韓国経済、〔超上から目線〕トランプ大統領が韓国に来るが…三流政治家から大政治家に飛躍する舞台であり機会だ

韓国経済、〔超上から目線〕トランプ大統領が韓国に来るが…三流政治家から大政治家に飛躍する舞台であり機会だ

記事要約:管理人はこの記事を読んで一瞬、目を疑った。誰が見てもオバマ大統領より、外交上手なトランプ大統領を名指しして三流政治家呼ばわりとか、凄い上から目線がきた。一体、この愚かな韓国人は何者なのか。金永熙(キム・ヨンヒ)/コラムニスト/論説委員 らしい。ああ、この論説委員終わったな。

中央日報はこんな記事を載せてトランプ大統領が怒らないとでも?ここまで舐めた口の利き方には驚いた。トランプ大統領は世界一の国家であるアメリカ合衆国の大統領である。韓国という比べものにならない国家の屑記者が3流政治家呼ばわりとか、身の程知らずも程があるな。大統領という職に敬意を払えない屑記者が何言おうかどうでもいいのだが、さすがにこれは制裁ものだろうな。韓国と一緒に。さらにこれである。

>トランプ大統領がソウルで発信するメッセージは最大の圧力と制裁であり、北朝鮮は核・ミサイル挑発をやめて対話のテーブルに出てこいという要求と警告となるだろう。トランプは思いつきでツイートしながら経済的利益を握る、無知だが賢い商売人だ。

トランプ大統領をトランプと呼び捨てにしたあげく、今度は無知という。いや、どう見ても世界中からこの論戦委員の方が「無知」だと評価されると思うが。論説委員が何かは知らないが、他国の大統領に敬意も払えないような記者を抱えている時点で中央日報の価値か劇的にさがるわけだが。これはやってしまったな。

>今日の北東アジアは、トランプ大統領が米国の利益ばかり考える三流政治家(politician)から、戦争の危機を防いでアジア・太平洋地域国家の共同繁栄の礎石を築いた大政治家(statesman)に飛躍する多くない舞台であり機会だ。深刻に冷え込んだ南北関係の水面下でもわずかに暖流の兆しが見えるのも、トランプ大統領の大政治家づくりにプラスになるだろう。

米国の利益ばかりを考える三流政治家?意味がわからない。普通は自分のところをファーストだろ?当たり前じゃないか。ああ、文在寅大統領は違うもんな。北朝鮮の利益を追求するからな。では、文在寅大統領は他国の利益を優先するから超一流とでもいうのか?この論説委員は頭おかいしんじゃないか。これを読んだらもう、大使の催促が来ていたが、考え直すんじゃないか。

米国の情報機関が中央日報のコラムをチェックしないわけないんだよな。もう、これでどうなるかは管理人は知らない。管理人はどこの国の大統領であろうが、それなりに敬意を払うからな。文在寅大統領だって呼び捨てにしたことは一度もないからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~240回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔超上から目線〕トランプ大統領が韓国に来るが…三流政治家から大政治家に飛躍する舞台であり機会だ

トランプ米大統領の11月7、8日の韓国訪問は、その重要性の順位で1952年12月のアイゼンハワー次期大統領の韓国訪問の次ぐ。アイゼンハワーは11月の大統領選挙の遊説で停戦協議が長引いている韓国戦争(朝鮮戦争)を早期に終息させるため就任前に韓国を訪問するという公約をした。彼は汝矣島(ヨイド)空港に到着し、東崇洞(ドンスンドン)第8軍司令部で過ごしながら米軍将軍や兵士から戦争状況について聞き、軍用機で戦線の地形地勢を観察した。

彼は北進統一を叫ぶ李承晩(イ・スンマン)大統領に会うのを避けた。アイゼンハワーは中央庁広場の市民歓迎大会もボイコットした。壇上の閣僚と壇下の数万人の市民は虚しく帰っていった。李承晩はあきらめなかった。彼は12月の酷寒にスーツ姿で光陵(クァンヌン)の韓国軍修道士団を視察中のアイゼンハワーを訪ね、ようやくプライドが高い次期米国大統領にしばらく会うことができた。米軍の将官の一人が寒さに震える李承晩に野戦ジャンパーをかぶせた。
(中略)

