日別アーカイブ: 2020年1月5日

韓国経済、【おめでとう韓国!】家計・自営業の借金急増 史上初めて2000兆ウォンを超えた

韓国経済、【おめでとう韓国!】家計・自営業の借金急増 史上初めて2000兆ウォンを超えた

記事要約:1500兆ウォンを超えてからあまり音沙汰がなかった韓国の家計債務。その最新情報がもたらされた。これも韓国語の翻訳記事であるのだが、どうやら1573兆ウォンとのこと。ついでに個人事業者の負債が439兆ウォンで、史上初めて2000兆ウォンを超えたようだ。

>5日、韓国銀行によると、昨年9月末の家計信用(家計貸出と販売信用など)と自営業者ローンを合算した金額が2011兆4000億ウォンと集計された。 三ヶ月前より1.5%(28兆8000億ウォン)増えた。

しかも、昨年の9月末ということで、今は3ヶ月ほど経過しているわけだから、もっと増えていると。家計債務が1600兆ウォンもあり得るか。

>家計信用は銀行、ローン会社の家計融資やクレジットカードの分割払い額等販売信用を合わせた金額で家計負債を総合的に示す指標である。 昨年9月末の家計信用は1572兆7000億ウォンで、三ヶ月前より1.0%(16兆ウォン)増えた。 ここでは、自営業である借主に渡した個人向け融資231兆9000億ウォンも含まれている。

3ヶ月で16兆ウォン増えるとしたら、まだぎりぎり1,600兆には到達してないか。どのみち、1600兆ウォンは2020年で確実と。家計債務の爆弾がさらに膨れあがっていると。管理人はこの爆弾で2020年に韓国経済が破綻することを予測したので、後は導火線に火が付くのを今年の間、待つだけである。

>企業の融資部門に入る自営業ローンは438兆7000億ウォンで3.0%(12兆8000億ウォン)増加した。 家計信用・ビジネスローン部門の自営業ローン総額は670兆6000億ウォンで2.5%(16兆3000億ウォン)増えた。 自営業ローン総額の増加率が家計信用の増加額(1.0%)を大きく上回るものである。 所得が遅々として進また自営業者が費用を耐えできず借金を増やしているという分析が出ている。

コンビニ・チキン屋・コーヒーショップといった自営業向けのローンの総額も増えてると。いくらリストラされて仕事がないからと自営業に就いたところで、経験もなければ利益を上げるのも難しく、最後は借金地獄ということだ。

>統計庁の「2019年家計金融・福祉調査」を見ると、2018年自営業の所得は、前年より0.2%増にとどまった。 同じ期間全体の家計の事業所得(賃貸収入を含む)は、5.3%減少した。 自営業所得不振は最低賃金高騰の影響と相まって、最近まで続いているという評価だ。 カン・ソンジン高麗大経済学科教授は、「最近、1?2年間の最低賃金の高騰と景気後退がかみ合い、自営業者の困難が加重されている」と述べた。

最低賃金引き上げの余波が落ち着くには数年かかる。1,2年で吸収できるような引き上げ方ではなかったからな。これは2023年頃まで管理人は続くと見ている。その間に自営業者が借金漬けで徳政令待ちといったところか。

>自営業者ローンが金融圏不良のプライマーになる可能性があるという懸念も出ている。 年間所得が3000万ウォンを下回る低所得自営業者のうち、銀行借入金を90日以上返済ができなかった長期延滞者の割合は、昨年第3四半期末の2.2%を記録し、2015年第2四半期末(2.0%)以来、4年ぶりに2%台を超えた

長期延滞者の割合が2%台か。まだまだ社会問題化するには低い数値だな。残念ながら徳政令はまだまだ先になるので、借金地獄が続く。大丈夫だ。ほら、家の郵便受けに入ってるだろう。すぐに融資しますというヤミ金の紙がな。

家計債務が1600兆ウォンを超えたら、皆でお祝いでもしようか。今年中に超えるのは確実なので、それが夏頃か、秋になるのか、そんな程度の違いだろう。いよいよ終わりの始まりが迫ってきており、管理人はワクテカである。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【おめでとう韓国!】家計・自営業の借金急増 史上初めて2000兆ウォンを超えた

