韓国経済、〔文在寅大統領〕中国主席、文氏に祝電=「韓国重視」と強調

韓国経済、〔文在寅大統領〕中国主席、文氏に祝電=「韓国重視」と強調

記事要約:さきほど、安倍総理の祝電を紹介したわけだが、韓国に重要な祝電は米中、ロシアと北朝鮮である。後はただの外交儀礼みたいなもの。特に韓国のTHAAD配備を巡る対立において米中が韓国の文在寅大統領にどのような内容の祝電を贈るかは重要だろう。ということで、次は中国の習近平国家主席から。

>中国の習近平国家主席は10日、韓国大統領に就任した文在寅氏に祝電を送った。その中で習氏は「私は韓国と中韓関係を重視している」と強調。「相互理解と相互尊重の土台の上に政治的信頼を固め、(両国間の)相違に適切に対処したい」と訴え、新政権との協力強化を模索する考えを示した。

中韓関係(韓国のTHAAD配備中止)重視している。相互理解(韓国のTHAAD配備中止すること)と相互尊重の土台(韓国のTHAAD配備中止で)の上に政治的信頼を固めると。管理人が注釈をいれるとこのようになる。日本とは全然ちがう。良い関係を築きたければ韓国のTHAAD配備をなんとかしろと。

>習主席は「国交樹立以来25年間、両国関係は全面的に発展し、両国民に実益をもたらしたほか、地域の平和と発展に積極的な貢献をしてきた」と指摘。「あなたと共に努力し、関係をさらに発展させたい」と呼び掛けた。

25年で準断交の危機となっているわけだが、韓国のTHAAD配備は一体どうなるのか。ムン・ジェイン大統領に委ねられた決定が韓国の未来に大きな影響を与える。THAAD配備するにしてもトランプ大統領が要求する10億ドルをどうするかという問題もある。いやあ、最初から絶体絶命というのが面白いよな。最初から文在寅大統領の物語はクライマックス、佳境といった様相である。

でも、どう考えても中国経済圏に属する韓国がこのままTHAAD配備して、中国と準断交状態では生きていけない。さっさとTHAAD配備を中止にして2つの宗主国(中国と北朝鮮)に忠誠を誓い、万年属国である証の朝貢関係を復活させるのだ。今の韓国株価は上手くいっているように見えるが、どう考えてもご祝儀相場ではなく下がっているからな。結果は後で紹介する。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔文在寅大統領〕中国主席、文氏に祝電=「韓国重視」と強調

【北京時事】中国の習近平国家主席は10日、韓国大統領に就任した文在寅氏に祝電を送った。その中で習氏は「私は韓国と中韓関係を重視している」と強調。「相互理解と相互尊重の土台の上に政治的信頼を固め、(両国間の)相違に適切に対処したい」と訴え、新政権との協力強化を模索する考えを示した。

習主席は「国交樹立以来25年間、両国関係は全面的に発展し、両国民に実益をもたらしたほか、地域の平和と発展に積極的な貢献をしてきた」と指摘。「あなたと共に努力し、関係をさらに発展させたい」と呼び掛けた。

(http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051000584&g=int)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ほわい (@guest_5839)
2017年5月10日 7:56 PM

9月3日の戦勝記念日の席は用意しているからな。
去年来て今年来ないなんてまさかねーだろな おい
キンペー