韓国経済、【デフレの恐怖】通貨危機当時より長い物価安…10カ月連続で上昇率1%未満

韓国経済、【デフレの恐怖】通貨危機当時より長い物価安…10カ月連続で上昇率1%未満

記事要約:韓国の物価上昇率が10ヶ月連続で1%未満らしいのだが、韓国政府はこれに対して解決策が見いだせないそうだ。その原因は国内外の消費が減少した「総需要減少」とのこと。でも、それおかしくないか。

消費を減らす原因は韓国の景気が悪いからだろう。今まで使っていた金を貯蓄に回すから消費が減ったと考える方が自然だ。もっとも、韓国政府は国際原油価格や農畜水産物価格など供給側の要因に目を向けているそうだ。でも、物価上昇率はずっと0%まま。これを読んで頂きたい。

> 問題は、政府が物価下落要因に挙げてきた農畜水産物価格が10月には下落幅を大きく縮小したにもかかわらず物価上昇率が0%にとどまっている点だ。10月の農畜水産物価格は3.8%下落し、前月(-8.2%)に比べて下落幅が縮小した。特にハクサイ・ダイコン価格は1年前よりそれぞれ66%、89%上がるなど野菜類価格の下落幅は1.6%へと大幅に縮小した。9月に農産物が13.8%下落し、全体の物価を引き下げた状況とは違った。

農畜水産物価格の下落幅が大きく縮小したはずなのに、物価上昇率が0%にとどまっている。明らかに消費が減っている証拠ではないか。白菜や大根は韓国人にとってキムチ作りになくてはならないもの。その価格が上昇しても、他の野菜類の価格は下がっていると。でも、インフレにはならない。

> 内需景気の「体温計」の役割をするコア物価指数も0.8%の上昇にとどまった。コア指数とは季節的要因で物価が上下する農産物・石油類などを除いた物価だ。コア指数は7月を除いて今年3月から0%台が続き、韓国銀行(韓銀)の適正物価管理水準(2%)に長期間達していない。このため現在の状況が事実上デフレの入り口という分析が提起されてきた。物価が落ちると予想するデフレ局面では生産はもちろん消費も委縮するしかない。

いよいよデフレの兆候が顕著になってきたと。デフレの入口とか言っているとあっという間に飲み込まれる。でも、政府の対策は物価安の原因を供給側の要因から探していると。ここまで数値が出てきて、さすがに供給側の要因だけは済まないだろう。景気が悪くなって、庶民が消費を抑えれば、生産者も当然、売れ残りを減らすため生産量を調整する。こうして悪循環が始まる。無能な韓国政府は放置して、専門家の意見はデフレだと認識しているようだ。

> 専門家の評価は違う。9月の「マイナス物価」の原因となった農産物価格が上がったにもかかわらず依然として物価が上がらないのは民間の消費不振による総需要委縮と説明しなければいけないということだ。9月の民間消費は1年9カ月ぶりの最大減少幅(-2.2%)だった。スーパーマーケット・大型マート・デパートなど大半の流通現場で消費が減少したことが分かった。こうした分析は国策研究所からも出てきた。韓国開発研究院(KDI)は先月28日の報告書で「(物価安は)政府の福祉政策や特定品目が主導したというより、多数の品目で物価が低下して表れた現象」とし「一時的な供給要因だけでなく需要側の要因も主に作用した」と診断した。

全くもってその通りかと。そして、総需要萎縮はデフレの兆候である。それもこれも、韓国の景気が悪いからだ。しかも、底は見えないので消費もどんどん落ちている。

> カン・ソンジン高麗大経済学科教授は「一時的な反騰より0%台の物価が長期化する現象に注目する必要がある」とし「今年の経済成長率が1%台と予想されるなど景気不振が物価に影響を及ぼした」と分析した。

なるほどな。2019年の下半期ぐらいからデフレに入り、2020年にデフレが本格化すると。そして、デフレスパイラルに陥り、韓国銀行は金利を下げるが、低金利では通常の金融政策が効力を失う。いわゆる、流動性の罠に陥り、長期不況へと突入。日本の失われた20年の「韓国版」が始まるてことだ。もっとも、20年も韓国が耐えられるはずもないので、2020年で韓国経済が破綻すると。消費が減っても家計負債が減るとは思えないものな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【デフレの恐怖】通貨危機当時より長い物価安…10カ月連続で上昇率1%未満

先月まで10カ月連続で1%未満の物価上昇率が続いているが、韓国政府はこれという解決策を見いだせずにいる。経済学界のほか国策研究所も国内外の消費が減少した「総需要減少」を原因と考えている。しかし政府は国際原油価格や農畜水産物価格など供給側の要因に目を向けていて需要側の対策にはつながらない状況だ。

統計庁が1日に発表した「10月の消費者物価動向」によると、先月の物価上昇率は前年同月比0%だった。物価は今年1月から7月まで0%台が続き、8月にー0.04%で過去初めてマイナスとなった。9月には-0.4%に下落幅が拡大した。10カ月連続で1%を下回ったのは通貨危機直後の8カ月連続(1999年2月-9月)より長い。