家計・自営業の借金急増… 史上初の2000兆超えた
新聞 A13面1段記事入力2020.01.05。 午後6:19

家計1573兆、個人事業者439兆

自営業者ローン、金融機関の不良「プライマー」

家計と個人事業者(自営業者)借金の合計が初めて2000兆ウォンを超えた。 稼ぎがすぐれない自営業の借入金の増加幅が特に目立った。

5日、韓国銀行によると、昨年9月末の家計信用(家計貸出と販売信用など)と自営業者ローンを合算した金額が2011兆4000億ウォンと集計された。 三ヶ月前より1.5%(28兆8000億ウォン)増えた。

家計信用は銀行、ローン会社の家計融資やクレジットカードの分割払い額等販売信用を合わせた金額で家計負債を総合的に示す指標である。 昨年9月末の家計信用は1572兆7000億ウォンで、三ヶ月前より1.0%(16兆ウォン)増えた。 ここでは、自営業である借主に渡した個人向け融資231兆9000億ウォンも含まれている。

企業の融資部門に入る自営業ローンは438兆7000億ウォンで3.0%(12兆8000億ウォン)増加した。 家計信用・ビジネスローン部門の自営業ローン総額は670兆6000億ウォンで2.5%(16兆3000億ウォン)増えた。 自営業ローン総額の増加率が家計信用の増加額(1.0%)を大きく上回るものである。 所得が遅々として進また自営業者が費用を耐えできず借金を増やしているという分析が出ている。

統計庁の「2019年家計金融・福祉調査」を見ると、2018年自営業の所得は、前年より0.2%増にとどまった。 同じ期間全体の家計の事業所得(賃貸収入を含む)は、5.3%減少した。 自営業所得不振は最低賃金高騰の影響と相まって、最近まで続いているという評価だ。 カン・ソンジン高麗大経済学科教授は、「最近、1?2年間の最低賃金の高騰と景気後退がかみ合い、自営業者の困難が加重されている」と述べた。

自営業者ローンが金融圏不良のプライマーになる可能性があるという懸念も出ている。 年間所得が3000万ウォンを下回る低所得自営業者のうち、銀行借入金を90日以上返済ができなかった長期延滞者の割合は、昨年第3四半期末の2.2%を記録し、2015年第2四半期末(2.0%)以来、4年ぶりに2%台を超えた。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=015&aid=0004268492

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
11

【中・露】イラン支持、鮮明に

【中・露】イラン支持、鮮明に

記事要約:多くの読者様も大方、予想はしていたが、やはり、中国とロシアはイラン支持を鮮明にしてきた。これで米国との対立は決定的となったわけだ。ただ、中国とロシアがイランを助けるために援軍を送るとは思えない。

実際。米国とドンパチやり合うような衝突は避けるだろう。だが、中東情勢がまたもや、大国の利害関係の場になっていくことは避けられない。しかし、裏で繋がっているといわれているが、ロシアと中国ももはや、隠そうとしないな。

>【ベイルート=佐藤貴生】イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍に殺害されたことを受け、中露両政府の外相が4日までにイランのザリフ外相と会談し、ともに米国を非難した。トランプ米政権がイランの報復に備えて中東への米軍部隊の増派を決めるなか、中露がイランを支持する意向を示した形で、3カ国は米国への対抗を基盤に今後も連携していくとみられる。

今後も連携する。イランの背景に中露がいる。イランが大きく出る可能性は十分あると。ここに北朝鮮もいるわけだし、韓国もついでに仲間になったらどうだ。司会、ロシアは結局、米国と対立する道を選ぶか。

> ロイター通信によると、ザリフ氏は3日にラブロフ露外相と電話で会談した。ラブロフ氏はソレイマニ氏の殺害に弔意を示し、両外相は「米国の行動は国際法に違反している」との見解で一致した。一方、ザリフ氏と4日に電話会談した中国の王毅外相は、米国は軍事力の乱用を停止して対話による解決を目指すべきだと述べた。

対話による解決なんてできるはずないだろう。テロが日常茶飯事の中東情勢において、現に米大使館にロケット弾が撃たれているだろうに。テロ組織が暗躍する中、誰が誰の味方で敵なのか。裏で繋がっているのか。そういった事情を把握するには複雑過ぎるという。米国が正義とは言わないが、イランが正義とも思えないからな。

