韓国経済、WTO判定従わない米 韓国が報復措置 「報復関税の賦課」をWTOに申請

韓国経済、WTO判定従わない米 韓国が報復措置 「報復関税の賦課」をWTOに申請

記事要約:韓国が米国を相手に「報復関税の賦課」をWTOに申請したそうだ。米国がWTO判定に従わないからだそうだ。なら、どうして中国も明らかにTHAAD配備による経済報復措置をしているのに、提訴しないんだ?しかも、韓国は同盟国を訴えているわけだぞ。どう考えても普通逆だよな。

ああ。中国はご主人様だったもんな。文在寅大統領が訪中で朝ご飯を大衆食堂でパンと豆乳を自分で食べるぐらいの国賓扱いだったもんな。

>2013年2月、アメリカは韓国の三星電子とLG電子が製造した洗濯機がアメリカ国内に不当に安く輸入されているとして反ダンピング関税を課しましたが、韓国はこれを不当だとして、同じ年の8月、WTOにアメリカを提訴しました。そしてWTOはアメリカが協定に違反しているとする判定を下し、韓国が勝訴しました。

このためアメリカは、韓国に対する反ダンピング関税を解除しなければなりませんでしたが、WTOが定めた最大履行期限の去年12月26日までの間、韓国製洗濯機に不当な関税を課していました。

この記事よくわからないのだが、これアメリカは普通に定めた期限まで関税を課していただけだよな。期限を守っているように見えるが、どうしてWTOに申請したんだ。最も管理人は「爆発する洗濯機」などいらないが。洗濯機が爆発?何をわけのわからないことを述べているんだと思う人は↓にリンクを張っておいた。

韓国経済、今度は洗濯機が爆発、サムスンが米政府を震撼させる

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、WTO判定従わない米 韓国が報復措置 「報復関税の賦課」をWTOに申請

アメリカは、韓国製の洗濯機に反ダンピング関税を課し、WTO=世界貿易機構の判定で敗訴しましたが、そのまま関税の賦課を続けていることから、韓国が報復措置に乗り出しました。

WTO=世界貿易機構が現地時間の12日、発表したところによりますと、韓国は、アメリカがWTOの判定を履行していないことから、アメリカの韓国向け輸出商品に一定率以上の関税を課すことができる「報復関税の賦課」をWTOに申請しました。

2013年2月、アメリカは韓国の三星電子とLG電子が製造した洗濯機がアメリカ国内に不当に安く輸入されているとして反ダンピング関税を課しましたが、韓国はこれを不当だとして、同じ年の8月、WTOにアメリカを提訴しました。そしてWTOはアメリカが協定に違反しているとする判定を下し、韓国が勝訴しました。

このためアメリカは、韓国に対する反ダンピング関税を解除しなければなりませんでしたが、WTOが定めた最大履行期限の去年12月26日までの間、韓国製洗濯機に不当な関税を課していました。

こうしたことから韓国はアメリカの判定不履行によって、およそ7600億ウォンの被害を被ったとして、アメリカの韓国向け輸出商品に対してこの金額に相当する関税を課すことにしたものです。

「報復関税の賦課」については、アメリカが異議を唱えてWTOに仲裁を求めてくる可能性が高く、WTOの承認が降りるまであと数か月はかかるものとみられています。

(http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?No=66492)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る
在日
2018年1月13日 9:15 午後

働いて”日本経済”に貢献しろクソニート