韓国経済、【輸出規制ではない】韓中日首脳 23日から外交戦=輸出規制・北朝鮮問題など重大局面

韓国経済、【輸出規制ではない】韓中日首脳 23日から外交戦=輸出規制・北朝鮮問題など重大局面

記事要約:韓国メディアはいつになったら、日本の輸出の管理の見直しを輸出規制ではないことを理解するのか。この前だってレジストを3年分一括申請可能になったではないか。毎回、同じ事に突っ込んでいるが、日本政府や経済産業省は韓国メディアの報道を修正させるように韓国政府に言及するべきではないのか。そんな報道内容で信用されるわけないだろうに。

> 特に24日の安倍晋三首相との会談では、日本による韓国への輸出規制問題で解決の糸口を見つけられるかが焦点だ。日本政府は今月20日、7月に韓国向けに強化した輸出規制の一部を緩和したが、韓国は規制前の状態に戻すべきだとする立場を示している。

とまあ、いきなり突っ込んだが、今日から日中韓首脳会談が開催される。一応、韓国ともクリスマスに日韓首脳会談があるそうだが、安倍総理に毅然とした態度で、文在寅大統領に「約束を守れ」と述べてもらいたい。それ以外に韓国に対していうことはまったくない。まずは日韓請求権協定。徴用工問題は韓国政府が金を支払う。それぐらいやってもらわないと正常な関係などあり得ない。輸出管理の見直しを元に戻すことなどない。もっとも、今の日本人からすればそれだけでも、もはや、足りない雰囲気だよな。

後は中国か。中国とはなるべく対立せずにするべきではあるが、中国の習近平国家主席を国賓として招くのはやめたほうがいい。香港人権法に署名したトランプ政権に安倍総理が賛同するならなおさらだ。

そして、焦点となるのが北朝鮮問題だとおもうが、これも中国に北朝鮮の出稼ぎ労働者を送還せよ中国にいうべきだな。中国に形骸化させてしまってはいけない。後、北朝鮮がクリスマスにICBM発射や、核実験などを行えば、制裁強化に協力するように促すことも大事だ。ええ?韓国?ああ、それはどうでもいい。北朝鮮支援でもなんでもすればいいんじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【輸出規制ではない】韓中日首脳 23日から外交戦=輸出規制・北朝鮮問題など重大局面

【ソウル聯合ニュース】北東アジア国際情勢の明暗を分ける韓中日3カ国首脳の外交戦が23日から始まる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は中国四川省・成都で開かれる韓中日首脳会談(24日)などに出席するため23日に中国を訪問し、同地で韓日、韓中首脳会談を行う。

特に24日の安倍晋三首相との会談では、日本による韓国への輸出規制問題で解決の糸口を見つけられるかが焦点だ。日本政府は今月20日、7月に韓国向けに強化した輸出規制の一部を緩和したが、韓国は規制前の状態に戻すべきだとする立場を示している。

 これには韓国と日本の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の条件付き延長問題や強制徴用問題などが複雑に絡んでおり、今回の首脳会談の結果は今後の韓日関係の流れを左右する重大な局面になるとみられる。

◇重大局面を迎えた韓日関係

 韓日関係は7月に日本政府が対韓輸出規制の強化を発表してから悪化の一途をたどっている。両国共に関係改善の必要性では認識が一致しているだけに、今回の韓日首脳会談でそのきっかけをつくるべきとする声が上がっている。

 日本政府は20日に韓国向けに輸出規制を強化した半導体材料など3品目の一つ「レジスト」について、規制強化措置を一部緩和した。これを受け、青瓦台(大統領府)内では今回の韓日首脳会談に対し、前向きな成果を期待するムードが広がりつつある。「根本的な解決策としてはまだ足りない」(青瓦台高官)としながらも、日本側が最低限の対話の意思を示したものと評価できるためだ。

 青瓦台は輸出規制問題について、強化措置が発表される前の状態に戻すことを前提に、GSOMIAの延長を検討するとの立場だ。日本が輸出規制強化措置を撤回し、GSOMIAを延長するとの「一括妥結」を青瓦台は期待しているのだ。この可能性については予断を許さないとの慎重論が少なくない。

 日本の輸出規制強化措置が、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用判決に対する事実上の報復措置であることから、今後の韓日間の対話で日本側が強制徴用問題を取り出せば、関係改善まではまだ時間がかかるとの分析だ。

◇韓中首脳の対北メッセージに注目

 韓中首脳会談(23日)では北朝鮮の挑発を防ぐための中国の役割を協議するとみられる。

 北朝鮮が一方的に設定した米朝非核化交渉の期限である年末が迫るなか、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は朝鮮労働党の中央軍事委員会拡大会議を開いて「自衛的国防力の強化」を協議するなど緊張を高めており、一部ではクリスマスに大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を行うのではないかとする懸念が広がっている。

 文大統領は習近平国家主席との会談で、緊張を高める北朝鮮の挑発を防ぎ、米朝対話を進展させる方策を議論するとみられる。

 今回の首脳会談はクリスマスを控え、韓国と中国の首脳が北朝鮮に対し、公式なメッセージを出せる最後の外交舞台であることから注目される。

 安倍首相と習近平主席も23日に北京で会談する。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191222000500882?section=politics/index

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
11

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
塩さば

確かにキンペーを国費扱いするのは「???」ですよね。今の中国を見ていつも思うのは、昔は「偉人」と呼ばれる人が沢山いて文化も進んでいたのに、現代の中国人は….。(-_-;)
あ、韓国は論外ですけど。

オバマ

おまけでも 会談なんだ しっかりと!
GSOMIAやTHAADをカードにするような国防を軽んじる国や政権に未来は無いでしょう。
しかし、日中のおまけですが日韓首脳会談も開かれるので、日韓請求権協定を守れ、輸出管理は適切な書類をだそう、対北朝鮮は制裁と対話…通訳と写真撮影混み30分~1時間は必要かな
中国に対してもRECEP、北朝鮮への国連制裁と対話、日本人拘束問題…しかし、他国と問題が発生すると、外国人を拘束する国って、好きになれないし、つきあい方が難しいですね!

日本人

安倍さん、写真の写り方を随分練習したようですね。ヘラヘラ岩屋の写真バッシングで危機感を持ったようですね。相手から手を伸ばしたような握手の位置、ガッチリ掴みながらも抑え込むような手、笑顔のようで笑顔にならない程度の微笑み、カメラに体を向ける自然な動きの中で上手くマウンティングできました。長期政権は、外交に強いですね。

B334824A-F0D2-4732-AC2A-22D88F1A6E48.jpeg
日本人

あと、上背はとても大切な事が分かりました。次期総理は、岸田さんが良さそうです。