>ソレイマニ氏の殺害を受け、イランは米国に報復すると警告している。その時期や手段は不明だが、イランとしては、どのような事態になっても中露を後ろ盾に米国に対抗していく狙いとみられる。

問題は中露がどこまで後ろ盾をするかだ。米国と本気でやり合うほど支援はしないだろう。だから、イランだっていつかは裏切られる可能性がある。中露を信用などできない。利害関係だけで繋がる国はそれがなくなれば平気で裏切る。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

【中・露】イラン支持、鮮明に

【ベイルート=佐藤貴生】イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍に殺害されたことを受け、中露両政府の外相が4日までにイランのザリフ外相と会談し、ともに米国を非難した。トランプ米政権がイランの報復に備えて中東への米軍部隊の増派を決めるなか、中露がイランを支持する意向を示した形で、3カ国は米国への対抗を基盤に今後も連携していくとみられる。

 ロイター通信によると、ザリフ氏は3日にラブロフ露外相と電話で会談した。ラブロフ氏はソレイマニ氏の殺害に弔意を示し、両外相は「米国の行動は国際法に違反している」との見解で一致した。一方、ザリフ氏と4日に電話会談した中国の王毅外相は、米国は軍事力の乱用を停止して対話による解決を目指すべきだと述べた。

ソレイマニ氏の殺害を受け、イランは米国に報復すると警告している。その時期や手段は不明だが、イランとしては、どのような事態になっても中露を後ろ盾に米国に対抗していく狙いとみられる。

 トランプ政権が中東での軍備増強に乗り出しイランとの軍事的な緊張が高まった昨春以降、中露はほぼ一貫してイランを支援。3カ国は先月末、オマーン湾などで初の合同軍事演習を行っている。

https://www.sankei.com/smp/world/news/200105/wor2001050012-s1.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2

韓国経済、【それでもムン君を信じよう】輸出赤信号 昨年の主力種目、ほとんどマイナス成長

韓国経済、【それでもムン君を信じよう】輸出赤信号 昨年の主力種目、ほとんどマイナス成長

記事要約:韓国の輸出に赤信号というのが今回の記事。どうやら昨年の主力種目がほとんどマイナス成長というとんでもない成果を出したようだ。でも、ムン君は楽観的だったしな。輸出減少が一桁台になったから、今年は輸出回復すると述べていたものな。経済の大天才である文在寅大統領がそういうならそうなのだろう。

>昨年、韓国の輸出は、世界的な金融危機以降、10年ぶりに二桁の減少を記録した。 半導体をはじめ、造船、精油・化学、ディスプレイ、携帯電話など、ほとんどの主力輸出品目がマイナス成長を免れなかった。

韓国の輸出が減っているのは半導体だけではない。それ以外もほとんど減少ということは普通に考えたら経済の規模が縮小していることになるので、GDPが減るはずなんだよな。しかし、GDPは減ってないからな。

これが長年の謎だったわけだが、地価の価格が急上昇していることで、それが資産価値とGDPを押し上げているのではないかという新たな推察が見つかった。韓国のGDP計算がどうなっているかは知らないが、輸出減少で経済は縮小しないのだから、それ以外の原因を考えるのは妥当だと思う。少し話がずれたな。記事を見ていこう。

> 政府は、今年の輸出プラス成長転換についてバラ色の展望を出しているが、事実上、昨年急減した半導体の輸出が底を打って基底効果を出すこと以外大きく期待をかけるほどのものはない。

はっきり言われてしまったな。まあ、疑いようがなくその通りなのだが。実際、韓国経済の不況の底は見えていない。見えていないてことはまだ下に落ち続けるはずなのだ。この記事は韓国語の翻訳でわりと長いのだが、今後の輸出についての展望を見る上では重要なのは少し頑張って読んでもらいたい。

>昨年の年間輸出は主力品目がほとんどマイナスを撮った。 輸出1位品目である半導体が25.9%も減少したことをはじめ、一般機械(-1.8%)、石油化学(-14.8%)、石油製品(-12.3%)、鉄鋼(-8.5%)、自動車部品(-2.5 %)、ディスプレイ(-17.0%)、船舶(-5.1%)、携帯電話(部品を含む、-17.6%)など主力品目が次々マイナスを撮った。

