韓国経済、【100%国産化!】LGディスプレイ、iPhone11向けOLEDに品質不良発生・・・9月は供給“ゼロ”レベルに

韓国経済、【100%国産化!】LGディスプレイ、iPhone11向けOLEDに品質不良発生・・・9月は供給“ゼロ”レベルに

記事要約:韓国のLGディスプレイがiPhon11向けに提供していたOLEDに品質不良が発生したとのこと。そして、9月は供給「ゼロ」ということになったようだ。記事には書いてないのだが以前のことを思いだして欲しい。

確かLGディスプレイはパネル用に使うフッ化水素を100%国産化に切り替えた。おそらくというか、今までにこんな品質不良が発生してないのだから、国産化したフッ化水素に何かしらの原因と考える方が妥当だ。しかし、国産化しても、何かしらの品質問題が発生した。しかも、ディスプレイで使うようなフッ化水素はそこまで高純度のものを求められてないにも関わらずだ。

問題はアップルがクリスマス商戦向けに作っているiPhone11の生産台数に影響があるかもしれないてことだ。

> 品質に問題が生じた製品は全量廃棄される。 LGディスプレーは7月末、アップル側に関連するサンプルを供給して、8月から本格的な供給を開始した。 8月に中下旬から9月までの物量に不良が現れた点を勘案すれば、100万台以上のパネルの供給が座礁したものと推定される。

7月末なら日本製のフッ化水素は在庫で使えていた。そして、8月に本格的に生産を始めた。しかし、7月以降は日本製のフッ化水素は「書類」を提出しない限りは手に入らない。そこでLGディスプレイは国産化にしようとしたわけだ。

だが、どうやらそのフッ化水素に問題があったようで、100万以上のパネル供給が座礁と。もちろん、原因がフッ化水素ではない可能性だってあるが、タイミング的にそれしかないんだよな。今までこんなニュースを聞いたことないからな。

>今年最初の新型iPhone向けのOLED供給契約を成功させたLGディスプレイが中小型パネルの動力さえ失うのではないかという懸念が出ている。

せっかくiPhone11の販売台数は順調に推移していたのに、この100万台以上の供給が途絶えるのはかなり米アップルはお怒りだろう。仕事もまともにできない企業といつまでも関係を結んでるとは思えない。

> OLEDの製造工程は、バックプレーン工程、蒸着、封止工程、モジュール工程など大きく3段階に分けられる。どの工程に問題が生じたのかは伝えられていないが、一部ではLGディスプレイの責任論も取り上げている。

この工程でフッ化水素を使うのかは知らないが、洗浄用に使うというのは読者様が教えてくれた気がする。どんな理由で問題が起きたかは知らないが、品質不良100万台以上はアップルがLGディスプレイを切るには十分な理由になる。

ただでさえ、OLEDは赤字続きというのにこのままLGディスプレイは破綻するのか。LGディスプレイの大型パネル技術がなくなると、大型の有機ELテレビが作れないのでそれだけはどこかが買い取るだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【100%国産化!】LGディスプレイ、iPhone11向けOLEDに品質不良発生・・・9月は供給“ゼロ”レベルに

・システム評価段階でパネルに縦じまが生じ、100万台以上のパネル廃棄推定
・LGディスプレイ、今年iPhone11ProMax向けのOLED供給物量500万台以下の可能性が大きくなる

LGディスプレイがiPhoneに供給するOLEDパネルに品質問題が発生していたことが分かった。

品質に問題が生じた製品は全量廃棄される。 LGディスプレーは7月末、アップル側に関連するサンプルを供給して、8月から本格的な供給を開始した。 8月に中下旬から9月までの物量に不良が現れた点を勘案すれば、100万台以上のパネルの供給が座礁したものと推定される。

今年最初の新型iPhone向けのOLED供給契約を成功させたLGディスプレイが中小型パネルの動力さえ失うのではないかという懸念が出ている。

OLEDの製造工程は、バックプレーン工程、蒸着、封止工程、モジュール工程など大きく3段階に分けられる。

どの工程に問題が生じたのかは伝えられていないが、一部ではLGディスプレイの責任論も取り上げている。

LGディスプレイの内部事情に詳しい関係者は「9月に問題が生じたiPhone向けOLEDをめぐって、LGディスプレイ側の責任で見る雰囲気が強い」とし

「問題が生じた製品は全量廃棄されるのが原則であるだけに損失が避けられない」と述べた。

ソースは5chより記事掲載、

http://daily.hankooki.com/lpage/ittech/201911/dh20191108114711138240.htm

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
23

13
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
7 コメント一覧
6 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
13 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
不識庵謙信

あらゆる人が予想していそうな事が起こった感じかな。詳しくは知らないし、不具合出す原因なら南朝鮮企業ならフッ化水素以外でも沢山ありそうだからよくわからないが。

「【おめでとう韓国!】LGディスプレー、フッ化水素国産に転換完了」の記事に、個人的にも「何か面白い結果が出そうな気がする」と書き込んでいた。多くの人がこの種の出来事がいかにも起こりそうと予想していただろうけど

