韓国経済、【20万円のガラクタだから】何が問題だったのか、起爆剤と期待の折り畳みスマホ「Galaxy Fold」9月発売も購買意欲は低下

韓国経済、【20万円のガラクタだから】何が問題だったのか、起爆剤と期待の折り畳みスマホ「Galaxy Fold」9月発売も購買意欲は低下

記事要約:20万円のガラクタとして評価されたことで発売を延期したサムスン電子の折りたたみスマホ「ギャラクシーフォールド」が9月に発売するそうだ。しかし、ユーザーの購買意欲は低下しており、当初の目標である100万台はおろか、年内30万台ぐらい販売できれば良い方だとアナリストが述べている。

折りたたみスマホについては確かに面白そうなガジェットではあるのだが、パカパカしていると耐久性が気になってしまうよな。管理人はニンテンドーDSを数年使っていたら壊れた経験がある。つまり、やはり、パカパカして使用するような機器は耐久性がどうしても弱くなってしまうということだ。

だから、ギャラクシーフォールドがどこまで耐えられるかは楽しみにしているぞ。せめて1ヶ月は持ってくれよ。それで何が問題だったのかと書いてあるのだが、20万円のガラクタと広まった以上、もう無理だと思う。

そもそも20万出すなら、スマホとタブレットを購入した方がどう見ても便利だからな。タブレットの用に使えるとか、言われても消費者からすればスマホの役割はスマホでいいと。折りたたみスマホでしかできない何かを求めているのに、結局,何もないからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【20万円のガラクタだから】何が問題だったのか、起爆剤と期待の折り畳みスマホ「Galaxy Fold」9月発売も購買意欲は低下

● サムスンの何が問題だったのか、起爆剤と期待の「折り畳みスマホ」9月発売も購買意欲は低下 

韓国サムスン電子は先ごろ、折り畳み式スマートフォン「Galaxy Fold(ギャラクシーフォールド)」を9月から発売することを明らかにした。 

配布した試用モデルに不具合 

 同社が昨年11月に発表し、未来のスマートフォンと自賛していたモデルだ。当初は今年4月下旬に米国で発売する予定だった。だが、発売を前にジャーナリストらに配った試用モデルの一部で不具合が報告された。 

 米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、あるャーナリストはディスプレーを覆っている透明のフィルム状のものを剥がしてしまった。 

 新品の製品に貼られている保護フィルムと思って剥がしたが、これはディスプレーの強度を保つための重要な部品だった。 

 また、ヒンジ部分に関連する問題や画面のちらつきといった不具合も報告されたという。サムスンは声明で、これらの問題に対処し、ヒンジ部分などの強度を高めたと説明している。 

 Galaxy Foldは、広げるとタブレットのように大きな画面で操作でき、折り畳むと、手のひらや小さなポケットにすっぽり収まる。折り畳み時は、外側にあるもう1つのディスプレーが動作し、従来のスマートフォンのように利用できる。 

発売延期の代償は大きい 

 スマートフォンの販売は世界的に頭打ち状態。サムスンは市場回復の起爆剤になり得る新奇性のあるGalaxy Foldで、需要を喚起したい考えだ。だが、ロイター通信は発売の延期はサムスンにとって高くついたと指摘している。 

 ロイターによると、Galaxy Foldはスマートフォンの販売が鈍る夏の時期に売り上げを押し上げるための重要な製品だった。 

 サムスンは今年、Galaxy Foldを100万台製造するという計画を立てていた。 

 しかし、延期が発表されてから消費者の購買意欲は著しく低下した。「今となっては年内に30万台を販売できれば、いいところ」とアナリストは分析しているという。 

ファーウェイもつまずき 

 スマートフォンの世界販売で米アップルを抜いて2位に浮上した中国ファーウェイ(華為技術)も、今年2月に「Mate X」と呼ぶ折り畳み式スマートフォンを発表した。 

 だが、ファーウェイも当初予定の6月に発売できなかった。発売時期は9月にずれ込むとも言われているが、先ごろは11月以降になる可能性もあると報じられた。 

「折り畳みは市場回復の切り札にならない」 

 もっとも、折り畳み式は市場回復の切り札にはならないとみるアナリストもいる。これらの端末は最新技術を盛り込んでおり、一般的なスマートフォンよりも高額だ。 

 これまでに明らかになった情報では、Galaxy Foldは最も安いモデルでも1980ドル(約21万円)、Mate Xは2299ユーロ(約28万円)。 

 米調査会社ガートナーは、この形態の端末は価格が障壁になると指摘。その出荷台数は2023年時点でも3000万台止まりで、高価格帯スマートフォンのわずか5%にとどまるとみている。少なくとも5年間、折り畳み式はニッチ製品であり続けると予想している。 

https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20190901-00139832/

6
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
6 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
6 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
たろう

「起爆剤と期待…」管理人様の突っ込みかと思ったら、オリジナルタイトルだったのですね。
爆発の起爆剤として期待しています。

Strange stranger

ムーブメントとしても、爆発ネタとしても、二重の意味で「不発」ですな。

中韓メーカーの製品が信じられない日本人

個人的にサムソンとファーウェイだけは絶対にない。あえて何かと問題が多いと噂されるメーカーの製造品を、買おうとも思わない。使用者の感想を聞いてもそれほど魅力のある機種のようにもを感じない。良い商品ならば多少値段が高くても購入してるだろうが、高かろう悪かろうの製品を買う馬鹿はいない。トラブル時のアフターケアも感心しなかったと言う話を聞いたこともある。20万払ってポンコツ購入するほど奇特な人間ではないので。元々、 iPhoneのパクリで始まったギャラクシーに対する嫌悪感が未だに拭えない保守的な私。

オバマ

フィルムは住友化学製だったはず、韓国製では量や性能の点で問題があって住友化学が採用されたのですが、サムスンの設計ミスで、販売が遅れていますね!
韓国向けは韓国製フィルムにするのかな!
欲しいとは思いませんが、高い商品ですから、それなりの質は必要ですね!

ナナシ【メル】

完成品の歩留まりが30%とか見たと思う。
組立が終わった完成品の7割が販売出来ない不良品とか、さすがコリア・クオリティ(笑)。
韓国内だけでの販売だけになりそうな勢いですね♪

良くちょん切れるハサミだ

えっ、自爆剤??