも良いので1社でも破綻してくれたら、実に面白い内輪もめになりそうなのにな。

> 日本旅行不買運動が長期化しながら一部のLCCは非常経営に入った。イースター航空はタスクフォース(TF)チームを構成する一方、10-12月期から無給休職も施行する予定だ。

これは以前にも取り上げたが、そのままリストラだろう。客足が戻ることなんてあり得ないからな。さて、ここからが新たな展開だ。

>対ドルのウォン相場や原油価格など外部変数も悪化している。ウォン安が進めばドルで決済する航空燃料と飛行機のレンタルコストがかさみ航空会社の費用が増える。ウォン安になれば旅行費用の負担が重くなるため海外に出て行く需要も減少する。 サウジアラビア国営石油会社であるアラムコ製油施設の火災以降、国際原油価格も不安定な動きを見せている。

ウォン安、原油高と。さすがにサウジ原油施設攻撃は日本のせいにはできないだろうしな。ウォン安は必死に通貨防衛しているが、まだまだ先の展開は読めない。

> 新規LCCが就航を始めれば供給過剰がさらに激化するとの懸念も出ている。今年3月に航空運送事業免許を受けたフライ江原(カンウォン)やエアロケイ、エアプレミアなどは来年から日本やベトナムなどアジア路線を中心に運航を始める。

さらに新しいLCCが就航すると。いや、でも、いくつか潰れそうなので代わりになるんじゃ無いか。エアプサン辺りが本命のようだが、管理人は大韓航空やアシアナ航空あたりがどーんと破綻してくれたほうが、季節外れの打ち上げ花火としては面白いとおもう。そして、破綻した理由は何か?ときくと、「韓国人が乗らないから!」となれば、これでご飯3杯はいけるな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【セルフ経済制裁】「ボイコットジャパン」直撃弾…7-9月期も笑えない韓国航空業界

韓国の秋夕(チュソク、中秋)連休が重なった今月11~15日の5日間、仁川(インチョン)国際空港を通じて日本に向かった旅客数は一日平均1万2140人にとどまった。昨年の秋夕と比較して39.1%の急減となった。

今年4ー6月期に同伴赤字を記録した航空業界がシーズン中の7-9月期にも不振の沼から這い出ることができない格好だ。7月以降、国内に広がった日本旅行不買運動のためだ。

23日、業界によると、株式市場〔有価証券・コスダック(KOSDAQ)〕に上場された航空会社6社(大韓航空・アシアナ航空・チェジュ航空・ジンエアー・ティーウェイ航空・エアプサン)の7-9月期の営業利益は全社とも前年同期に比べて減少の見通しだ。

大型航空会社(FSC)である大韓航空とアシアナ航空は7-9月期の営業利益が前年同期比20~30%減少すると業界では推算している。

日本路線の比重が高い格安航空会社(LCC)は生存を心配しなければならない境遇だ。エアプサンは7-9月期の営業利益が昨年同期比80%以上急減するだろうという見通しが出ている。

LCC1位のチェジュ航空も、同期間営業利益が20%以上減るとみられている。昨年から航空機の導入と新規路線許可制限などの制裁を受けている大韓航空系LCCのジンエアーの営業利益の減少幅(10%)が最も小さいだろうという見通しだ。

航空業界では「手足が縛られたために売上・営業利益が横ばいのジンエアーが8社の国籍航空会社のうち、実績が一番まし」とし「政府が制裁したというよりも、かえってジンエアーを助けた格好になった」という笑い話まで出ている。

日本旅行不買運動が長期化しながら一部のLCCは非常経営に入った。イースター航空はタスクフォース(TF)チームを構成する一方、10-12月期から無給休職も施行する予定だ。

対ドルのウォン相場や原油価格など外部変数も悪化している。ウォン安が進めばドルで決済する航空燃料と飛行機のレンタルコストがかさみ航空会社の費用が増える。ウォン安になれば旅行費用の負担が重くなるため海外に出て行く需要も減少する。

サウジアラビア国営石油会社であるアラムコ製油施設の火災以降、国際原油価格も不安定な動きを見せている。

新規LCCが就航を始めれば供給過剰がさらに激化するとの懸念も出ている。今年3月に航空運送事業免許を受けたフライ江原(カンウォン)やエアロケイ、エアプレミアなどは来年から日本やベトナムなどアジア路線を中心に運航を始める。

https://japanese.joins.com/article/903/257903.html?servcode=300

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
オバマ

文一味が嫌う大韓航空(ジンエアーを含む)が、一番ましで、経営基盤の弱い非上場2社や日本依存が強いエアープサンが厳しい状況だそうです。財閥嫌いの文政権と言われていますが、実は好きなんじゃないかと(笑)
新規参入のフライ江原やエアロケイはヤバイんじゃないですか…平昌五輪で高速鉄道ができた江原道や既に高速鉄道がある清州、どれだけ中国人客を集められるかな?ところで新羅の古都慶州を訪ねた古都がありましたが、斑鳩・平泉と比べても見劣りしました…まして京都・奈良とは雲泥の差です。法隆寺のない斑鳩、中尊寺金色堂のない平泉、那智のない熊野古道、東照宮のない日光…慶州には華がないんですよ。文化を守っていないから!看板の仏像は捨てられたて泥で隠されていたものですから!

オバマ

仏国寺は李氏朝鮮4代世宗(大王)により破壊されましたが、本尊の廬舍那仏も阿弥陀三尊像も隠されていないようです。近隣で一緒に世界遺産になっている石窟庵と混同してました。すいません。
ただ、大切にされておられる感覚がなく、韓国仏教の凋落と仏作って魂入れず感が半端なかったですね!

ナナシ【メル】

まず料金は、元々最安値が3000円だったが今は1000円。
但し、空港使用料等を含めると1万円程度になるから、現状の韓国人では利用するのが難しくなってきてる。
そして航空機は大半がリースであるから使用しなくて経費が必要、また駐機料も必要になる。
飛ばせば燃料費・人件費が必要だが、乗客数次第だからね。

もう1つの問題が、貸金業の年利が変更された事。
60%台から20%台と6割強下がった為、貸し渋りが発生していて10人で1人しか借りれないようだ。
貸金業自体が外資が多い為、撤退準備が加速中。
韓国人が好きな借金自体も困難(年利300%以上のヤミ金が増殖中)になるから、余計に旅行が難しくなってる。

セルフ制裁が最大に効力を発揮する体制へ以降中って事、何を考えてるのか理解できない!!
まあ、相手が韓国人って事で納得するしかないんだが!!