アンチK国

やっぱりな・・・誰のせいにするのかな~・・・恥を恥と思わないお国柄ですから・・・何が起こるか分かりません・・・言える事はK国以外に罪を被せる事は確実です。

オバマ

JDIにビッグチャンス!
管理人様同様に私もLGの「100%国産フッ化水素に切替」の記事をまず思い浮かべました。記憶違いでなければ供給先がLG化学でステラや森田化学との合弁企業じゃなさそうなとこに一抹の懸念がありました。某立民党議員が大喜びしてSNSに載せていた記事です。
しかしLGのチョンボで、アップルとの取引拡大を狙うJDIに思わぬチャンスが舞い込みました。まずは、現在、受注中のアイホンウオッチのOLED(有機EL)を完璧に供給し、LGにとって代わる意気込みを見せてください。期待しておりますし、心からの支援を致します(嬉)!

七氏ですよ

OLED供給契約を成功させたLGディスプレイが中小型パネルの動力さえ失うのではないかという懸念が出ている。

動力を失う懸念って相変わらず楽観的ですね。
当然、賠償問題にまで発展しますし、賠償から逃げようものなら、普通の企業は相手にしてくれなくなりますよ。

一部ではLGディスプレイの責任論も取り上げている。

一部ではって、普通に考えたらLGの責任でしょう。
LGが下請けに出しているかも知れませんが、アップルに訴えられるのはLGですよ。

Saizou

LG Displayの問題ですが、OLEDパネルに酸素や水が侵入するのを防ぐための薄膜封止プロセスにおいて問題が発生しているようです。工場の、E6-1でまずOLED生産を開始したのちにE6-2での量産をスタートする予定でしたが、E6-1での問題発生により、E6-2での生産開始時期を前倒しする模様です。E6-1では薄膜封止プロセスにLG Groupの小会社であるLG PRIの機械が使われており、その機械で問題が発生しているとのことです。一方E6-2では同プロセスに米Kateevaの機機械が採用されています。Kateevaの機械はLG Displayと競合するSamsung Displayも導入しています。一方LG PRIはLG Displayを除くと、世界の大手ディスプレイ企業に納品した実績がほとんどなく、一部の専門家はLG PRIの技術力不足が指摘されています。 ですから、身内での責任のなすりあい敷かなく、日本のせいにもできませんね。言及はしてませんが、封止プロセスで使うフッ化水素だったりして。

自由人

所詮、韓国の製造業のレベルなんてこんなもの(笑)
日本のサプライヤーがバックアップしていたからこそ韓国企業は、世界の市場で競合できていた。
サムスンはそのことを骨身にしみて理解しているから青瓦台より日本を重視し擦り寄っている。
国産化などと強気な事を言っていても、日本が少し締め上げれば、すぐに悲鳴をあげてボロを出す。
とんだハッタリ小僧だな、韓国くん。

ナナシ【メル】

OLEDにおいて一番問題になるのは、簡単に言えば水分でその為にパネル両面はガラスやフィルムで覆われています。
この為、表面のガラスやフィルムが如何に滑らかであるか、またナノクラックがないかが重要になりますね。
表面素材にもよりますが、確かフッ化水素と他の薬品を混合したもので洗浄研磨し厚みや滑らかさを作っていたかと思います。
この為、不純物が多いと滑らかにならず水分が入りやすくなると思います。

まあ、水分と言っても水蒸気というか湿度というか目に見えない空気中に存在するものですから厄介なんです!!

研磨自体に問題があるのか空調(ペパフィルター絡み)に問題があったのかはわからないけど、水分関連で不良品が出来た可能性が高いかと思われますね。
発光時の見た目(色)でわかりますからね。

ナナシ【メル】

フッ化水素と混合する薬品も高品質を使用する必要があり、確か日本からの輸出も多かったかな。
以前に読んだのでは、6:4や7:3など比率だったかと思います。

あと不純物を減らすにはある程度の高純度は必要になるんでしょうね。

ナナシ【メル】

一部で不良品は縦に筋が入っているとの話が出てます。
この場合だと、水分以前の話になりますね。

エッチング後の洗浄処理が不完全でゴミが多数残り、次に形成するレジスト皮膜が正常に生成されていないと思われます。

洗浄は低純度フッ化水素を使いますが、品質の安定性に欠けると見れますね。
安定してないと処理時間不足など起こりますからね!

ラインを停止し機器・配管などの洗浄で済めば数ヶ月、最悪はラインを作り直す必要もあるかと。
恐ろしいほどの金がかかりそうだね(棒)。

ベルトラン

これは逆に本当に国産のフッ化水素を使った事の証拠になりますね。まさか本当に使うとは。
こうなる事は分かっていたはずなのに愛国心が目を曇らせてしまったようです。
中国の牛乳を本当に飲んで腹を壊したイギリスの外交官を想起させます。