韓国経済、〔韓国への米通商圧力〕韓国「最悪の案は回避」 米の鉄鋼・アルミ輸入制限

韓国経済、〔韓国への米通商圧力〕韓国「最悪の案は回避」 米の鉄鋼・アルミ輸入制限

記事要約:2018年、韓国経済の話題として最優先なのは朝鮮半島有事なわけだが、それ以外にもG2の動きが大きな影響を与える。中国と米国に挟まれた韓国がこの先、どのような選択肢を取るのかに注目して頂きたい。いまだに蝙蝠外交を続けているのだが、どちらかといえば中国寄りになっている。

さて、今回はアメリカからの通商圧力である。以前に米が韓国の鉄鋼・アルミ輸入に高い関税を課すという話があったのだが、かなり緩和されたようだ。しかし、対象国が日本や欧州を含めた世界中の国となった。

>トランプ米大統領が、鉄鋼とアルミニウムの関税をそれぞれ25%、10%課す輸入制限の方針を表明したことについて、特定12カ国に最低53%の関税を課す案の対象国に含まれていた韓国では、「最悪の案は避けられた」(KBS放送など)とみている。

この鉄鋼とアルミ輸入についてはEUの方でも、対抗関税を米国製の製品に付加する動きもあり、韓国はわりと蚊帳の外の貿易戦争に発展している。最新ニュースをロイターからおっておくと、リストには自動二輪のハーレー・ダビッドソンからバーボン・ウイスキーに至るまで広範な品目が含まれているそうだ。

それに対してトランプ大統領はEUの車に関税をかけるといいだす。まあ、ほぼドイツ製なんだろうが。このような貿易戦争でアメリカとEUがやりあっているので、結局、どうなるかはまだわからない。止めはしないだろうが、交渉して折り合いを付ける可能性もあるとおもう。これだとどちらの製品も売れなくなるし、そもそも関係が悪くなる。韓国についてもそうだとおもうが、中国の迂回貿易潰しが主な目的なら甘くはないだろうな。

また、日本の大きな動きで2019年にはTPP11発効と欧州とのEPA発効がある。この2つも韓国経済に取ってはかなり致命的である。特にEPA発効で日本製の自動車部品が安く輸出されれば韓国製は淘汰されてしまうだろう。少し先の話ではあるが、これから色々、出て来ると思われる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

韓国経済、〔韓国への米通商圧力〕韓国「最悪の案は回避」 米の鉄鋼・アルミ輸入制限

【ソウル=名村隆寛】トランプ米大統領が、鉄鋼とアルミニウムの関税をそれぞれ25%、10%課す輸入制限の方針を表明したことについて、特定12カ国に最低53%の関税を課す案の対象国に含まれていた韓国では、「最悪の案は避けられた」(KBS放送など)とみている。

韓国では、同案に決まれば「対米輸出は事実上の終わりだ」(鉄鋼業界)「他の競合国に比べはるかに不利な条件での輸出を強いられる」(ハンギョレ紙)などとし、油田用の鋼管を輸出する現代製鉄などへの打撃が懸念されていた。

今回、最悪の事態は避けられたが、韓国産業通商資源省関係者は、対米鉄鋼輸出に悪影響が及ぶ関税率を「24%以上」とみており、韓国経済への影響は小さくない。

(http://www.sankei.com/world/news/180302/wor1803020044-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ふつうの日本人 (@guest_10316)
2018年3月5日 1:09 PM

馬鹿とゴキブリ韓国に
つけるクスリは無い!
それしか言いようがない

ゆーきゃん (@guest_10321)
2018年3月5日 10:36 PM

韓国車の自動車販売台数関連のニュースってありませんかね?
2018 https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_usa_2018#feb
2017 https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_usa_2017#Feb
見るとアメリカで去年に続きさらに死にまくっている