半導体については今年に回復するといわれているが、韓国の主力産業である石油製品、鉄鋼、ディスプレイ、携帯電話などの落ち込みが酷いな。船舶についても受注は順調とかあるが、利益が出ているかはまだわからない。

>10大輸出品目のうち輸出が増加したのは、自動車(5.3%)が唯一だった。 政府の年間輸出実績に言及したい気に値する実績である。

自動車は現代自動車が頑張っていたからな。ルノーサムスンや韓国GMがその分、足を引っ張っていたが。ただ、年間生産台数が400万台にも満たないという記事もあったので、決して順調というわけではない。

>より大きな問題は、今年も、特定の業種を除いては、産業全体としての輸出の見通しが明るくないということだ。 政府は、第1四半期の輸出の早期プラス転換を目指し総力対応システムを稼動して品目・市場・主体革新を推進すると明らかにしたが、実質的に信じているコーナーは、半導体市況回復一つだけだ。

管理人は半導体の回復すらあまり信じていないんだが、産業の見通しが暗いのは中国勢の台頭が大きな要因になっているんじゃないのか。世界経済がそこまで悪化しているわけではないからな。まあ、中東情勢がどのように経済に影響するかはかなり不透明ではあるが。記事は半導体のスーパーサイクルがどうとか書いてあるが、最後だけ抜き出す。

>業界のある関係者は、「2017〜2018年の半導体好況があまりにも爆発的だったので、2018年の水準まで回復しなるには、もう少し時間が必要とみられる」とし「今年は良いこと2017年の水準に達するだろう」と述べた。

問題は半導体が回復したところで、それが韓国の半導体輸出に大きな利益を出すかといったところだ。管理人は2年前のようなことにはならないとおもう。他の半導体企業がいつまでも韓国に負けているとは思えない。なら、回復しても韓国の半導体がどこまで伸びるかは未知数だろう。そもそも、半導体だけで韓国経済は成り立たないだろうに。結局、半導体頼りだと。それで、記事を飛ばして石油関連を見ていこう。

>石油化学製品や石油製品の輸出見通しも明るくない。 韓国輸出入銀行海外経済研究所は、今年の石油化学製品の輸出規模は400億ドルで、前年比6%減少すると予想した。 国際原油価格下落傾向が続いて世界的な景気減速と米国発供給過剰などで製品の価格が低下するという分析に基づくものである。

石油製品関連もわりと韓国経済に貢献している分野であるが、それも減少傾向になると。まあ、ゆっくりな下落なので突然、落ちるようなことはないだろう。記事が既に長いと思うかも知れないが、もう少しで終わるので頑張って欲しい。

>船舶の輸出はやや回復だろうが、半導体と同様に、昨年の反動レベルにとどまる可能性が高い。国内造船メーカーが強みを持つLNG船舶受注の増加などの要因が全体的な受注反発を導くだろうが世界的な景気低迷の長期化に造船市場全体が大幅に回復なるよう期待するのは難しい状況である。

造船はやや回復傾向だが、そこまで大きく期待はできない。本当、半導体だけしかないな。

>現代経済研究院は先月発表した「2020韓国経済の変更の見通し」で、今年の輸出増加率を上半期0.4%、下半期4.1%など平均2.3%と予想した。

全体的な輸出は増えるという予想である。それは甘いんじゃないか。半導体が回復すれば輸出は増加する。そういうのは予想というより、ただの願望である。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【それでもムン君を信じよう】輸出赤信号 昨年の主力種目、ほとんどマイナス成長

昨年、韓国の輸出は、世界的な金融危機以降、10年ぶりに二桁の減少を記録した。 半導体をはじめ、造船、精油・化学、ディスプレイ、携帯電話など、ほとんどの主力輸出品目がマイナス成長を免れなかった。

政府は、今年の輸出プラス成長転換についてバラ色の展望を出しているが、事実上、昨年急減した半導体の輸出が底を打って基底効果を出すこと以外大きく期待をかけるほどのものはない。

3日、産業通商資源部によると、昨年の輸出は5424億1300万ドルで、前年比10.3%減少した。 韓国の輸出が二桁の減少率を記録したのは、2009年13.9%下落した後、10年ぶりだ。

