【武漢肺炎】死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナの可能性 当局が5大都市でウイルス検査開始

【武漢肺炎】死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナの可能性 当局が5大都市でウイルス検査開始

記事要約:米国、インフルエンザが猛威を振るっているというのは聞いたことあると思うが、なんと、実はそれが新型コロナウイルス、つまり、武漢肺炎の可能性があることがわかった。仮にこれが事実なら米国も都市封鎖か。

1万人死んでいる奈良、相当なウイルスが米国中にばらまかれているということになる。米国がまさか、検査もしてなかったとか信じられないが…。

>米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。麻酔科医の筒井冨美氏は、「インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」という――。

さすがにこれだけ脅威を振るっていてその可能性を米国が考えてないとか…。これコロナ患者がいたらどうするんだ。急に隔離でもするのか。1万人死んでいるんだぞ。しかも、患者数2600万人以上とか。まあ、かなり怖い事態であるが、まだそうと決まったわけではない。米国の発表を待つしかあるまい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

【武漢肺炎】死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナの可能性 当局が5大都市でウイルス検査開始

米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。麻酔科医の筒井冨美氏は、「インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」という――。

■インフル患者の中に新型コロナ感染者が相当数含まれる可能性

世界的に新型コロナウイルス関連のニュースが相次ぐ中、2月14日、筆者たち医師にとって極めて気になるニュースが飛び込んできた。それは、米当局が「インフルエンザに似た症状が確認された患者に対し、新型コロナウイルス検査を開始する」というものである。

※中略

■米疾病対策センターが「方針転換した」コワい意味

CDCのウェブページによると、新型コロナウイルスとは「中国発祥の新規感染症」と扱われており、2月上旬まで検査対象は「『中国への旅行者、旅行者と濃厚接触者』『発熱もしくは呼吸器症状がある人』の双方の条件を満たす」であり、2月14日時点での米国内患者数は443人検査したうち15人だった。

しかしながら、新型コロナは「ウイルスに感染しても無症状期がある」「無症状患者でも感染力がある」と判明しつつある。そのため、CDCセンター長は次のように宣言した。

「ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ニューヨークの5大都市における公衆衛生検査機関で、既存のインフルエンザ監視システムと協力して、インフルエンザに似た症状を示した患者に対しても、新型コロナ検査を開始する」

つまり、大量検査体制の確立もあって、CDCは「中国に無関係でも呼吸器症状があれば検査を行う」と方針転換したわけだ。

■インフル死者1万4000人中どれくらいの新型コロナ感染者がいるのか
※中略

■アメリカの新型コロナ「感染爆発」なら日本人はどう対処すべきか

このCDCの調査結果によっては、日本の防疫体制も「水際対策」から「すでに国内に存在する感染症との闘い」へと、根本的な変更を余儀なくされそうである。厚労省の対応はより早急なものが求められるようになる。

後手後手の感が否めない日本の新型コロナ対策だが、個人としてはどのように防衛すればいいのか。

仮に中国だけでなく、アメリカでも新型コロナ感染者が多数発生し、「感染爆発」という事態になったとしても、私たち日本人にできる感染症対策はこれまでと大きな変化はない。

「こまめな手洗い」
「マスク(一般用で十分)」
「症状があれば休んで自宅療養」
「不要な人混みへの外出を避ける」

これを徹底するしかない。そして医療者としては、この新型コロナを契機に、いざという時には職場(学校)ではインターネットを活用した在宅勤務(学習)を、行政には「オンライン診療」ができる仕組みづくりを考えるべきだと思っている。

https://president.jp/articles/-/33051

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
オバマ

アメリカも 検査をすれば コロナ増え!
米国で再検査をすれば、実態がわかるでしょう。米国では2,000万人のインフルエンザ感染で14,000人の死者と言われていましたが、この中に新型コロナウイルスの人も居るみたいですね。季節性インフルエンザならA型でもBでも気にしないですし、受診して5万円とか掛かり、薬も高くて、2週間も無理して働けば治るとすれば悪化して肺炎になるまで受診しないですね。
そう考えると日本で新型コロナ感染者が多いのは、日本の受診率の高さや検査能力の高さを示している気もしますね。

不識庵謙信

>受診して5万円とか掛かり、薬も高くて、2週間も無理して働けば治るとすれば悪化して肺炎になるまで受診しないですね
そういう事ですね。日本は例外的に誰でも安くできるだけで、米国も中国同様に医療費は高額。貧困層には医療費負担は重い。富裕層以外はなかなか医者にはかかろうとせず、かかる時期も遅い。そしてインフルエンザ感染者だったと医師も判断していたが、その中に武漢ウイルス感染者がいた・今もいる可能性が高いから感染チェックを全てやる、と言う事。リンク先の記事の著者は何を言いたいのか少しわかりにくいがCDC的にはキットの量と質が揃い、対応環境が整ったのだろう。

2600万人が感染して死者が1万4000人だから、致死率考えれば武漢肺炎自体は2600万の中での割合は少ないと思われる。インフルエンザの比率の方が当然圧倒的に高いだろうが、米国の武漢肺炎罹患者15人よりはもっと増えそうだ。去年から中国武漢から米国が入国禁止にするまでに入国した人数は相当の数になるのだから、今から追える数の精確さには限界があるが。

自由人

アメリカが中国に対する入国制限を発表した時点で、こういう事態があってもおかしくはないと考えていたのでさほど驚きはないし、アメリカでインフルエンザがヤバいと報道されているのを見て、本当にインフルエンザだけが原因なのかと疑っていたら、当たらずとも遠からずだったみたいだ。
そういえばアメリカの検査キットが問題になってたみたいだけど改善されたのだろうか。
やはり診断されていないだけで、世界中で相当数の感染者が存在している可能性が高く、世界的なパンデミックだと、これから判明していくのかもしれない。
今思えば今年の風邪はタチが悪くしつこいらしいと、昨年末聞いた覚えがあり、そのセリフ毎年言ってるだろと思い笑っていたが、その頃から日本でも感染者が存在していたとすると、妙に辻褄が合うというのは考えすぎだろうか。

日本人

震源地は武漢じゃなく、米国だったってオチですか?
ハワイ旅行で日本人感染とかプリンセス号の米国人感染とかも、繋がってくるような気がします。

それはそれとして、隠蔽に継ぐ隠蔽、捏造に継ぐ捏造でニッチもサッチも最早どうにもいかなくなっている彼の国が、、、

この先を行けば、どうなるものか。
偽わるなかれ、偽われば救い無し。
騙り出せば、その一口で穴に墜ち、その一言で沼に嵌る。
迷わず逝けよ、逝けば治るさ。