韓国経済、日本、韓国への輸出管理第3弾 『HEPA(ヘパ)フィルター』が対象に

韓国経済、日本、韓国への輸出管理第3弾 『HEPA(ヘパ)フィルター』が対象に

記事要約:今回の記事は韓国紙が騒いでるだけで、日本政府や経済産業省が半導体の素材のように発表したわけではないので、真相は定かではないのだが、どうやら、韓国への輸出管理措置として「HEPA(ヘパ)フィルター」が対象とのこと。

何のことかわからないとおもうが、調べるとどうやらクリーンルームで使用されるもののようだ。だから、半導体工場のクリーンルームでこの HEPA(ヘパ)フィルター がなければどうなるかは知らないが,作業に支障をきたすかもしれない。これも日本製らしい。

> ヘパフィルターは、空気中に浮遊0.3マイクロメートル(?)以上の大きさの微粒子(超微細粉塵)を99.97%除去することができる性能を備えたフィルタである。
放射性空気を遮断するために開発された。最近では、空気清浄機でも活用される。

機械翻訳なのでわかりにくいが、クリーンルームで使用するものだと。空気清浄機にも使われているそうだ。

> 韓国政府は、この業者が輸入するヘパフィルターが戦略物資に敏感品目に該当するかの把握に乗り出した。日本政府は、特定の仕様のヘパフィルターを戦略物資統制リストに含まれて管理している、戦略物資の中でも、武器や武器と直接関連付けられて’敏感品目」に該当する包括許可ではなく、個々の許可を受けなければならない。

ホワイト国除外の前は書類を出せば売ってもらえたわけだが、しっかりと経済産業省が間に入って戦略物資を管理していると。仕事をしているということはこれも横流しに何か関わっているものなのか。

> 戦略物資管理院の関係者は、「日本政府は、特定のスペックヘパフィルターを戦略物資に含ませて管理している」とし「N社経済産業省の自律遵守貿易取引(CP)企業に含まれても、個々の許可品目であれば、日本政府からの輸出を最大90日まで審査することができる」と説明した。日本が去る7月、韓国の輸出制限措置を実行した後、半導体材料の3品目のほか、輸出を遅延したものでは今回が初めてであることが把握される。

ただの憶測であるが、個別審査しているなら時間はかかるだろう。この前、レジストは1ヶ月程度だったが、別に1ヶ月で許可を出すというわけではなく、本当に横流しをしていないかを厳しくチェックしているのだろう。何かに引っかかった可能性はあるが、韓国メディアのいうことを鵜呑みにするのはやめたほうがいい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、日本、韓国への輸出管理第3弾 『HEPA(ヘパ)フィルター』が対象に

国内メーカーが一ヶ月近く、日本から輸入される高性能ヘパ( HEPA)フィルターを受けないのに、日本の対韓国輸出規制が半導体の3つの素材のほか、他の項目と拡散されたものではないかという懸念が提起された。

そのフィルターを数年前から輸入してきたが、このように納期が遅延のは今回が初めてというのは、国内メーカーの主張だ。

6日、業界によると、国内Aメーカーは、日本N社から輸入するヘパフィルターをまだ受けていない。先月13日に物量を受けることになっていたが、一ヶ月近くの収入が遅れている。

A会社の関係者は、「先月13日、物量を受けることにしたヘパフィルター物量をまだ受け取っていない」とし「先月末まで待って継続収入がダメ政府に代替材を探してほしいと要請した」と苦しさを吐露した。Aメーカーは、2009年からN社でヘパフィルターを輸入した。

納期がこのように遅れたのは、以前にはなかったと付け加えた。N社韓国法人は、日本経済産業省からの輸出審査を進めていると説明した。次の週のものが韓国に入ってくるだろうと付け加えた。

A会社の関係者は、「N社韓国法人では物量がすでに日本埠頭倉庫に来て、日本経済産業省で確認する過程を経たと知らせてきた」とし「ただ来週のものが韓国に入ってくると、6日午後伝え”と述べた。