省は昨年1月、2018年の輸出実績を発表し、年間輸出実績を中心に「史上初の輸出6000億ドル達成」を浮き彫りにさせたが、今回の2019年の輸出実績を発表では、12月の輸出減少幅が一桁に減少した部分を重点的にに言及しつつ、年間の実績は、輸出と輸入を合わせ、3年連続で貿易1兆ドルを達成したことを強調した。

◆昨年の10大輸出品目の自動車抜いすべてマイナス

昨年の年間輸出は主力品目がほとんどマイナスを撮った。 輸出1位品目である半導体が25.9%も減少したことをはじめ、一般機械(-1.8%)、石油化学(-14.8%)、石油製品(-12.3%)、鉄鋼(-8.5%)、自動車部品(-2.5 %)、ディスプレイ(-17.0%)、船舶(-5.1%)、携帯電話(部品を含む、-17.6%)など主力品目が次々マイナスを撮った。

10大輸出品目のうち輸出が増加したのは、自動車(5.3%)が唯一だった。 政府の年間輸出実績に言及したい気に値する実績である。

2019年20大主要輸出品目の規模と増減率(単位:百万ドル、%)ⓒ産業通商資源部
より大きな問題は、今年も、特定の業種を除いては、産業全体としての輸出の見通しが明るくないということだ。 政府は、第1四半期の輸出の早期プラス転換を目指し総力対応システムを稼動して品目・市場・主体革新を推進すると明らかにしたが、実質的に信じているコーナーは、半導体市況回復一つだけだ。

半導体は、2018年の輸出6000ドル突破を導いた項目である。 当時もほとんどの輸出品目がマイナスを撮るなどの輸出状況が全体的に良くなかったが、半導体が爆発的な市況上昇に支えられ、輸出でなんと29.4%の輸出増加を示したのに支えられ、輸出全体が5.5%増加した。

先に2017年にも57.4%の輸出増加を見せた半導体は、2年間のスーパーサイクルを終えて昨年調整を経た。

事実上、これまでの全体的な輸出不振が半導体チョホファンに包まれているが、昨年の赤裸々に明らかになったものと見ることができる。

半導体市況は今年反発する可能性が高い。 メーカーの物量調節と大IT需要企業のサーバーの導入、マイクロソフト(MS)のオペレーティングシステム(OS)Windows 7のサービス終了に伴うPCの香り需要の増加は、5世代移動通信(5G)・人工知能(AI)・モノのインターネット(IoT)などのIT新技術の普及などが肯定要因である。

ただしバンドゥンポクには限界があるという予想である。 業界では、新年にも世界的な景気低迷が続く可能性が高いうえ、米中貿易紛争再発の可能性とグローバル貿易主義の強化などの不確実性の要因があり、半導体市況が回復傾向に入っても2017〜2018年のようなスーパーサイクルが再び手に入れにくいものと見ている。

業界のある関係者は、「2017〜2018年の半導体好況があまりにも爆発的だったので、2018年の水準まで回復しなるには、もう少し時間が必要とみられる」とし「今年は良いこと2017年の水準に達するだろう」と述べた。

2018年の半導体の輸出額は、1267億600万ドルで、2017年979億3700万ドルで29.4%増加したが、再昨年939億3600万ドルで25.9%減少した。

半導体業況見通しを反映して、半導体の輸出が2017年と同様の水準に回復されると仮定してもせいぜい4%台の成長を示すだけである。 韓国全体の輸出でマイナス要因にならないだけで、過去のように、他の業種の駅成長まで挽回し堪え周期円限界がある成長率である。

2020年の韓国経済の変更の見通しの対外取引見込み。ⓒ現代経済研究院
他の業種の輸出見通しは、半導体よりも暗鬱である。 昨年主力輸出品目の中で唯一の成長を記録した自動車の場合、今年のグローバル市場の状況がより困難になる見通しだ。

現代車は去る2日、昨年の販売実績を発表し、「今年も米国やヨーロッパなどの先進市場の低迷と世界的な低成長基調の長期化は、貿易紛争に台頭した保護貿易主義の拡散などの影響で市場環境が難しいだろう」と予想した。

特に主要国の環境規制強化は、自動車業界にしばらくの脅威要因である。 環境規制の強化は、エコカーの輸出拡大要因になったりが、それよりも内燃機関の自動車販売の減少効果がより大きいからである。