李承晩が自分を避けるアイゼンハワーを景武台に招致して会談していなければ、アイゼンハワーの戦争中の訪韓は韓米関係史に大きな一線を刻むことはできなかっただろう。

トランプ大統領は韓米関係が完全に違う状況で韓国に来る。アイゼンハワーは進行中の戦争を終わらせに来たが、トランプ大統領は戦争を防ぎに来る。アイゼンハワーの訪韓の結実である韓米同盟が60年余り守ってきた韓半島の武装平和がいつ壊れるか分からない、戦雲が迫る韓半島がトランプ大統領の訪韓の背景だ。北朝鮮の挑発であれ米国の先制攻撃であれ、韓半島がまた黙示録の現場になるかどうかは、トランプ大統領がソウルで世界に向かって発信するメッセージにかかっている。

いま北東アジアにはトランプ大統領の活用を待つ鼓舞的な変化の兆候が表れている。中国の習近平主席が現在開催中の共産党大会で執権2期目の枠を作り、米中関係と韓半島問題にさらに積極的に接近するだろう。彼の目標は共産党創立100周年の2020年までに中国を全面的な小康社会にすることだ。

小康社会とは、衣食住の心配がない国民が若干の文化生活を享受する社会をいう。韓半島周辺地域の安定なく小康社会は作れない。第2の韓国戦争は、中国現代史で毛沢東とトウ小平に並ぼうとする習近平主席の夢をはかない白昼夢として吹っ飛ばしてしまうだろう。したがって中国は今よりも積極的に対北朝鮮制裁と圧力に同調するはずだ。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が中国の警告を無視して中国の門前で危険な火遊びを続ければ、習近平主席は中国の独自の圧力を加える可能性が高い。トランプ大統領との会談では北朝鮮問題に関する持続性のある解決策が議論されるとみられる。

我々が警戒するのは韓国が抜けた米国・中国間の韓半島ビッグディールだ。キッシンジャー元国務長官を含む米国の親中派現実論者がそのような方向に雰囲気を作っている。

トランプ大統領がソウルで発信するメッセージは最大の圧力と制裁であり、北朝鮮は核・ミサイル挑発をやめて対話のテーブルに出てこいという要求と警告となるだろう。トランプは思いつきでツイートしながら経済的利益を握る、無知だが賢い商売人だ。

彼は文在寅(ムン・ジェイン)大統領を相手に韓米FTA(自由貿易協定)と最先端武器で優位に立とうとするはずだ。トランプ大統領の北東アジア訪問がそのように流れれば彼にとって不幸なことだ。今日の北東アジアは、トランプ大統領が米国の利益ばかり考える三流政治家(politician)から、戦争の危機を防いでアジア・太平洋地域国家の共同繁栄の礎石を築いた大政治家(statesman)に飛躍する多くない舞台であり機会だ。深刻に冷え込んだ南北関係の水面下でもわずかに暖流の兆しが見えるのも、トランプ大統領の大政治家づくりにプラスになるだろう。

金永熙(キム・ヨンヒ)/コラムニスト/論説委員

ソース:中央日報/中央日報日本語版【コラム】トランプ大統領が韓国に来るが

(http://japanese.joins.com/article/584/234584.html?servcode=100)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

10
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
8 コメント一覧
2 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
8 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
rune

>大使の催促が来ていたが

もう大使の代わりに大便を送りつけましょうよ。

ふつうの日本人

トランプ
顔を切られないように
気を付けなくちゃ

たぬき帝国

政治家の評価なんてのはその国の人間が選挙ですれば良いことであって、
どこぞの国の論説委員の評価なんてのは何の価値もありません。

それよりも、そこまで言うんだったら自国の大統領は大丈夫ですか?
ちゃんと大政治家として頑張っているかチェックできていますか?
三流にならないように諫言していますか?
まあ素晴らしき文大統領の政(聖)策には異を唱えられないんでしょうね。
じゃあ自己責任で大聖治家 文大統領と突っ走って下さい。応援してますよ。