問題は、政府が物価下落要因に挙げてきた農畜水産物価格が10月には下落幅を大きく縮小したにもかかわらず物価上昇率が0%にとどまっている点だ。10月の農畜水産物価格は3.8%下落し、前月(-8.2%)に比べて下落幅が縮小した。特にハクサイ・ダイコン価格は1年前よりそれぞれ66%、89%上がるなど野菜類価格の下落幅は1.6%へと大幅に縮小した。9月に農産物が13.8%下落し、全体の物価を引き下げた状況とは違った。

内需景気の「体温計」の役割をするコア物価指数も0.8%の上昇にとどまった。コア指数とは季節的要因で物価が上下する農産物・石油類などを除いた物価だ。コア指数は7月を除いて今年3月から0%台が続き、韓国銀行(韓銀)の適正物価管理水準(2%)に長期間達していない。このため現在の状況が事実上デフレの入り口という分析が提起されてきた。物価が落ちると予想するデフレ局面では生産はもちろん消費も委縮するしかない。

政府はこうした物価安の原因を供給側の要因から探している。企画財政部のキム・ドンゴン物価政策課長は「昨年、原油価格が急騰した影響など供給要因と、下半期に施行された高3無償教育、無償給食など政策要因が影響を及ぼした」とし「年末には0%台半ばに反騰するだろう」と強調した。

専門家の評価は違う。9月の「マイナス物価」の原因となった農産物価格が上がったにもかかわらず依然として物価が上がらないのは民間の消費不振による総需要委縮と説明しなければいけないということだ。9月の民間消費は1年9カ月ぶりの最大減少幅(-2.2%)だった。スーパーマーケット・大型マート・デパートなど大半の流通現場で消費が減少したことが分かった。こうした分析は国策研究所からも出てきた。韓国開発研究院(KDI)は先月28日の報告書で「(物価安は)政府の福祉政策や特定品目が主導したというより、多数の品目で物価が低下して表れた現象」とし「一時的な供給要因だけでなく需要側の要因も主に作用した」と診断した。

カン・ソンジン高麗大経済学科教授は「一時的な反騰より0%台の物価が長期化する現象に注目する必要がある」とし「今年の経済成長率が1%台と予想されるなど景気不振が物価に影響を及ぼした」と分析した。

成太胤(ソン・テユン)延世大経済学科教授は「内需活性化のために最低賃金引き上げ、勤務時間の短縮を施行しながらも物価安が続くのは消費が伴っていないという証拠」とし「人件費の上昇で企業が雇用を減らせば消費不振を加速させる」と警告した。

https://japanese.joins.com/JArticle/259192?servcode=300&sectcode=300

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
14111

5
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
2 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
オバマ

デフレ脱却の手段なし!
品質が良く、お手頃価格の日本製を無理矢理不買した結果、安く低質な韓国製・中国製に切り替えたことによる擬似デフレが、(直に日本製不買が終わったり、日本製のセールを期待したり、韓国製が代替の対象に成らなかったりで)買控えを生じさせたことと、景気後退による消費減で、デフレになったのでしょうね。
成教授の言うように、「最低賃金を上げて、勤務時間を減らして物価安が続くのは、消費が伴っていない証拠は」は当然そうだし「人件費の上昇で企業が雇用を減らせば消費不振加速させる。」も事実ですが、物が売れないので雇用を維持できないから、人員削減、原価を切り詰め利益を圧縮して、デフレスパイラルに落ちて行くのですよ(涙)
で、処方箋は(1)外資導入(2)公共工事(3)内需拡大(4)不動産バブル(5)減税
といった感じですが、文政権の方針として(3)と北絡み軍絡みの(2)しか使えない。しかも、既に国債増発で基準金利を下げているのに貸出し金利が上昇している状態。更なるドル建て国債増発は一層のウオン安と金利高を招き債務返済の増加で内需拡大効果は帳消し。ウオン安覚悟でウオンを増刷してもウオン安にしたら米国から為替操作国扱いされるし、キャピタルフライトを招く。
結局、使える処方箋は夢の南北鉄道、開城工業団地、金剛山観光施設…終ってるので、早く崩壊した方が良いみたいです。もう、最低賃金1万ウオンを確定して、ウオンを増刷してしまいましょう。公約は実現できるし、輸出競争力もつきます。デフレは脱却できるし、(セオリーでは経済破綻しますが)上手くいけば経済破綻しないかもしれませんよ!

酔って候

朝鮮民族は(自称)世界一優秀なので、その処方箋で大丈夫でしょう。

がんばれ韓国。世界中の経済学者を驚かせてやれ。

オバマ

ありがとうございます。
絶体絶命かと思いましたが、きっと文大統領ならムン保有国パワーでデフレ脱却ですね(笑)

シダワタル

最近、反日発言が下火になり日本にすり寄って来ているのは、日韓通貨スワップの復活を狙っているのではないか。

僕は悪く無い。 "お題目"

そうだそうだ、全部外が悪いんだ。政府は、悪く無い。全てそうだ。国が潰れてもそれは外が悪いんだ。そうしたら、韓国で裁判を起こして、悪い国に対して訴訟を起こすんだ。それで国民の目をそらすんだ。文政府の関係者や韓国版リベラル層全員で責任転換をするんだ。今までそれで甘い良い思いをしてきたからわかる。騙せるぞ。