〔日本の防衛〕中国海警局の船4隻 日本の領海に侵入

〔日本の防衛〕中国海警局の船4隻 日本の領海に侵入

記事要約:ラオスのダム決壊の行方もそうだが、いくつか気になるニュースがあるので見ていく、まずは、中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入しているいう。明らかな挑発行為であり、領海侵犯である。

>29日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入し、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

いや、さっさと警告した後は沈めればいいのに、なぜ、放置するのか。中国に舐められるだけ。日本の出方を伺っているのは見ての通りだ。こういう動きに関しては日本は消極的すぎるんだよな。警告しても出ていかないなら発砲して追い出せばいいのだ。それは別に国際法違反でも何でもないからな。こんなことで本当に尖閣諸島を始め、島を防衛できるのか。心配になってしまうんだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕中国海警局の船4隻 日本の領海に侵入

29日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入し、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、尖閣諸島の魚釣島の沖合で、中国海警局の船4隻が午前10時すぎから相次いで日本の領海に侵入しました。

4隻は、およそ1時間半にわたって日本の領海内を航行したあと、いずれも正午すぎまでに領海を出たということです。

4隻は午後3時現在、南小島の南東およそ32キロの領海のすぐ外側にある接続水域を航行しているということで、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは、今月4日以来で、ことしに入って合わせて14日となります。

(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180729/k10011554981000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ヒデ (@guest_12961)
2018年7月29日 10:12 PM

毎回deadlineこえてますね。それなのに政府はやめてくれ〜って叫んでるだけ。ヤクザに正論言っても仕方ないでしょう。やるならやりましょう。舐められる以前の問題です。領海侵犯は犯罪です。出来ないなら、人権問題を世界に配信したら良いと思う。いまがチャンスではないでしょうか!

たろうちゃん (@guest_12962)
2018年7月30日 1:17 AM

こんな犯罪行為を繰り返す国とスワップを締結したのか?全くロシアとの北方領土の共同開発名目でカネを出す約束したりやることがバカみたいだ。元島民がビザなし訪問の際には携帯を没収されたと聞く。中国とロシアはいつも国際会議などで結託するように、日米とは敵対している。もっと政府は毅然とした対応をしてもらいたい。まずは国内の反日政党である立憲民主や共産党の殲滅、そして憲法改正による自衛隊の国防軍への昇格、9条の改正。あのインドネシアでさえ中国の船はどんどん沈めていると聞く。なんでも女性閣僚でアダ名が寿司女というんだそうだ。

捕手(日本人) (@guest_12973)
2018年7月30日 3:20 PM

 中国は日本がどういう対応をするのかを見ているのでしょう。
領海侵犯しているのだから、警告に従わなければ即撃沈でいいんじゃないですかね。
問題を大きくしないように相手に配慮するから舐められるんですよ。
かつての日本は、こういう時に毅然とした対応をとらなかったから盧溝橋事件や通州事件へと至ったのでしょう。
中国は問題を解決するのが目的ではないのです。
問題を起こすのが目的なのです。
問題を起こして、その解決のための譲歩を日本側に迫るのです。
お人よしの日本人は、自分が譲歩する事で問題が解決し、すべてが丸く収まるならそれでいいかと考えてしまいます。
中国はその事をよく知っています。
それが中国のやり口です。
自分が先に譲歩すれば相手も譲歩してくれるだろうという考えは、日本人同士でなければ通用しません。

フィリピンの風 (@guest_12976)
2018年7月30日 4:26 PM

皆さまクールダウンして下さい。
我々が手を出すのは、アメリカ抜きで中国に勝てる算段がついた後です。
現状でも中国が先に手をだせば、国際的な大義が出来るのでこちらの思う壺です。
なので中国もめったなことでは手を出して来ません。
時間はかかりますが、腰を据えて憲法改正、核兵器保持に取り組んでいきましょう。