酔って候

なんだろう、世界の中心に自分達がいる、世界の興亡は自分達の存在に掛かっている、とでも言いたげなこの主張。

突っ込みどころが多すぎて反って上手く突っ込めない状況を作り出している、この論説委員の才能は凄いのかな。とりあえず一点だけ。
> トランプ大統領との会談では北朝鮮問題に関する持続性のある解決策が議論されるとみられる。
いいえ、九分九厘、北爆後の「韓国が抜けた米国・中国間の韓半島ビッグディール」でしょう。「60年余り守ってきた韓半島の武装平和」の守護神たる米韓同盟が、ビッグディールの対象であることは言うまでもありません。第一韓国自身、米韓同盟破棄に向けて邁進してる状況で、何故米国から重要視されていると確信出来るのでしょう。

79歳じじい

凄いですね。中央日報の論説委員、世界大国の米国大統領をトランプと
呼び捨て、しかも三流政治家呼ばわり、世界はこれを見て韓国はやはり
まともな国ではないと再認識し今後世界は韓国とは距離を置くでしょう。
国家が崩壊するのは国民に事実を知らさずしかも歴史捏造までして
国民を反日にしているが既に政府も手におえないマンモス化しています。
*盗んだ仏像を返却するなと国際法を無視した国民情緒に元ずく判決
*中韓スワップ延長したとたんに中国にメリット大と上から目線発言
*日本の円はドルに次ぐ信用度の高いウオンの裏付けのおかげ
*ドイツからの潜水艦技術供与でも満足に建造できないのに運用技術は
 世界トップレベルとの大統領発言、しかも供与を受けた潜水艦の断面図を
 自慢してテレビ公開、重要機密を公開されドイツ大激怒
*現代自動車トップのすでに技術はトヨタを越えた発言
*人工衛星も出来ないのに、人工衛星製造技術は世界トップレベル発言
 最高のお笑いはローソク革命、世界遺産に登録し米国に民主主義が
 ’なんであるかを教えよう

酔って候

凄い話がシンシアリーさんのブログに載ってました。

韓国の青年団体、訪米してトランプ大統領の弾劾署名運動・・「韓国は弾劾先進国だ」
http://sincereleeblog.com/2017/10/19/
> 韓国の反米青年団体「訪米トランプ弾劾青年遠征団(※防弾青年団)」が、トランプ大統領の訪韓を止め、弾劾署名運動を開始するために訪米すると発表しました。
> 彼ら防弾青年団は、今月25日から来月1日までニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルスなどで米国内でのトランプ弾劾世論を高め、国際社会とともに反トランプ平和連帯を実現する」としています。かなりお金に困っているのようで、飛行機代を募金しているそうです。
(ソースはハングルなので、シンシアリーさんのブログのリンクを貼っておきます。)
流石に出国はさせないと思いますが、出国したら結構な話題になりそうです。お金が無い、といって募金を集めている辺り、相当怪しい感じもしますけど。
しかし、よくこういった発想が出来るものですね。何様のつもりなんだろうか。

キジトラ

いやー ヤフー二ユースを読んでいても 何処の新聞もあー此の記者は良いこと書くなあ 何て思った事がない アホ ボケカスな記事しか書けない 論説委員が此の程度の記事しか書けない すなわち賢い記者等いない という事。

ss65

なんか?かの国が言ってる様だが、チョット置いといて・・・だな、今情報収集中、うん、あのねー11月3日は東京の入間基地の航空祭でブルーインパルスを見に行く、で~5日が大統領専用機・・・だろ!、恐らく護衛機を入れて相当くる、ウン、たぶんy基地かな?、俺はメチャ忙しい、どうしようか?・・・ん~、、まさか!・・・y基地の友好祭の時みたいに・・・前日、、11月2日にミサイル発射なんか?ないだろうな、俺は一年間楽しみ待ってんだからなー。。。

酔って候

中央日報がとんでもない記事を載せてます。
「トランプ氏、日本だけに行きたかった…訪韓の最大の目的は」
http://japanese.joins.com/article/652/234652.html
> ホワイトハウスは初めは訪韓はなく日本だけに行きたかったものと考える。しかし、多くの専門家が韓米同盟で強力な連帯を示さない場合、北朝鮮を抑えることはできないと説得して訪韓日程も含まれることになったと聞いた。

文大統領との対談はどのような雰囲気で行われるのでしょうね。