韓国経済、【ムンジェノミクス】10月の雇用41.9万人増、うち60歳以上が41.7万人

韓国経済、【ムンジェノミクス】10月の雇用41.9万人増、うち60歳以上が41.7万人

記事要約:やはり、韓国の文在寅大統領は経済の天才である。なんと、10月の雇用が41.9万人も増加したそうだ。アジア通貨危機レベルの危機と言われる韓国経済において、雇用をここまで増やせるなんて文在寅大統領以外はあり得ない。

管理人もこの素晴らしい成果に諸手を挙げて喜びたいところだったが、記事を読むと、そのうち60歳以上が41.7万人らしい。つまり、高齢者の雇用が増えただけ。実際、若者や働き世代の雇用はなんと2000人しか増えてない。

> 韓国統計庁によると、10月の就業者数が前年同月に比べ40万人以上増えるなど、雇用指標が量的に好調を示した。しかし、増えた雇用の大半は高齢者の短期雇用であり、質的な改善は見られなかった。

それは単に韓国政府の税金で本来、必要のない、ボランティアレベルの仕事を宛がう高齢者を短期雇用で雇っただけだろう。雇用は改善しているという言い訳するだけのために。

> 同庁が13日発表した10月の雇用動向によると、就業者数は前年同月を41万9000人(1.5%)上回る2750万9000人だった。雇用率は61.7%で、1996年(62.1%)以降の単月ベースで23年ぶりの高水準となった。失業率も3.0%で前年同月を0.5ポイント下回った。

お年寄りの雇用を増やして、失業率改善させたところで、所詮は短期雇用だ。ああ。そうか。文在寅大統領の任期までで良いのか。しかし、こんなことで韓国の財政を使うのはばらまきを超えた選挙対策ではないのか。韓国の財政はそこまで余裕があるのかは知らないが、こんなばらまきでは数年も持たないだろうに。

そして、本来、韓国経済を支える重要な働き手は減少していると。30代、40代の就業者の減少、さらに、製造業の就業者数も減っている。

> しかし、製造業など民間部門の雇用は委縮し、韓国経済の主軸である30代、40代の就業者も減少が続いた。産業別では多額の財政資金が投入される保健業および社会福祉サービス業(15万1000人増)での増加が目立った。これに対し、製造業の就業者数は8万1000人減少し、昨年4月から19カ月連続での落ち込みとなった。産業分類が見直された2013年以降で最長だ。卸小売業(6万7000人減)、金融・保険業(5万4000人減)、建設業(5万1000人減)などでも就業者数が減少した。

素晴らしいムンジェノミクスであるが、ムン君は製造業のルネサンスとかいってなかったか。製造業の就業者数を減らして「再生」とはどういうことなのか。ああ。一度、全て潰して「再生」するつもりなのか。しかし、ここだけで見れば、やはり、アジア通貨危機レベルの経済状態だと実感できるな。最も、株価もウォンもこの実情に合ってないが。

>年齢別では先月も60代以上の就業者が41万7000人増え、全体の増加をけん引した。これに対し、40代、30代の就業者はそれぞれ14万6000人、5万人減少した。30代、40代の雇用がいずれも減少するのは25カ月連続だ。統計庁関係者は「現在最も業況が不振の製造業、建設業、卸小売業の影響を40代が受けている」と説明した。

もはや、駄目過ぎてどうしようもないな。ここからどうやって回復させるのか。

> 就業時間別に見ても、1週間当たりの労働時間が36時間未満の短時間労働者が前年同期を59万9000人(13.6%)上回った。特に1-17時間の超短時間労働者は33万9000人(22.6%)も増えた。これに対し、36時間以上の就業者は18万8000人(0.8%)減少した。就業者数は増えたが、雇用の質が改善したとは言えない状況だ。それでも政府は「就業者数、雇用率、失業率の3大雇用指標が明らかに改善し、雇用市場は8月以降、回復の流れがさらにしっかりしてきた」と評した。

