韓国経済、部品書類偽装による電力難、来週が最初のヤマ場…月城原発1基また停止

夏だと思っていた韓国電力危機は、実は来週山場を迎えるそうだ。それって夏までにすでにやばいということなのか。確かに暑くなってはきたがまだ真夏の暑さを比べたらましなほうだ。それなのに、来週が韓国電力危機の山場とか・・・韓国は始まりすぎといえる。なに公共機関がとんでもない節電をしてくれるのだろう。電車動かないとか、普通にあり得そうなのでワクテカしている。で、韓国から電気を輸入しろとかアホなことを述べていた民主の政治家はどこいったんだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、部品書類偽装による電力難、来週が最初のヤマ場…月城原発1基また停止

来週(6月9~15日)が今夏の電力難の最初の峠になる見通しだ。

産業通商資源部と韓国電力取引所が2日に明らかにしたところによると、 来週の電力供給量は6843万キロワットだが、需要量は6750万キロワットに達し、予備電力は93万キロワットにすぎないと予想された。 予備電力が100万キロワットに下がると電力需給警報で最も危険な段階である「深刻」の警報が発令される。

電力取引所のユ・ソンホ需給計画チーム長はしかし、「これは政府が何の措置も取らなかった時を仮定した需給状況。 民間の自家発電機を稼動して50万キロワットほど供給を増やし、産業体と大型建物の電気使用量をあらかじめ減らして 需要量を200万キロワットほど引き下げられるだろう」と話した。 この場合、予備電力は343万キロワットに達し4段階の電力警報の最初の段階である「関心」水準に引き下げることができる。

だが、8日には月城(ウォルソン)原発3号機(設備容量70万キロワット)が整備に入り稼動を中断する予定だ。 現在整備中の蔚珍(ウルチン)5号機が7日に発電を再開する予定だが、 原子力安全委員会の稼動承認が遅れればしばらく原発1基の空白が予想される。 韓国水力原子力関係者は、「当初計画した月城3号機の整備を1週間程度遅らせることを検討している」と話した。

月城3号機の整備を遅らせればひとまず電力難は打開されるとみられるが、気温がもうひとつの変数になるものとみられる。 気象庁は今週後半に中部地方で昼間の最高気温が29~30度まで上がり、来週も平年より気温が高い日が多いと予報した。

(http://japanese.joins.com/article/284/172284.html?servcode=400&sectcode=430)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360部、と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。
目標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録(フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る