韓国経済、韓国の設備投資5カ月連続減、景気後退が本格化

韓国経済、韓国の設備投資5カ月連続減、景気後退が本格化

記事要約:統計が示す短期間データというのはだいたい、半年、1年単位での動きを見て景気を判断するわけだが、さすがに設備投資が5ヶ月連続減までいくと景気後退とみなしても大丈夫だと思われる。データ的にはあと1ヶ月、半年、連続減で決定事項として扱った方が間違いがなくていいが、他の統計データも軒並みダメである。とりあえず、景気後退の片足に突っ込んだと述べておくか。

>設備投資が5カ月連続のマイナスとなっている。景気後退が本格化の様相を呈しているものだ。景気低迷の懸念から、韓国銀行は米国との金利が逆転するのにもかかわらず、金利を9カ月連続で凍結した。

景気後退が確実となった状態において、金利を上げるなんて自殺行為である。日経平均が一時期23000円を回復、雇用率も改善,設備投資も増加している日本が未だに低金利であることを考えれば、今の韓国はもっと金利を下げないと厳しくなる。

しかし、米国の金利が上昇するのに、金利を下げる行為も自殺行為だ。ええ、どっちもダメではないか。そう思うかも知れないが、実際、そうなのだからどうしようもない。

金利を下げれば韓国から投資が引き上げられる。いわゆるキャピタルフライトの発生確率を増加させる。ただでさえ、9月末はロールオーバーの時期だ。韓国に投資しなくても金利が高い国なんてたくさんある。だから、これ以上の金利差をさせないように上げないと行けない。しかし、景気後退局面で金利を上げる行為なんて、普通は考えられない。ここでも面白い実験をしてくれるわけだ。もちろん、金利を上げれば負債も増加する。

>統計庁は「7月中の設備投資は前月比で0.6%減少し、5カ月連続で下落した」と31日、発表した。設備投資が5カ月連続で減少するのは、アジア通貨危機(1997年9月から98年6月までの10カ月連続減少)以来だ。統計庁は「昨年大幅な設備投資をしていた半導体メーカーが、今年4月を境に設備増設を終えたため、全体的な投資指標が鈍化している」と説明した。

もう、半導体の需要だけではどうしようもないか。それに続く第2の産業が投資をできればいいが、もう、ほとんど全滅だもんな。因みに投資ができないというのは現状維持ではない。後退である。なぜなら、他の国は投資をしているからである。グローバル競争において、設備投資というのは製造業にとって必要不可欠なもの。減少すると、何が起こるのか。ますます、不況が加速するのだ。

工場を造るには建築業の力を借りるわけだが、不景気になれば設備投資はさらに減る。すると建設業の仕事がどんどん減ってくる。建設の仕事というのはその工事場所近辺の需要を大きくあげる。工事現場で働く人々によるコンビニでの買い物、食事代などで地域は潤うわけだ。だが、それがなくなれば内需はさらに減ると。

うーん。ダメだな。景気後退が決定してしまうと、今の韓国ではこの不況を抜け出す力が何1つない。なぜなら、日本と中国がいるからだ。先日、韓国経済をサイトで特集して10年の節目を迎えたことは紹介したが。この先の韓国経済はただ、衰退し続けて行く韓国経済を見つめていく10年となるかもしれない。

2008年とは状況が全然異なる。日本は円安、中国に技術で追い越されてる。この2つがある限り、韓国はグローバル競争において負けるのは必至。似たような分野で勝負できるのが半導体や有機ELだけだからな。

なるべく悲観的になりたくない。もっと建設的な視点で韓国経済を見つめたいが統計のデータがそれをさせない。実際、こうなる予感は数年前にあった。ただ、確証やデータが得られなくてタイトルを「既に打つ手なし!滅び行く韓国経済を静かに看取ります」とこっそり変えておいたが、もう、現実路線になってしまったようだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~282回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国の設備投資5カ月連続減、景気後退が本格化

設備投資が5カ月連続のマイナスとなっている。景気後退が本格化の様相を呈しているものだ。景気低迷の懸念から、韓国銀行は米国との金利が逆転するのにもかかわらず、金利を9カ月連続で凍結した。

統計庁は「7月中の設備投資は前月比で0.6%減少し、5カ月連続で下落した」と31日、発表した。設備投資が5カ月連続で減少するのは、アジア通貨危機(1997年9月から98年6月までの10カ月連続減少)以来だ。統計庁は「昨年大幅な設備投資をしていた半導体メーカーが、今年4月を境に設備増設を終えたため、全体的な投資指標が鈍化している」と説明した。

投資と共に実物指標の3大軸を成している生産と消費は0%台の低成長にとどまっている。先月の生産と消費は前月比0.5%の増加にとどまった。現在の実物景気動向を示す景気動向指数循環変動値は99.1で、昨年5月に100.7とピークに達して以降、1年以上にわたり下降を続けている。

韓国銀行は同日、基準金利(年1.5%)をまた凍結した。昨年11月、6年5カ月ぶりに基準金利を0.25ポイント上げたが、その後は9カ月連続で足踏みしている。米国が予定通り年内に金利をさらに2回上げれば、韓米間の金利格差が1ポイントまで広がり、資本流出の可能性が高まる。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「7月の就業者の増加幅が5000人にとどまり、雇用状況がかなり不振となっている。これまでの実績が予想を下回り、今年の就業者数の増加規模は(当初提示した)18万人を下回るものと見られる」と述べた。

イ・ジュンウ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2018/09/01 09:37

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/01/2018090100539.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_13761)
2018年9月2日 6:59 PM

自国の経済を顧みず南北朝鮮のオリンピック招致をぶちあげるその神経たるやバカを通り越して、羨ましくもある。楽観的なのかそれとも世界が朝鮮統一を願っているにちがいないから当たり前におもうのか。まぁ散々迷惑かけまくりの嫌われ民族に賛同する国があるとはおもえないが、あぁIOCのバッハがいたな。あいつ、、いくらもらったんだろう?