韓国政府、さすがにこの状態では欺すのも無理なんじゃないか。いくら、韓国人が経済に無知でも、さすがにこれで雇用が増えて、回復の流れがどうとかいってもな。しかも、就業者数、雇用率、失業率の三大雇用指標が明らかに改善とか。ただ、政府ドーピングで高齢者の雇用を大幅に増やしただけではないか。

民間企業は雇用を減らす状態は継続している。これなら、現代重工業に使いもしない大型潜水艦や戦艦を建造させているほうがまだましといえるな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【ムンジェノミクス】10月の雇用41.9万人増、うち60歳以上が41.7万人

韓国統計庁によると、10月の就業者数が前年同月に比べ40万人以上増えるなど、雇用指標が量的に好調を示した。しかし、増えた雇用の大半は高齢者の短期雇用であり、質的な改善は見られなかった。

 同庁が13日発表した10月の雇用動向によると、就業者数は前年同月を41万9000人(1.5%)上回る2750万9000人だった。雇用率は61.7%で、1996年(62.1%)以降の単月ベースで23年ぶりの高水準となった。失業率も3.0%で前年同月を0.5ポイント下回った。

 しかし、製造業など民間部門の雇用は委縮し、韓国経済の主軸である30代、40代の就業者も減少が続いた。産業別では多額の財政資金が投入される保健業および社会福祉サービス業(15万1000人増)での増加が目立った。これに対し、製造業の就業者数は8万1000人減少し、昨年4月から19カ月連続での落ち込みとなった。産業分類が見直された2013年以降で最長だ。卸小売業(6万7000人減)、金融・保険業(5万4000人減)、建設業(5万1000人減)などでも就業者数が減少した。

 年齢別では先月も60代以上の就業者が41万7000人増え、全体の増加をけん引した。これに対し、40代、30代の就業者はそれぞれ14万6000人、5万人減少した。30代、40代の雇用がいずれも減少するのは25カ月連続だ。統計庁関係者は「現在最も業況が不振の製造業、建設業、卸小売業の影響を40代が受けている」と説明した。

 就業時間別に見ても、1週間当たりの労働時間が36時間未満の短時間労働者が前年同期を59万9000人(13.6%)上回った。特に1-17時間の超短時間労働者は33万9000人(22.6%)も増えた。これに対し、36時間以上の就業者は18万8000人(0.8%)減少した。就業者数は増えたが、雇用の質が改善したとは言えない状況だ。それでも政府は「就業者数、雇用率、失業率の3大雇用指標が明らかに改善し、雇用市場は8月以降、回復の流れがさらにしっかりしてきた」と評した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/14/2019111480009.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
641
15 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ひふみ (@guest_36383)
2019年11月14日 12:08 PM

「私ほど国民に愛された大統領はいない。」By文在寅大統領
いろんな愛があるけど、日本国民も応援してますよ。
えっと。北とレベルを合わせて、南北平和経済で一気に日本に追いつくんですよね。
さすが経済、外交の天才、文在寅保有国。すげー。
ぜひ終身大統領となって、歴史にその名を刻んでほしいな。

ひふみ (@guest_36396)
2019年11月14日 12:38 PM
Reply to  ひふみ

そそ。公務員81万人雇用も忘れないでね。

Tester (@guest_36397)
2019年11月14日 12:38 PM
Reply to  ひふみ

終身大統領より、任期後に終身刑の方がありえそう。
朝鮮は前権力者は墓を暴いてでも貶める歴史、文化ですから。

ひふみ (@guest_36408)
2019年11月14日 1:51 PM
Reply to  ひふみ

「は、鼻血が出てきたニダ。。。」
「とっ、止まらないニダ!」

41万人の仕事 (@guest_36392)
2019年11月14日 12:31 PM

道路のゴミ拾い、吸い殻拾い
草むしり
ゴミの分別
電柱等の張り紙剥がし
排水路の泥かき
小学生の登下校の案内
農村での温室ビニール等の廃棄物の回収

韓国では1週間に1時間以上働くと就業者とみなします。

疑問 "お題目" (@guest_36394)
2019年11月14日 12:36 PM

でも、それをしている?もらうだけではない? 1時間以上の就労を万と言う人数も見れる?

