韓国経済、〔韓国軍事〕【社説】在韓米軍撤退論、聞き流すことではない

韓国経済、〔韓国軍事〕【社説】在韓米軍撤退論、聞き流すことではない

記事要約:トランプ大統領がどこまで韓国から軍を引き揚げる計画を考えているかは定かではないが、わりと韓国メディアはこの発言に危機感を抱いてるようだ。一生懸命、在韓米軍撤退論なんてあり得ないと払拭しようとしている。でも、文在寅大統領は韓国軍の統帥権を返してもらうと述べていたではないか。それを返せば、後では在韓米軍も撤退するのではないか。

>大騒ぎすることではないが、決して軽く聞き流すことでもない。我々には「リンチピン(核心軸)」と呼ばれる韓米同盟をさらに強化し、より円滑に進むよう整えることしか選択肢がない。

そんなわけないだろう。THAAD配備を中止にして中国の属国として生き残る道だって存在する。選択肢がないなどただの幻想である。そもそも、米軍は遅かれ速かれ撤退はするだろう。韓国を守るに値しないのは文在寅大統領を見ればわかるからな。だいたい、管理人はトランプ大統領がどうして韓国大使の後任を決めていないのかいつも気になっているぞ。つまり、韓国に大使を置く必要性を感じていないのだ。もはや、遅いとか言い訳できないほど時間が経過しているからな。

米国もこれ以上、面倒なことに付き合う理由もなく、米軍が沖縄か、グアム辺りに引き上げれば後は北朝鮮が勝手に開戦してくれるだろう。南北、どちらが勝つのか。管理人は勝敗にはそれほど興味ない。北朝鮮に占領されるのも自業自得だし、そういう道を選んだのも韓国人だろう。そろそろ、自分たちのことは自分たちで解決すればいいではないか。

文在寅大統領が北朝鮮ミサイルを狙っているとしたら、一連の動きには関連性というものが見えてくる。北と同化したいために議会を廃止するというアイデアには驚いたが、就任100日目からやる気を出してくるとは、彼はスロースターターだったようだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国軍事〕【社説】在韓米軍撤退論、聞き流すことではない

在韓米軍撤退論がトランプ米大統領の最側近から公開的に出てきたのは意味深長だ。スティーブ・バノン米大統領首席戦略官・上級顧問が進歩性向のオンラインメディア「アメリカンプロスペクト」のインタビューで「中国が北朝鮮の核開発を凍結させる代わりに米国は在韓米軍を撤収する内容の交渉を考慮することができる」と述べたのだ。もちろんバノン氏は自ら「そのような取引ははるか遠い」と認めたうえ、在韓米軍が撤収するからといって北朝鮮が核を放棄する可能性はないだけに、在韓米軍撤退論の現実性は大きくない。

しかし米政権が提示する対北朝鮮対話の条件が「非核化」から「核凍結」や「挑発中断」に低まる状況で、米軍撤収の声が米国内で少なからず出てくるのは懸念される。米国に常数だった在韓米軍の存在がしだいに変数になるのではと考えられるからだ。これに先立ちヘンリー・キッシンジャー元国務長官らも北核廃棄と在韓米軍撤収の交換カードを提示したりもした。

このように微細ではあるが明確な米国の変化は、米国も北朝鮮の核問題に確実な解決法を持っていないことから始まる。米政権内の対北朝鮮政策をめぐる食い違いもそのために出てくる。こうした状況では代案がないと判断される場合、韓国を排除した朝米間の対話が行われる可能性があり、我々には考えたくもない最悪の状況に直面するケースも考えられる。

大騒ぎすることではないが、決して軽く聞き流すことでもない。我々には「リンチピン(核心軸)」と呼ばれる韓米同盟をさらに強化し、より円滑に進むよう整えることしか選択肢がない。

少しの摩擦音も逃さず点検し、わずかな亀裂も精巧に補修する必要がある。それだけが「韓半島(朝鮮半島)で戦争は必ず防ぐ」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国民との約束を守る道でもある。

(http://japanese.joins.com/article/489/232489.html?servcode=100&sectcode=110)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ss65 (@guest_7264)
2017年8月21日 9:03 PM

まず米軍撤退の話が出たら、F35の話は「パ~」、、次に米の訓練機受注の話も「パ~」、、そしてイージスシステムから識別コードやら・・・要するに米の技術と仕事が無くなるのが怖い、、
「戦争は必ず防ぐ」 ⇐ 違和感 満載だろ!。。。

酔って候 (@guest_7266)
2017年8月21日 10:47 PM

> 米国も北朝鮮の核問題に確実な解決法を持っていないことから始まる。
> 米政権内の対北朝鮮政策をめぐる食い違いもそのために出てくる。
一番食い違っているのは、米韓間の対北朝鮮政策だと思うけどなぁ。第一、北爆をするな、と米国の行動を制限しているのは何処の大統領だったかなぁ。

> 我々には「リンチピン(核心軸)」と呼ばれる韓米同盟をさらに強化し、
「リンチピン(核心軸)」ねぇ。オバマ前大統領政権の後半には、既に使われなくなってますね。いつまでしがみつくつもりなのかな。

> 少しの摩擦音も逃さず点検し、わずかな亀裂も精巧に補修する必要がある。それだけが「韓半島(朝鮮半島)で戦争は必ず防ぐ」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国民との約束を守る道でもある。
その文在寅大統領閣下が米国に、戦時作戦統帥権を返せ、と要求し韓米同盟破棄の意向を米国に示したわけなのですが。もう忘れたのかな。

 (@guest_7270)
2017年8月22日 10:41 AM

蝙蝠外交をしている韓国を、米軍兵士を犠牲にしてまで守る必要は無いとして米軍は撤退すると思います。韓国は、北朝鮮や中国に飲み込まれると思います。
日本にとっても、反日国である韓国を助けるべきではありません。対馬に海上自衛隊や航空自衛隊を増強して対馬を日本の防衛ラインにすべきです。対馬にとっても人口が増え活性化すると思います。