韓国経済、【おめでとう韓国!】家計負債1600兆ウォン突破

韓国経済、【おめでとう韓国!】家計負債1600兆ウォン突破

記事要約:韓国の家計債務がついに1600兆ウォンをしたという嬉しいニュースが舞い込んできた。もはや、あらゆる出来事が韓国経済を2020年に破綻させようと動いているとしかいいようがないのだが、まさか、トドメが武漢肺炎になるとは思いもしなかった。だが、武漢肺炎で家計債務がさらに急増するのは見ての通り。後はいつ爆発するかだ。

>家計負債残高が1600兆ウォン(約145兆円)を超えた。1年間で64兆ウォンほど増えた。年間増加速度は遅くなったが、主要国と比較すると依然として家計負債比率は高い水準だ。

それは家計債務以外の借金が増えているだけじゃないか。例えば、個人負債、カード負債、自営業負債とかな。企業の負債も増えているはずだ。隠れた負債については色々あるとおもうが、どちらにせよ韓国の負債は主要国と比較するなど無駄である。

なぜなら、ファンダメンタルズが違い過ぎるしな。しかも、内需の乏しい国が武漢肺炎でさらに内需を縮小させることにもなる。ついでに韓国への旅行も減るだろう。ええ?元々、観光客などたいしていない?管理人としては大韓航空、アシアナ航空辺りが破産してほしい。わかりやすいからな。

>韓国銀行は25日、「2019年10-12月期の家計信用(速報値)」を発表した。これによると、昨年末基準で家計信用残高は1600兆1300億ウォンだった。1年前と比較して4.1%増えた。家計信用は家計が銀行や保険・消費者金融など金融会社から借りた金額(家計向け融資)と決済前のクレジットカード使用額(販売信用)など返済すべき負債を合わせた数値だ。昨年末基準で家計向け融資残高は1504兆4000億ウォン、販売信用残高は95兆7000億ウォンだ。

韓国の家計債務は7割は不動産関連なわけだが、最近、家計信用、つまり、クレジットカード使用額が増えていると。消費者金融が儲かっているわけだ。

> 名目国内総生産(GDP)比の家計負債比率は昨年9月末基準で96.6%と確認された。6月末の95.6%よりやや上昇した。韓国銀行関係者は「最近は家計負債増加率が鈍化しているが、名目GDP増加率よりはやや高い水準で割合が上昇したとみられる」と話した。この割合がどの程度になると危険水位なのかの判断は難しいが、貸付が家計経済に負担を与えていることだけは確実だ。4-6月期基準で韓国の可処分所得比家計負債比率は186.1%で、経済協力開発機構(OECD)主要19カ国平均の130.6%(2018年)を大きく上回った。

つまり、韓国の家計債務は可処分所得比家計負債比率でも、OECDの平均を大きく上回ると。何位とは書いてないが、かなり上位ぽいな。でも、どうせなら200%を目指すべきだ。180%なんて中途半端だもんな。危険水位なのか判断できないとあるが、普通は経済破綻していてもおかしくない。きっかけもできた。後は盛大に夜空に打ち上げ花火を上げるだけ。残り、10ヶ月で是非とも、管理人の予測を的中させてほしい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【おめでとう韓国!】家計負債1600兆ウォン突破

家計負債残高が1600兆ウォン(約145兆円)を超えた。1年間で64兆ウォンほど増えた。年間増加速度は遅くなったが、主要国と比較すると依然として家計負債比率は高い水準だ。

韓国銀行は25日、「2019年10-12月期の家計信用(速報値)」を発表した。これによると、昨年末基準で家計信用残高は1600兆1300億ウォンだった。1年前と比較して4.1%増えた。家計信用は家計が銀行や保険・消費者金融など金融会社から借りた金額(家計向け融資)と決済前のクレジットカード使用額(販売信用)など返済すべき負債を合わせた数値だ。昨年末基準で家計向け融資残高は1504兆4000億ウォン、販売信用残高は95兆7000億ウォンだ。

昨年10-12月期の増加率は前年同期比4.1%で、7-9月期の3.9%に比べ小幅に上昇した。家計信用増加率は2016年10-12月期に11.6%まで上がった後、政府の高強度の融資規制の影響で昨年7-9月期まで11四半期連続で下落した。この流れが10-12月期に途絶えた。10-12月期の増加規模は27兆6000億ウォンで、前四半期の15兆8000億ウォン、前年同期の22兆8000億ウォンより多い。だが年間増加規模63兆4000億ウォンで2016年以降鈍化の流れが続いている。

名目国内総生産(GDP)比の家計負債比率は昨年9月末基準で96.6%と確認された。6月末の95.6%よりやや上昇した。韓国銀行関係者は「最近は家計負債増加率が鈍化しているが、名目GDP増加率よりはやや高い水準で割合が上昇したとみられる」と話した。この割合がどの程度になると危険水位なのかの判断は難しいが、貸付が家計経済に負担を与えていることだけは確実だ。4-6月期基準で韓国の可処分所得比家計負債比率は186.1%で、経済協力開発機構(OECD)主要19カ国平均の130.6%(2018年)を大きく上回った。

預金銀行は信用貸付が増えたが、住宅担保融資増加規模が減り7-9月期より貸し出し増加幅は縮小した。その他金融機関では住宅担保融資とその他貸付がともに増加した。韓国銀行関係者は「庶民向け借り換え融資など政策金融の一部が住宅金融公社に譲渡されたのに伴ったもの。保険会社などを中心にしたその他貸付も前四半期の減少から増加に転じた」と話した。10-12月期の販売信用はカード会社を中心に4兆6000億ウォン増加した。2016年10-12月期以降で最も多く増えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000003-cnippou-kr

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
不識庵謙信

可処分所得比家計負債比率だと順位だけなら北欧デンマーク、スウェーデン、ノルウェーやオーストラリア、スイスらと並び南朝鮮も上位国だろう。ベスト(ワースト?)5〜10にランクインというトコか?

「以前こちらでチョンセの負債額は家計に含んでいないという記事を見た記憶あるが、今も出してないままなのかに興味がある。おそらくは出てないという予想だが。そもそもかなりの額なので出したくない、出さない」などと書き込んだり質問したりして、南朝鮮の家計債務は個人的にも注目してる。
去年の家計の不動産ローン残高は1000兆ウオン超えたとか、家計債務1500兆ウオン越えたとか言ってた頃からwktk……いや、危ぶんでいた南朝鮮の家計債務もめでたく1600兆超えか。2018年10〜12月期の1535兆ウオンから1年後の2019年10〜12月期で1600兆ウオン達成と。爆弾の引き金は武漢肺炎による企業倒産か、米軍撤退か……
おっと最新の発表で、南朝鮮の武漢肺炎プラス169人で1146人か。

オバマ

家計もだ 政府も企業も みな債務!
JETROによると2019年の韓国の実質GNPは+2.0、物価上昇は0.4%、不思議なことに名目GNPの資料は、まだ未掲載であった。単純に2.0+0.4=2.4%としましょう。家計債務はほぼ4%増ですから、大幅に上回っていますね。しかも住宅融資から信用貸付にシフトしています。貸す側としては、事業用(収益物件)<個人住宅<信用貸付 と危険度が増すわけですし、これから韓国は人口減少ですから喜べませんよ。
政府債務、企業債務、事業者債務なども大幅増なので、コロナが終り、世界が復興需要に沸いて高金利になると韓国の頓死ですかね。縁を切れる企業には縁切りをお勧めします。