ノーベル生理学・医学賞に米英3氏…細胞の低酸素対応を解明

ノーベル生理学・医学賞に米英3氏…細胞の低酸素対応を解明

今年のノーベル生理学・医学賞に米英3氏が選ばれた。1人は米ハーバード大のウィリアム・ケーリン教授、2人目はイギリスのオックスフォード大のピーター・ラトクリフ教授、3人目は米ジョンズ・ホプキンス大のグレッグ・セメンザ教授。受賞おめでとうございます。それで受賞理由を見ていこう。

> スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル生理学・医学賞を、細胞が酸素不足の状態に適応する仕組みを発見した米英の研究者3人に贈ると発表した。高い山に登ったり貧血になったりして体内の酸素が不足した時に、細胞内で起きる現象を分子レベルで明らかにし、貧血やがんなどの治療応用にも道を開いた。

貧血やガンなどの治療応用の道を開いたと。難しいことはわからないが、確かに凄い研究だとは思う。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

ノーベル生理学・医学賞に米英3氏…細胞の低酸素対応を解明

スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル生理学・医学賞を、細胞が酸素不足の状態に適応する仕組みを発見した米英の研究者3人に贈ると発表した。高い山に登ったり貧血になったりして体内の酸素が不足した時に、細胞内で起きる現象を分子レベルで明らかにし、貧血やがんなどの治療応用にも道を開いた。

 受賞するのは、米ハーバード大のウィリアム・ケーリン教授(61)、英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ教授(65)、米ジョンズ・ホプキンス大のグレッグ・セメンザ教授(63)の3人。

 セメンザ氏は1990年代、低酸素状態になった細胞には、酸素不足を知らせるたんぱく質「HIF」が存在することを発見した。HIFは酸素を運ぶ赤血球の増加を促し、貧血などを防ぐ。ケーリン、ラトクリフ両氏は2001年、酸素が十分にある状態ではHIFの一部が分解されるが、低酸素状態になると分解されないことを分子レベルで解明した。

 これらの発見は治療薬の開発につながっている。腎機能が低下した人工透析患者の貧血を改善する治療薬をアステラス製薬が開発し、9月20日に製造販売が承認された。一方、がん細胞がこのたんぱく質を過剰に作り、新たな血管を作り栄養を得ていることもわかり、がん治療への応用研究なども活発になっている。

 賞金900万スウェーデン・クローナ(約9700万円)は、3氏で等分する。授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日に当たる12月10日、ストックホルムで開かれる。

 今回の受賞者と交流がある京都大大学院生命科学研究科の原田浩教授(47)は「がんや腎臓病など様々な病気に対して重要な働きを持つことが評価されたのだろう」と話した。

https://www.yomiuri.co.jp/science/20191007-OYT1T50217/

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
オバマ

ございます。ガン細胞が酸素不足を知らせるタンパク質を利用していることは意外でしたが、高山等における酸素不足や貧血は良く知られた現象ですが、そこから様々な研究に発展させていく、素晴らしいですね!

自由人

ノーベル賞を受賞するほどの人物なら、自分の信念に基づいて研究してきた結果、ノーベル賞を受賞することができたと語るだろう。
「ノーベル賞を受賞するための研究」などと言っている韓国では、ノーベル賞受賞など夢のまた夢だ。
仮に韓国人がノーベル賞を受賞したとしても、個人的には裏工作をうまくやったんだなとしか思えない。
最後に受賞者の方々、ノーベル賞受賞、本当におめでとうございます。