韓国経済、【セルフ経済制裁+原油価格高騰】イラン報復攻撃 韓国航空・海運業界も緊張高まる

韓国経済、【セルフ経済制裁+原油価格高騰】イラン報復攻撃 韓国航空・海運業界も緊張高まる

記事要約:今後、イラン情勢がどこまで悪化するかはわからないが、原油価格の高騰は避けられないかもしれない。冬の間に原油価格の高騰は色々と辛い状況であるのだが、韓国経済の話に戻すと、やはり、韓国の航空会社・海運業界に大きな影響があるようだ。

そもそも、大韓航空、アシアナ航空などは、セルフ経済制裁もあって、潰れかかっているわけだから、そこに原油価格の高騰などきたら死ぬんじゃないか。日本旅行自粛だけでも、厳しい状況なのにそこに燃料費の高騰である。まずはそこから見ていこう。

>原油油価格は通常、航空会社の営業コストの25~30%を占める。年間3300万バレルの原油を消費する韓国最大手の大韓航空は、原油価格が1バレル当たり1ドル(約108円)上がれば年間3300万ドルの追加コストが発生する。

さすがに100ドルとまでは行かないが、70ドルまではあがっている。これが75ドル、80ドルになるかはイラン情勢次第だが、今のところ、トランプ大統領は何も動いていない。連日、対策を練っている感じだ。

>各航空会社は燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)や燃料費ヘッジ、燃料備蓄などで原油価格の急騰に備えているが、事態が長期化すれば打撃を受けざるを得ない。

まあ、これは別に韓国だけではなく世界中の航空会社も同じなわけだが、実際、燃料価格の上昇は痛いだろう。

>こうした懸念を反映し、韓国株式市場でもこの日午前に大韓航空(2.42%安)、アシアナ航空(3.41%安)、チェジュ航空(4.09%安)など航空関連株が軒並み下落した。

そりゃそうだよな。原油価格の高騰で影響を受けそうな銘柄は狙われるだろう。次は海運である。

>海洋水産部の関係者は「もし戦争が勃発してホルムズ海域が封鎖されれば海運産業の売り上げに大きな打撃を与える可能性があるため、モニタリングを行っている」とし、「原油価格上昇によるシナリオ別の対応策を点検し、深刻なら政策支援なども考慮する計画だ」と説明した。

さすがにホルムズ海峡の封鎖はないとは思うんだが、絶対にないとは言い切れない現状ではある。対策を取る必要はあるだろう。もっとも、韓国政府の政策支援で何ができるというのか。軍も派遣しないからな。

>ホルムズ海峡は中東産油国の原油輸出ルートとして、世界の海上原油輸送量の3分の1を占めている。

そうなんだよな。この事実を今の日本人はどれだけ知っているんだろうな。ここは世界中の国々にとって生命線である。各国、原油の備蓄があるからすぐにエネルギー不足にはならないが、現実の問題、封鎖となれば一体、どうなってしまうのか。もはや、リスクヘッジでなんとかできる問題ではないだろう。

>ホルムズ海峡の封鎖には至らなくとも、昨年6月に日本の海運会社が運航するタンカーが襲撃された際に一時的に同区間を通る船舶の保険料が高騰したことから、状況によっては保険料の引き上げなどの可能性もある。

韓国の船の保険はロイズ保険は使えないはずなので、韓国政府が代わりに受け持っているたと思われる。それで、保険料が引き上げとなれば、小さくない財政負担にもなるかもしれないと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【セルフ経済制裁+原油価格高騰】イラン報復攻撃 韓国航空・海運業界も緊張高まる

【ソウル聯合ニュース】

イランが米国に対する報復攻撃を行った8日、韓国の航空業界と海運業界は本格的な軍事衝突に発展する可能性に神経をとがらせながら事態を注視している。

韓国政府と業界によると、航空業界は米中貿易戦争と世界的な需要減少により昨年の航空貨物が減少したことを受けて今年の反動増を期待していたが、新年から悪材料が発生し困惑している。

原油価格の上昇による影響をすぐに受けるわけではないが、事態が悪化したり長期化したりした場合は全般的な業績改善の足かせになるとの懸念も出ている。

原油価格は通常、航空会社の営業コストの25~30%を占める。年間3300万バレルの原油を消費する韓国最大手の大韓航空は、原油価格が1バレル当たり1ドル(約108円)上がれば年間3300万ドルの追加コストが発生する。