オバマ (@guest_36395)
2019年11月14日 12:37 PM

前々から気になっているのですが、金融・保険業の54,000人の減少ですが、韓国だと母数は40万人ぐらいかと思います。それで、この数字と言うことは、世界の金融関係者は韓国を見捨てたのではと思います。
高齢者の短時間就労を増やしても景気を良くする力はほとんどなく、30代、40代の雇用が減れば、10年後は地獄ですよ。
減ってても 増えた増えたと 言い募る

退職者 (@guest_36389)
2019年11月14日 12:19 PM

朴政権を韓国愚民たちと一緒に追い詰め 弾劾裁判で刑務所に送り お馬鹿文さんが政権を奪取 完全に革命家
気取り 経済音痴で経済無策 韓国統計庁から出た統計を自画自賛 ほとんど病気 このお馬鹿文さんがあと2年
半も大統領に在任 なんと韓国愚民たちの幸福そうな顔が見えますよーーーー^¥^

シダワタル (@guest_36391)
2019年11月14日 12:29 PM

凄いですね。いい加減そろそろ60歳以下向けの実効ある雇用対策も考えないと、支持率下がるよ。

自由人 (@guest_36402)
2019年11月14日 1:01 PM

刃物で刺された傷に絆創膏を貼っても、出血は止まらないし、傷も治るわけがない。 文政権の経済や雇用への対策はそういうレベルで、もはや延命措置にすらなっていないのではないでしょうか。
対策と言うのも烏滸がましい、粉飾と言ってもいい方法で雇用指標を水増し、その状況を回復傾向だとコメントするのだから、韓国政府の無為無策振りには笑ってしまうしかありません。

ナナシ【メル】 (@guest_36403)
2019年11月14日 1:09 PM

確か若者が仕事を辞めて保障をもらう方が特だからと言って退職するケースが増加してるとか見たけど。
バイトでも週に一定時間・一定期間働くと就業者になるから保障が貰えるって話だかららしいが。

南超汚染人は楽に金が手に入れば何でもよいって感じの併合前の超汚染人に回帰してるようだ!

名無し (@guest_36410)
2019年11月14日 2:25 PM

なるほど!反日デモを行ってるのが公務員!ムン君が雇用したのですね!ヾ(o´∀`o)ノ

himajin (@guest_36415)
2019年11月14日 3:59 PM

>産業別では多額の財政資金が投入される保健業および社会福祉サービス業(15万1000人増)での増加が目立った。これに対し、製造業の就業者数は8万1000人減少し、昨年4月から19カ月連続での落ち込みとなった。産業分類が見直された2013年以降で最長だ。卸小売業(6万7000人減)、金融・保険業(5万4000人減)、建設業(5万1000人減)などでも就業者数が減少した。

上記の増減を合計すると10.2万人の減少となりますが、総合計は41.9万人増なので上記以外の産業で52.1万人増加したことになります。
他の産業がそんなに増加するとは思えないので何かすっきりしません。
どなたかこの謎がわかる方教えてください。

巨大なブーメラン "お題目" (@guest_36448)
2019年11月15日 1:50 AM
Reply to  himajin

深く考えては、いけません。以前考えた事があります。絶対に合いません。判る例で言うと、今まで色々な事がありました。都度、韓国から色んな発信がされています。でも、それを全てつなげると全体のつながりがないその場その場の思いつきです。数字も一緒。思い付きの数字だから、全体を見てひとつひとつを見るとつながりがない数字のラレツです。真剣に考えると時間の無駄・精神衛生上よろしくないですよ。人生の時間を有意義な使った方が良いですよ。限られている時間を韓国と言う無駄に使わないでください。大切に自分をいたわりながら時間を大切にして欲しいです。

七氏ですよ (@guest_36416)
2019年11月14日 3:59 PM

この数字でもまだ信じられないのですが、60代以上を除いても、一応2000人増えてはいますね。
30代、40代で20万人減っているのですから、20代と50代で20万人増えている事になりますよね。
政府が無理して、雇用しなくても横ばいなら、こんなに雇用対策しないといけないのは納得いきません。
予想に過ぎず、事実は解りませんが、統計自体が信じられません。