ルノー三星自動車の日産ログ米国の輸出量受託生産契約終了と韓国GMの輸出量の低下も国内の自動車輸出の減少の原因として作用する可能性が大きい。

米国トランプ政権の「輸入車と部品の貿易拡大法232条の適用」も、潜在的な脅威である。 ドナルド・トランプ米国大統領が継続して決定を先送りしているが、貿易拡大法232条発動されて、韓国産自動車の20%の関税が付く場合、事実上、米国への輸出の長さスタックされる。 2018年に韓国から米国に輸出した自動車は81万台で、全体の自動車輸出の33%を占めた。

◆自動車・精油・化学などの輸出展望」暗鬱」

石油化学製品や石油製品の輸出見通しも明るくない。 韓国輸出入銀行海外経済研究所は、今年の石油化学製品の輸出規模は400億ドルで、前年比6%減少すると予想した。 国際原油価格下落傾向が続いて世界的な景気減速と米国発供給過剰などで製品の価格が低下するという分析に基づくものである。

石油製品も中国などの供給拡大と世界的な景気低迷による需要の鈍化に1.6%ほど減った400億ドルを輸出するためにとどまると予想した。

船舶の輸出はやや回復だろうが、半導体と同様に、昨年の反動レベルにとどまる可能性が高い。

国内造船メーカーが強みを持つLNG船舶受注の増加などの要因が全体的な受注反発を導くだろうが世界的な景気低迷の長期化に造船市場全体が大幅に回復なるよう期待するのは難しい状況である。

結局、今年の輸出は、昨年二桁の減少の反動でプラス成長に懸垂するだけで、1年間のマイナス成長を補うには非常に不足し成長率にとどまると予想される。

現代経済研究院は先月発表した「2020韓国経済の変更の見通し」で、今年の輸出増加率を上半期0.4%、下半期4.1%など平均2.3%と予想した。

ソースは韓国語でグーグル翻訳

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D101%26oid%3D119%26aid%3D0002374614&usg=ALkJrhgOmdHE09kX73OXwlkWYIoazGGIQA

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

米大統領、報復なら52施設攻撃と警告

米大統領、報復なら52施設攻撃と警告

記事要約:アメリカとイランの情勢について気になる情報が入ってきた。トランプ大統領がTwitterで、イランの報復なら重要施設を含む52施設を短時間で攻撃すると警告している。

>トランプ米大統領は4日のツイッターで、革命防衛隊精鋭部隊の司令官殺害にイランが報復した場合、イランの重要施設を含む52カ所を短時間で攻撃し「大きな打撃を与える」と警告した。

先ほどのイラクの米大使館や米軍基地を狙ったロケット砲がイランの報復と決まったわけではないが、司令官を殺されたイランがこのまま何もしないはずもなく、一気に開戦すらありうるという事態となっている。

これはどうしたものか。世界中の市民が湾岸戦争の再来を懸念しているとおもうが、攻撃されたら反撃するのは当然だからな。仮にイランが米軍基地や米大使館を攻撃したとなれば、反撃しないとアメリカのメンツは立たない。しかし、先にやったのはアメリカである。司令官を殺されて報復しなければ、イランはアメリカに屈したことになるからな。もはや、負の連鎖である。どこかで止まればいいんだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

米大統領、報復なら52施設攻撃と警告

【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日のツイッターで、革命防衛隊精鋭部隊の司令官殺害にイランが報復した場合、イランの重要施設を含む52カ所を短時間で攻撃し「大きな打撃を与える」と警告した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000012-kyodonews-int

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

韓国経済、【キャピタルフライト】海外企業、韓国投資を続々と放棄 外国からの投資額は2018年より激減

韓国経済、【キャピタルフライト】海外企業、韓国投資を続々と放棄 外国からの投資額は2018年より激減

記事要約:ムン君は目指す理想の社会は赤化という平等なので資本主義とは大局的な存在。だから、ムン君が韓国の大統領になってから、海外企業が韓国投資を続々と放棄していくのは計算通りである。しかも、ムン君が就任した2018年から、外国からの投資額が激減しているという。うん。完璧だな。

> 外国企業が韓国を無視している。優れた人的資源や産業インフラなどの利点にもかかわらず、「企業に困難な国」という認識が強まっているためだ。急な人件費の上昇と企業規制の強化などで経営の不確実性が高まった影響が大きい。今年は外国企業への租税減免が廃止され、「ニンジン」さえ消えた。

