韓国経済、「チェ被告が日韓合意に介入」裏付けなし 聴取結果発表

韓国経済、「チェ被告が日韓合意に介入」裏付けなし 聴取結果発表

記事要約:例の占い師であるチェ被告が日韓慰安婦合意に介入したと韓国人は叫んでいたのだが、どうやら聴取結果では介入した裏付けはなかったようだ。これで日韓慰安婦合意は朴槿恵大統領が占い師に操られていたから無効だという韓国人の固有の主張は使えなくなった。そもそも、日韓慰安婦合意に関係しているのはアメリカだろうに。さすがにただの民間人が国家の外交に関与するのは難しいだろう。

だいたい、何でもかんでも朴槿恵大統領や占い師のせいにして自分たちの責任というものを全く認識していない。占い師が裏に関与していたのはやはり、自分たちの利権を拡大するようなところだろう。そういえば、賄賂を占い師に渡したとかでサムスン電子の副会長に逮捕状請求されたんだよな。実際、逮捕されてもそのうち釈放されるだろうが。どう見てもしっぽ切りなんだよな。

ともかく、これで日韓慰安婦合意は韓国の朴槿恵大統領、自らによって合意されたものということになる。韓国人には都合が悪いのだろうが、そんなことは日本人は知らないからな。さっさとソウル大使館前と領事館前の慰安婦像を撤去して二度とその場所に建てないように誓うんだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

 

韓国経済、「チェ被告が日韓合意に介入」裏付けなし 聴取結果発表

朴槿恵(パククネ)韓国大統領を巡る疑惑で、特別検察官の捜査チームは14日、朴氏の支援者、チェ・スンシル被告が日韓慰安婦合意に介入した可能性があるとして、日本で活動する韓国人学者を参考人として事情聴取した。

捜査関係筋によれば、検察当局は、この学者がチェ被告と共に、慰安婦合意を主導した李丙琪(イビョンギ)元大統領府秘書室長に接近した疑いを持っている。捜査チームは、ソウルに一時帰国中の学者を出国禁止処分にし、事情を聴取した。

学者は検察に対し、チェ被告も李氏も会ったことがないと全面的に関係を否認したという。学者は出国禁止処分を解かれ、すでに日本に戻った。

捜査チームは16日午後の記者会見で「この問題を確認した結果、チェ被告とは関係がないと判断した」と語った。
(以下略、続きはソースでご確認下さい)

(http://www.asahi.com/articles/ASK1J3F28K1JUHBI00D.html?iref=comtop_latestnews_03)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ss65 (@guest_4290)
2017年1月16日 8:45 PM

「チェ被告が日韓合意に介入」⇒「日本で活動する韓国人学者を参考人」
⇒「すでに日本に戻った」

やだねー、スパイを呼び返して、もっと探ってこい、みたいで。。。