韓国経済、〔お断りします〕韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長「日本・韓国・中国・北朝鮮で2030年W杯共催を」

韓国経済、〔お断りします〕韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長「日本・韓国・中国・北朝鮮で2030年W杯共催を」

記事要約:韓国のサッカー協会のチョン・モンギュ会長「日本・韓国・中国・北朝鮮で2030年W杯共催を」というとんでもないことを言い出した。もう、突っ込むしかない。絶対お断りだと。2002年、日韓ワールドカップはまさに悪夢だった。やらせしまくりの韓国によってもう世界中のサッカーファンから反感を食らった。

>国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は先日、2026年以降のW杯について、複数国での共催を奨励する意向を示していた。「2つか3つ、4つの国で共催」することが想定され、「近隣国で開催するのが理想的だ」と同会長は話していた。

そのような開催は現実的ではないというか。4カ国で開催するにしても場所どうするんだという。実際、まずあり得ないが日本だけは協力することはない。どうして、日本の敵国である3国と共同開催なんだよ?そもそも、北朝鮮と日本は国交すらないではないか。

日本を抜いて3カ国で共同開催するなら好きにすれば良い。問題は世界中のサッカーファンからブーイングの嵐だということだ。スペインやポルトガル、ドイツなんて出場することすら辞退するかもしれない。

でも、2030年に韓国も北朝鮮もなさそうなんだよな。中国でさえ分裂している恐れもある。後、13年後だからな・・・。先のことはわからないものだ。いくらFIFAが賄賂付けになっているとはいえ、さすがに全世界から批判されるような決定はしないだろう・・・と思いたい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~210回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

 

韓国経済、〔お断りします〕韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長「日本・韓国・中国・北朝鮮で2030年W杯共催を」

韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長は、2030年のサッカーワールドカップ(W杯)を韓国と北朝鮮、日本、中国の“4ヶ国開催“の形で開催することを目指して招致を行っていく意志を明らかにした。韓国大手ポータルサイト『NAVER』が2日に伝えている。

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は先日、2026年以降のW杯について、複数国での共催を奨励する意向を示していた。「2つか3つ、4つの国で共催」することが想定され、「近隣国で開催するのが理想的だ」と同会長は話していた。

このFIFAの意向も受け、チョン・モンギュ会長は東アジア4ヶ国での共催という仰天のプランを推し進めようとしているのだという。2日にソウルW杯スタジアムで開催されたセレモニーに出席し、その意向を明らかにした。「最近FIFAは、2026年と2030年のW杯を複数国で共催することを決めた。韓国と北朝鮮だけでなく、中国と日本もW杯を共催することを私は望んでいる。2030年大会を招致したい」と話している。

2002年W杯は日本と韓国の2ヶ国開催として行われ、現時点では唯一W杯が複数国で共催された例となっている。それから28年を経て、複雑な国際関係にある4ヶ国で再びサッカー界の最大のイベントを開催するという衝撃のプランが実現する可能性はあるのだろうか。

フットボールチャンネル

(https://www.footballchannel.jp/2017/03/02/post200226/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

捕手(日本人) (@guest_4819)
2017年3月3日 2:23 PM

 複数国で共催なんて、決勝戦をどこでやるかで絶対もめるだろうし、移動やスケジュール管理が大変になるだけだろう。
もし本当にやるつもりなら北朝鮮と韓国だけでやってくれ。
2002年日韓共催のときの韓国の試合は、酷い試合ばかりだったけど、イタリア戦が特に酷かったのが印象的だったな。
肘打ち膝蹴りなんて当たり前、倒れ込んだ選手の後頭部を蹴ったり、ボールではなく明らかに相手選手を狙った危険なスライディング、度重なるラフプレーにも何故か主審はレッドカードもイエローカードも出さない、さらにイタリアの得点が不可解なオフサイド判定で取り消し、あんな酷い八百長試合は初めて見た。
悔しそうにピッチを後にするイタリア代表の背中が今でも忘れられない、あんな悪夢みたいなワールドカップはもう二度と見たくない。

AORI ちやん (@guest_4823)
2017年3月3日 5:38 PM

言うのは無料って 其の物ですね好きにせい、日本はお断り。