ヘパフィルターは、空気中に浮遊0.3マイクロメートル(?)以上の大きさの微粒子(超微細粉塵)を99.97%除去することができる性能を備えたフィルタである。
放射性空気を遮断するために開発された。最近では、空気清浄機でも活用される。

Aメーカーは超微細粒子までブロックする高性能ヘパフィルターを使用する。
今年の初め、国内と中国での代替材を設けしようとしたが、量産することができるレベルを満足させず、日本産を輸入していた。
そうして先月から輸出が遅れ、物量需給に支障をきたしている。

韓国政府は、この業者が輸入するヘパフィルターが戦略物資に敏感品目に該当するかの把握に乗り出した。
日本政府は、特定の仕様のヘパフィルターを戦略物資統制リストに含まれて管理している。
戦略物資の中でも、武器や武器と直接関連付けられて’敏感品目」に該当する包括許可ではなく、個々の許可を受けなければならない。

戦略物資管理院の関係者は、「日本政府は、特定のスペックヘパフィルターを戦略物資に含ませて管理している」とし「N社経済産業省の自律遵守貿易取引(CP)企業に含まれても、個々の許可品目であれば、日本政府からの輸出を最大90日まで審査することができる」と説明した。
日本が去る7月、韓国の輸出制限措置を実行した後、半導体材料の3品目のほか、輸出を遅延したものでは今回が初めてであることが把握される。

日本が追加輸出制限を意図して輸出を遅延した場合の波長が大きくなると予想される。政府は、輸入が遅れるヘパフィルターの具体的な仕様と日本が輸出を遅延した理由を把握する方針だ。

ソースは5chより記事掲載

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=030

5
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
4 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
5 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
台風ヤバイ

もし、さりげない嫌がらせでこういうことができる国ならと思ってしまいます。外交は所詮パワーゲーム、もっとしたたかに厭らしく追い詰めていくべきですね。今後も韓国と付き合わないといけないのだとすれば、ここら辺で 一回、日本も中国的な手段で痛めつけておくのも、アリかなと思うのですが。アメリカもさりげなく韓国の顔をつぶしているようですし。日本はナメられすぎ、国益を考えるなら殴るフリくらいしても良いのでは。

菜々美

この記事を読むまでHEPAフィルターが日本の優位技術だとは知りませんでした。

我が家の空気清浄機の裏面カバーを開けると入っていますが、
PM2.5が酷い韓国でも必要な技術でしょう。

HEPAフィルターがなければクリーンルームは機能しないし、
クリーンな環境もできません。
政府はしっかりチェックして認可してほしいですね。

オバマ

原子力施設の廃棄施設にも利用されているから、こっちかな?ただ、ヘパフィルターだと99.97%以上除去ですが、家庭用洗浄器にも使われるレベル!ウルパフィルターだと99.9995%以上除去ですね!
日本の製造会社は日本○○とかが多く、あとN社だとニッタかな?実態は不明ですね。日本側の情報待ちですね?

ナナシ【メル】

確かヘパフィルターを作ってる日本企業は、CP企業じゃなかったはずですから、特別包括は受けられず個別許可になります。
個別許可ですから、90日までまだ期間がありますから通常じゃないかな。
ただ単に韓国側が輸出管理を理解していないだけですね、経産部だっけかの専門!?でも理解できなかったみたいだからね(笑)。

ナナシ【メル】

韓国報道より調べるとNITTA(ニッタ株式会社)みたいですね。
日本企業で韓国に子会社があるで調べるとここくらいしかみつからないかったです。
ヘパフィルター系にはCP企業がないと書きました通り、NITTAはCP企業ではないですね。

また、ヘパフィルターがクリーンルーム用なら韓国企業は大変かも知れないですね。
大量輸入の場合、経産省が一定金額を超えるとL/Cの許可も必要になりますから。

工場毎に消費量は異なるから調べてみるのも面白いかも!!