各航空会社は燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)や燃料費ヘッジ、燃料備蓄などで原油価格の急騰に備えているが、事態が長期化すれば打撃を受けざるを得ない。

韓国の航空会社では現在、イラン領空を通過する航空便はないため、運航自体に支障があるわけではないが、米国とイランの対立が続けば観光需要などに影響が及ぶ可能性がある。

こうした懸念を反映し、韓国株式市場でもこの日午前に大韓航空(2.42%安)、アシアナ航空(3.41%安)、チェジュ航空(4.09%安)など航空関連株が軒並み下落した。

長期低迷から脱し、今年の再起が期待されていた海運業界も緊張状態だ。原油価格が上昇すれば営業利益率が低下せざるを得ないため、事態を注視している。

海洋水産部の関係者は「もし戦争が勃発してホルムズ海域が封鎖されれば海運産業の売り上げに大きな打撃を与える可能性があるため、モニタリングを行っている」とし、「原油価格上昇によるシナリオ別の対応策を点検し、深刻なら政策支援なども考慮する計画だ」と説明した。

同部は、ホルムズ海峡付近を航海する船舶の位置確認を6時間間隔から1時間間隔に短縮した。また、船舶と衛星通話を毎日1回行い、状況を共有している。

韓国海運大手の現代商船は現在、ホルムズ海峡を通過する中東路線にコンテナ船8隻、タンカー3~4隻を投入している。すぐに船舶を引き上げる状況ではないが、ホルムズ海峡が軍事衝突で封鎖された場合に備えて対策を講じている状況だ。

ホルムズ海峡は中東産油国の原油輸出ルートとして、世界の海上原油輸送量の3分の1を占めている。

ホルムズ海峡の封鎖には至らなくとも、昨年6月に日本の海運会社が運航するタンカーが襲撃された際に一時的に同区間を通る船舶の保険料が高騰したことから、状況によっては保険料の引き上げなどの可能性もある。

イラン革命防衛隊は8日(現地時間)、イラク国内の米軍駐留基地をミサイルで攻撃したと明らかにした。米軍による革命防衛隊の精鋭部隊のソレイマニ司令官殺害に対する報復としている。

これに対し、トランプ米大統領は緊急会議を招集して対応策の検討に入った。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200108002500882

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
111
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ちわわ (@guest_40071)
2020年1月8日 8:26 午後

正月明けから とんでもないことになりましたね。安倍総理が中東歴訪取りやめたら自衛隊のホルムズ海峡派遣もやめろだなんて 馬鹿なこと野党は言い始めているようですよ。日本の石油はいったい誰が守ってくれると言うのでしょうか?我々に凍えて死ねとでも?本当に邪魔くさくて 役立たずな野党には嫌悪感しか感じません。

日本人 (@guest_40075)
2020年1月8日 9:38 午後
Reply to  ちわわ

先にも書きましたが、彼らは「日本が二度と韓国に逆らえなくなるように、日本の国力を削ぎ落とす」ことを目的としていますから、彼らの隠れた理念通りの一貫した言動です。陳や白、中華系、同和系の指導です。

あのね (@guest_40076)
2020年1月8日 9:51 午後

イランの反撃ミサイルの効果はあまりないみたいです。そもそも米基地への砲撃は以前から行っていたいたことで
報復としてどんな事をするのかと恐れていた西側は胸をなで下ろしているところです。米国民の間ではイランに強硬姿勢をとる
政策に賛成意見が大きいようで、トランプの再選の可能性が増してきました。このままイランの反撃が腰砕けに終われば、
の話ですが。トランプのギャンブル運は良い、としか言いようがないですね。トランプ続投は朝鮮半島にとっては良いニュース
ではありません。

オバマ (@guest_40070)
2020年1月8日 7:49 午後

ペルシャは 打ち返したぞ どうするか!
イランは打ち返した。アメリカはどうするか。耐えるのか、撃つのか、どうしたいのか?
ホルムズ海峡は世界の海上原油輸送量の3分の1を占める。しかも、日中韓は石油を中東に依存しているのですよ。

日本人 (@guest_40074)
2020年1月8日 9:34 午後

日本にも厳しい環境ですが、韓国が滅びるなら我慢します。

欲しがりません、滅びるまでは!

あはは