〔もうすぐ大連立〕民進、立憲、希望 初そろい踏みのスリーショット

〔もうすぐ大連立〕民進、立憲、希望 初そろい踏みのスリーショット

記事要約:日本の政治、特に野党などどうでもいいのだが、昨年の衆院選挙で分裂した元民進党からの3つの党。民進党。立憲民主党。希望の党が初そろい踏みのスリーショットということで、これは大連立が今年、あるんじゃないかと睨んでいる。3つ集まってもどうでも良い野党だが、議員数は100超えるからな。

>統一会派問題がこじれた後のスリーショットは初めて。民進&希望の2党は協議継続で一致している中、大塚、玉木両氏に挟まれた枝野氏は、終始複雑な表情。鏡開きの後、目の前で大塚、玉木両氏が杯を交わす様子を、苦笑いで眺めていた。

まあ、枝野氏は自分で元民進党から袂を分かつことにしたのに、こうやってすり寄って来られるのは迷惑だとはおもう。実際、大連立したところで国民の評価は上がらないだろう。ああ、やっぱりねでおわる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔もうすぐ大連立〕民進、立憲、希望 初そろい踏みのスリーショット

民進党の大塚耕平代表に呼び掛けられている「民進系野党3党」の統一会派結成を拒絶した立憲民主党の枝野幸男代表が5日、大塚氏や、「政策や理念が異なる」と指摘する希望の党の玉木雄一郎代表と、都内で開かれた連合の新年交歓会で、そろい踏みした。

統一会派問題がこじれた後のスリーショットは初めて。民進&希望の2党は協議継続で一致している中、大塚、玉木両氏に挟まれた枝野氏は、終始複雑な表情。鏡開きの後、目の前で大塚、玉木両氏が杯を交わす様子を、苦笑いで眺めていた。

あいさつした連合の神津里季生会長は「我々は分断を最も嫌う」と述べ、
「(安倍)1強政治からは脱却してほしい。懐深く、野党の皆さんにはもう1度、力を合わせてほしい」と、枝野氏を意識したように呼び掛けた。会に先立ち、民進の増子輝彦幹事長が協議の打診へ、立憲・福山哲郎幹事長の事務所を訪れたが、
福山氏は不在。立憲はあくまで拒否の構えで、すれ違い解消の見込みはない。

(https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201801060000247.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る