優れた人的資源?産業インフラ?そんなものが韓国のどこにあるんだ?ああ、あれか労働貴族という世界最凶の人的資源を指すのか。むしろ、優れた人的資源が一番問題ではないのか。

会社が存続危機でも給料をあげろ、ボーナス出せ、でないとストライキするぞ。 俺の息子や知人は積極的に雇用しろ。出ないと、火炎びん持ってストライキするぞ。働くときはスマホで映画を見せろ。Wi-Fi切ったら、バールのようなもので社長室に乗り込んだあげく、ストライキするぞ。確かに優れている人的資源だよな。絶対零度のマイナスぐらいにな!

> 工業用接着剤を製造する欧州系化学企業P社は韓国投資計画を最近白紙化した。韓国に生産拠点を造成すると物流費を20%程度節約することができたが、最終段階でベトナムを指名した。強化されている化学物質関連の規制が足を引っ張った。中略

物流費が20%節約できても、それ以上に酷い目に遭うからな。実に懸命な選択である。

>韓国を無視する外国企業が増えている。過度な企業規制と硬直労働市場、反企業情緒の拡散などの影響が大きい。シンガポールなどの競争国は外国企業を誘致するために破格的な恩恵を提示するのに比べ、韓国は利点さえなくしているという指摘も出ている。中略

利点さえなくしている。いや、ほぼデメリットしかないだろう。唯一のメリットは工場の電気代が安いぐらいだが、停電したら工場は止まるからな。

>韓国投資忌避現象は、統計で確認される。 29日、産業通商資源部によると、2019年第3四半期までの製造業の外国人直接投資(FDI・届出基準)は34億7000万ドルを記録した。前年同期(83億7800万ドル)に比べ58.7%減少した。中略

6割ほど減少しているのか。キャピタルフライトは順調のようだな。おかしいな。それなのに株価は高いままなんだよなあ。いやあ、不思議だな。さて、ソースは韓国語なので韓国人の反応を見ておこう。

まあ、これは予想できただろう。共感63、非共感が2336となった。明らかにムン君の計画通りに赤化、平等化が進んでいるものな。しかし、さすがムン君だな。ちゃんと海外企業を追い出して、韓国を孤立化させようとしている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【キャピタルフライト】海外企業、韓国投資を続々と放棄 外国からの投資額は2018年より激減

韓国に投資しようとしたソルベー… 規制に驚いてシンガポール行き
2019.12.29。 17:40

企業が難しい国

(3)韓国を無視する外国企業

去る3月、ユ・ミョンフイ産業通商資源部通商交渉本部長が、訪韓したソルベー最高経営責任者(CEO)を訪ねた。ソルベーの新製品「特殊ポリマー」パイロットプラントを韓国に誘致するためだった。

1863年、ベルギーに設立されたソルベイは、自動車などに入る特殊素材分野で世界1位の企業である。2016年に1200億ウォンをかけてセマングムに工場を建てるほど、韓国への投資にも積極的であった。

今度は違った。最近ソルベイ本社はシンガポールに工場を建設することにした。外資系企業の関係者は29日、「ソルベ―経営陣が韓国で強化されている化学物質規制と州52時間労働制などを負担に感じて、シンガポール行きを決定した」と説明した。

外国企業が韓国を無視している。優れた人的資源や産業インフラなどの利点にもかかわらず、「企業に困難な国」という認識が強まっているためだ。急な人件費の上昇と企業規制の強化などで経営の不確実性が高まった影響が大きい。今年は外国企業への租税減免が廃止され、「ニンジン」さえ消えた。中略

シンセドン淑明女子大経済学部教授は「企業の規制がますます強化され、韓国が投資先としての魅力を失っている」と指摘した。

工業用接着剤を製造する欧州系化学企業P社は韓国投資計画を最近白紙化した。韓国に生産拠点を造成すると物流費を20%程度節約することができたが、最終段階でベトナムを指名した。強化されている化学物質関連の規制が足を引っ張った。中略

韓国を無視する外国企業が増えている。過度な企業規制と硬直労働市場、反企業情緒の拡散などの影響が大きい。シンガポールなどの競争国は外国企業を誘致するために破格的な恩恵を提示するのに比べ、韓国は利点さえなくしているという指摘も出ている。中略

