韓国経済、19年の在韓米軍駐留費協定が発効 前年比8.2%増 今回の協定の有効期限は1年

韓国経済、19年の在韓米軍駐留費協定が発効 前年比8.2%増 今回の協定の有効期限は1年

記事要約:2019年の在韓米軍駐留費協定が発効されたようだ。前年より、8.2%増えて約1020億円となったようだ。しかも、今回の協定の有効期限は1年である。そして、来年の交渉は今年の上半期に始まるそうだ。

良かったな。毎年、在韓米軍撤退危機になって。ちゃんと全額払えばいいのに、無駄にケチるから、トランプ大統領からは信用されず,軍事演習は金がかかるといわれて相次ぐ,中止となり、もはや、本当にいるだけの存在になっているわけだが、韓国はそのいるだけの存在に1020億円払うと。

それで、4月11日に文在寅大統領が訪米してトランプ大統領と米韓首脳会談を行う予定がある。これもかなり楽しみだな。イラン産の原油の輸入規制除外をお願いすると思われるが,米国は果たしてきいてくれるのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、19年の在韓米軍駐留費協定が発効 前年比8.2%増 今回の協定の有効期限は1年

【ソウル聯合ニュース】2019年の在韓米軍の駐留経費負担(思いやり予算)に関する新たな特別協定が5日、発効した。 

韓国外交部の当局者によると、国会本会議で協定の批准同意が行われ、両国が発効に必要な国内手続きが完了したことを通知したという。 

今回の協定の有効期限は1年で、在韓米軍の駐留費のうち、韓国が負担する費用は昨年より8.2%多い1兆389億ウォン(約1020億円)だ。 

 同当局者は「協定の発効により、在韓米軍の安定的な駐留環境を提供し、韓米同盟の強化や信頼向上に大きく寄与することが期待される」と述べた。 

 両国は20年以降の駐留費負担を決める協定文書を作成するための交渉を上半期にも開始する方針だ。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190405003400882?section=politics/index

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

退職者 (@guest_22517)
2019年4月8日 11:36 AM

韓国の米軍駐留費用は日本に比べたらたかが知れた金額 日本の場合 朝鮮半島有事の緊急時に備え米軍は日本国内
に弾薬・野戦用食料・燃料・医療品を大量に備蓄 また万が一に備え米軍本土から来る緊急展開部隊が日本に派遣さ
れた場合を想定して 米軍基地に大型倉庫 簡易兵舎も準備それに加えて厚木基地には国連軍の本部があります。
これだけ朝鮮半島有事の為に日本政府が多額の資金と日本国内の土地を提供しているのを韓国愚民達はまったく理解
できていない。それにもまして反日に走り回る極左文さん 韓国国会議員 日本がお前達の保険を兼ね備えているこ
とを知るべし・・・・だけど言っても無駄化・・・・ 現実を直視できない火病につける薬なし^¥^ 

ss65 (@guest_22538)
2019年4月8日 8:32 PM

今日は、今現在雨、ヘリの音がしたと思ったら、輸送機だ、こんな時はだいたい上にあれが飛んでる、カメラに映らないやつ、もっと雨がジャンジャン降って欲しい、桜の花の散るころ…..俺は….花粉症が酷い、後少しの我慢だ。。。