韓国経済、韓国の国民純資産、前年比5.8%増…不動産比率が86%

韓国経済、韓国の国民純資産、前年比5.8%増…不動産比率が86%

記事要約:韓国の国民純資産が2016年1景3078兆ウォン(約1280兆円)で、前年比と比べて5.8%増加したという。本来なら、喜ばしいニュースなわけだが、一体、どんな資産が増えたかが重要だ。

> このうち不動産が占める比率は86%を越える。土地資産(6981兆2000億ウォン)と建設資産(4323兆8000億ウォン)の合算額が1景1305兆ウォンで、全体国富の86.4%を占めた。特に、土地資産は不動産市場の好調に後押しされて非生産資産の増大をけん引した。土地資産が非金融資産に占める比率は昨年末54.8%で、2014年(53.6%)以降、緩やかに上昇している。

なるほど。不動産が86.4%と。確かに土地も家も資産もあるのだが、それって不動産バブルじゃないのか?そもそも韓国人の国民純資産の9割が土地ってどうなんだ。

これが2014年までの日本の国民純資産である。その中で土地を見ればわかるが1100兆円ぐらいだ。全体が3300兆円のうちのだいたい3割を締める。日本と比較して明らかに韓国の国民純資産の約9割が「不動産」というのはおかしい。土地資産の評価額が増えすぎじゃないか。だいたい韓国の土地なんて朝鮮半島有事もあるのに誰が欲しいというのか。投機対象にしすぎて値段を跳ね上げているだけじゃないか。

不動産バブルなのは確認できたが、喜べる中身ではなかったな。不動産バブルがいつか弾ける。土地の評価なんて上がったり、下がったりする。その資産が9割とか危ういどころじゃないな。不動産バブルが弾けたら一気に経済危機に陥りそうなレベルだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国の国民純資産、前年比5.8%増…不動産比率が86%

14日、韓国銀行によると、国富を意味する国民純資産は2016年1景3078兆ウォン(約1280兆円)であることが集計を通じて分かった。これは前年に比べて715兆ウォン(5.8%)増加した規模で、名目国内総生産(GDP)の8.0倍に達する。

このうち不動産が占める比率は86%を越える。土地資産(6981兆2000億ウォン)と建設資産(4323兆8000億ウォン)の合算額が1景1305兆ウォンで、全体国富の86.4%を占めた。特に、土地資産は不動産市場の好調に後押しされて非生産資産の増大をけん引した。土地資産が非金融資産に占める比率は昨年末54.8%で、2014年(53.6%)以降、緩やかに上昇している。

家計および非営利団体が全体国民純資産の57.6%に達する7539兆ウォンを保有し、純資産が最も多かった。一般政府(3543兆6000億ウォン、27.1%)、非金融法人企業(1719兆7000億ウォン、131%)、金融法人企業(275兆6000億ウォン、2.1%)が後に続いた。

ただし、非金融法人が非金融資産増加額を拡大させて純資産増加が高まった反面、家計および非営利団体は純金融資産増加額が減って純資産増加は5.0%にとどまった。

韓銀関係者は「国民純資産が増えたのは不動産市場の好調で土地資産の評価額が高まり、経常収支黒字規模が維持されて純対外投資のプラス規模も増えたことに起因する」と説明した。

(http://japanese.joins.com/article/174/230174.html?servcode=300&sectcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る