「理解しにくい規制が多い」

韓国投資忌避現象は、統計で確認される。 29日、産業通商資源部によると、2019年第3四半期までの製造業の外国人直接投資(FDI・届出基準)は34億7000万ドルを記録した。前年同期(83億7800万ドル)に比べ58.7%減少した。中略

韓国を新規投資地域から除外する外資系本社が増えているというのが韓国支社の関係者の話だ。今年初め、忠南天安工場の新設を放棄した世界3位の自動車部品メーカー、コンチネンタルグループが代表的である。

外資系企業の関係者は、「規制自体も問題だが、世論に基づいて、企業の規制が行ったり来たりする不確実性を本社がより大きく懸念している」と指摘した。

ソースは韓国語

https://translate.google.com/translate?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3FrankingType%3Dpopular_day%26oid%3D015%26aid%3D0004264799%26date%3D20191229%26type%3D1%26rankingSectionId%3D101%26rankingSeq%3D30

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
32

必読!イラクで米大使館と米軍基地がロケット弾攻撃受ける スレイマニ司令官殺害の報復か

必読!イラクで米大使館と米軍基地がロケット弾攻撃受ける 負傷者5名 スレイマニ司令官殺害の報復か

記事要約:なんだろうか。寝て起きたら世界情勢が大きく動いていたとでもいうのか。イランは米国にスレイマニ司令官を殺されて「報復」宣言していたので、何かしらの軍事行動を行うと予測は出来たが、どうやら、イラクで米大使館と米軍基地がロケット弾で攻撃を受けたようだ。

>アメリカ軍がイランの精鋭部隊の司令官を殺害し、緊張が高まっているイラクの首都バグダッドで4日午後、アメリカ大使館がある地区にロケット弾が着弾しました。

一応、怪我人は出ていないてことで幸いであるのだが、これはイランからの攻撃なのかはまだよくわかっていない。イランがはっきりと報復というかもわからない。もっとも、イランからの攻撃である可能性は高い。

ただ、米国とイランの関係を悪化して利益を得る組織が動いた可能性もあり、ここから大規模な戦争になるのか。中東情勢がさらに緊迫化してしまい、ホルムズ海峡の封鎖なども囁かれている最悪な事態に向かいつつある。

今日は緊迫する中東情勢に動きがあれば伝えたいが、お正月おわりにとんでもないことになってきているという。年明けの日経平均が暴落しなければいいんだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

必読!イラクで米大使館と米軍基地がロケット弾攻撃受ける スレイマニ司令官殺害の報復か

イラク 米大使館がある地区にロケット弾が着弾
2020年1月5日 2時48分米イラン対立

アメリカ軍がイランの精鋭部隊の司令官を殺害し、緊張が高まっているイラクの首都バグダッドで4日午後、アメリカ大使館がある地区にロケット弾が着弾しました。

詳しい状況は分かっていませんが、イランが司令官の殺害を受けてアメリカに報復する構えを見せているときだけに、緊張がさらに高まることも予想されます。

アメリカ軍などによりますと、イラクの首都バグダッドの北およそ90キロのところにある、アメリカ軍も使用するイラク空軍の基地に4日午後、ロケット弾が撃ち込まれました。

また同じころ、バグダッドの「グリーンゾーン」と呼ばれる、アメリカ大使館がある地区にもロケット弾が1発、撃ち込まれました。

いずれもけがをした人はいませんでした。

これらのロケット弾を誰が発射したのか、詳しいことはわかっておらず、地元の警察などが捜査しています。

イラクでは先月、北部にあるイラク軍の基地にロケット弾が撃ち込まれ、駐留するアメリカ国籍の民間人やアメリカ軍兵士の合わせて5人が死傷しました。

アメリカ軍はこれに対する報復措置として、イランが支援するイスラム教シーア派の武装組織の拠点を攻撃し、さらにはイランの精鋭部隊、革命防衛隊のソレイマニ司令官をバグダッドで殺害しました。

これに対しイランは、アメリカに報復する構えを見せていて、こうした中でロケット弾が撃ち込まれただけに、アメリカとイランの間で緊張がさらに高まることも予想されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200105/k10012235661000.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
33