韓国経済、【株価維持に必死】半導体、来年回復の見通し「5Gのおかげで超好況来る」

韓国経済、【株価維持に必死】半導体、来年回復の見通し「5Gのおかげで超好況来る」

記事要約:韓国の半導体は今年の下半期に回復するというのは以前にきいたことがあるが、結局、回復はしなかった。サムスン電子は56.2%の減益となった。そして、今度は来年に回復する見通しという。

株価維持に必死なのはわかるが、無理があるだろう。しかも、5Gのおかげで超好況が来るとか。そもそも、韓国のて本物の5Gなのか。ただ単に5Gといっているだけで、実は4.5Gなんだろう。半導体が回復したとしても、韓国がシェアを取っているとも限らないしな。マイクロン、台湾、東芝などが準備を進めているだろうに。

> 今年低迷している世界の半導体市場は来年からは再び右肩上がりに転じるという見通しが出た。市場調査会社IHSマーケットは最近「来年の世界の半導体市場は4480億ドル(約48兆円)で、今年(4228億ドル、約45兆円)より5.9%成長するだろう」とし、「世界各国で商用化する5G(世代)通信が半導体市場のスーパーサイクル(超好況)を導くだろう」と明らかにした。

仮に5G時代が到来したところで、ビッグデータを扱う大手企業は当然、5Gへの投資は考えていただろう。なら、数年前に5Gでも使用が問題ない半導体を導入しているのではないか。少なくとも、5Gは取って沸いた技術ではないからな。企業が対応するには十分な時間があり、投資するなら当然,視野に入れていただろう。

ただ、どうなるかはわからないのが現実であり、中央日報の願望だとはおもうが、来年になればわかることだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【モノレールも造れないのに】赤信号で人が

韓国経済、【株価維持に必死】半導体、来年回復の見通し「5Gのおかげで超好況来る」

今年低迷している世界の半導体市場は来年からは再び右肩上がりに転じるという見通しが出た。市場調査会社IHSマーケットは最近「来年の世界の半導体市場は4480億ドル(約48兆円)で、今年(4228億ドル、約45兆円)より5.9%成長するだろう」とし、「世界各国で商用化する5G(世代)通信が半導体市場のスーパーサイクル(超好況)を導くだろう」と明らかにした。

半導体市場は昨年4856億ドルで過去最高を記録したが、今年は特にメモリ半導体の需要が急減し、低迷している。

5G時代が本格化すればスマートフォン市場が大きくなり、自律走行車、モノのインターネット(IoT)、データセンターなどが本格化し、半導体市場の成長に大きく貢献する見通しだ。しかし、逆にグローバル情報技術(IT)企業のデータセンター用メモリの需要が大幅に増えないという見方も少なくない。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/258491?servcode=300&sectcode=330

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

7
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
7 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
7 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
日本人

日本政府は、この機会にきっちりと懲らしめてやって欲しい。
手加減をする必要などないのだ。
二度と歯向かえないように徹底的に痛めつけてやって欲しい。
いっそ、息の根を止めてやっても良い。
骨の髄まで打ちのめし、根こそぎ退治してやって欲しい。

ナナシ【メル】

半導体の需要、特にメモリ事業に関してはビット需要(ビット数に換算した需要の伸び)とメモリ1個辺りの平均販売価格(APS)を見ると予測出来ます。

DRAMで見ると(前期比での計算)

ビット需要が3~5月マイクロン横ばい、4~6月サムソン・SKが15%程度増加、6~8月のマイクロンで30%増加。
3、4月頃から需要が増え始めたかな。

APSは、4~6月サムソン・SKで20%台前半の減少で、6~8月マイクロンで20%の減少。
まだ価格は下げ止まりしてない。

上記傾向を見るとビット需要の増加で成長に転じると予測は出来るが価格が上がるかが問題!!
新型メモリが出荷可能になれば価格は上昇すると思われるがサムソン・SKは製造出来ないと思われる、超高純度フッ化水素が必要になる為。

半導体の景気がよくなるとは予測出来るが、サムソン・SKは恩恵を受けられなく旧型価格が落ち着くまで厳しいと思われます。

自由人

4Gも完全に普及するまでは 2〜3年くらいかかっていましたし、5Gはスモールセルの設置が必要みたいですから、まだまだ時間がかかりそうです。スマホが高価格になって、買い替えるまでのサイクルが長くなっている時代に、5Gが運用開始されたからといって、爆発的に販売台数が増加するとも思えず、まして米国の思惑では、インテル、クアルコム、メディアテックなどの米台企業がシェアを拡大することを望んでいるでしょうから、サムスンやファーウェイにとっては逆風の中での競合となり、シェアを現在の水準で獲得できると思えません。
さらに韓国の半導体産業はこれからコスト増大に苦しむことになり、価格競争において苦戦する可能性も高くなると思います。韓国政府からの優遇措置も米国がその気になれば、WTOなどを利用して潰しにかかるかもしれません。
韓国の置かれている状況を考えれば、このニュースは楽観的すぎますね。本当におめでたい連中です。

オバマ

日米台と中でサンドイッチの未来が見える。
半導体は好況・不況を繰り返しつつ拡大する歴史を繰り返すでしょう!技術革新が早く製造装置を購入すれば急速に安価で製造できるためです。
サムスンが4半期で2兆5,000億円の売上で半分の営業利益を稼ぐような好調と赤字危機は紙一重です。次世代半導体から除外されたらサムスンやSKは現行の半導体で中国に破れて撤退危機を迎えるでしょう。でもインドやベトナム工場などで少しは頑張れるかな!

さとう

5Gっていろいサムスンだとか、ノキアだとかエリクソンとか言われているが、結局ムラタやTDKなどの無線部品を集めて
加工しているだけなので、もうかるのは実はムラタやTDKなどの日本の材料企業。シェア―50%以上がざら。
あと、メモリーでもDRAMがIOTに使われるのはレガシーだからいわゆる7nなんて必要ない。ロームのDRAMで十分。
ロームは東芝について国内で工場たててるし、もうかっているんだろう。
ちなみに、7nとかいわれているが、実際7nではない。商品にそういう名前というか形番みたいなのをつけているだけ
で実際は7nではない。実質インテルを基準にすると世界で一番の微細は1?n程度(EUVでなくダブルパターにングで)。
でそもそもどこもEUV7nの大量生産に成功していない。純シリだと使い物にならない(耐用年数が)。
だから、日本とアメリカの半導体企業はSICなんかのウェハ―の本格投入の時期を待って投資を控えている。
次世代は純シリでは無理だね。ショートの問題は解決できない。

一言いいですか?

サムスン電子の半導体は今後、自称、国産洗浄液、使用の製品、大丈夫かな?、
先月、現役使用の古い、パナノートパソコン、WindowsXPが、起動がしなくなり、
大事なデーターが、取り出せなくなり、途方にくれていましたが、追加の、
増設メモリーを外すと、起動するようになりました。
普通ですと、金メッキされている端子は、錆びるはずが無いのに、
まるで乾電池が、塩を吹いたように、なっており、記念に保管しています。
直接は関係ないかもしれませんが、洗浄が不完全だと、
後日、症状が出る可能性が有ります。
意地を張らずに頭を下げて、高品質の日本製品を使ってください。
私は、以前よくB級品を使用していましたが、値段が小々高くても、
正規品を、使えば起こらなかったかも、結果論です。、!!

キジトラ

こうなるでは無く こうなるだろう ばっか 希望的観測だけ 其のうち ロケットとか ハイパー何とか とか原子力潜水艦とか作れる だ ろ う。