ライブハウス、国に損失補償など求め30万人余の署名提出へ

ライブハウス、国に損失補償など求め30万人余の署名提出へ

記事要約:どうやら、ライブハウスが国に 損失補償など求め30万人余の署名提出したそうだが、はっきりいって遺憾である。

音楽に国境がないというのがアーティストに口癖だろう?ライブハウスがなくても、今はいくらでも音楽を届ける手段などたくさんある。ネット配信もできる。スマホで見る事もできる。客がいなくても演奏することだってできる。

本来、アーティストには歌う場所なんて関係ないはずだ。そんな狭い世界で物事を考えられない人間がクリエイティブなわけないだろう。ライブハウスが使えなくても、歌で食べていきたいなら工夫すればいい。認知度もあるならできるだろう。だから、国は損失補償などしなくていい。

そもそもライブハウスが集団感染を出したことで自粛余儀なくされた飲食店とかもあるんだろう。ライブハウスはその飲食店に損失を支払ったのか。自分たちだけが助けろとか、虫の良い話である。芸術家とはそんなクズの集まりなのか。

>会見の登壇者は、各地のライブ会場ではこの1か月、公演の中止が相次ぎ、経営の危機にひんしている施設もあると説明したうえ、3月30日夜の都知事の会見でも改めて、自粛要請があったことに触れ「ライブハウスなどの業界について名指しで発言されるたびに、どんどん追い込まれている状態です。出演者やスタッフも仕事を失う状況が続き、今月を乗り越えられるかどうかというお店も多くあります」と窮状を訴えました。

イベントはほとんど自粛しているので、ライブハウスだけ特別扱いなどできるはずもない。そもそも、イベントやるなら予期せぬアクシデントも対応できなければだめだ。所詮、歌なんて生活には必須というものではない。そもそも、どこかの利権団体が日本人から音楽そのものを奪っていったからな。その利権団体に補償してもらったらいいんじゃないか。毎回、金を払っているんだろう。

>発起人の1人でミュージシャンの篠田ミルさんは「多くの人が自宅で過ごす中、インターネットなどを通じ、つかの間の安息を提供できるのも文化の力で、それを育んできたのが大小さまざまな施設です。関係者が安心して店を閉められるよう政府に支援を決断していただきたい」と話していました。

違うな。それはただの誤解だ。ライブハウスなどなくても、音楽はできるのだから、それこそうぬぼれである。ライブハウスで演奏できなくても、路上で演奏している人だっている。ニコニコ動画などで配信もある。ライブハウスに限定する理由なんてないんだよな。なぜなら、音楽が規制されたわけではないからな。金儲けのために音楽を仕事にしているだけなら、もう、やめたほうがいいとおもうぞ。

むしろ、世界中がコロナウイルスの脅威に晒されている今こそ、ウィアザーワールドみたいな素晴らしい音楽を創るべきではないのか。それこそ、世界中を元気にできるだろう。ライブハウスなどなくてもな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~330回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

ライブハウス、国に損失補償など求め30万人余の署名提出へ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため公演の中止などの影響が相次ぐライブハウスなどの関係者が、国に損失の補償などを求める30万人余りの署名を集め、今後、与野党の国会議員などに提出することになりました。

この署名はライブハウスの代表者などが発起人となって今月27日に始めた活動で、坂本龍一さんなど多くのアーティストが賛同人となっています。

これまでに30万2500人余りの署名が集まり、3月31日、発起人らがインターネットを通じて記者会見を開きました。

署名は4月1日以降、与野党の国会議員などに提出するということで、同時に渡す嘆願書では政府が収束を発表するまでの間、署名に賛同するライブハウスなどは観客を入れた営業の停止を検討するとしている一方、政府の自粛要請が始まった先月26日から収束までの間の施設の維持費や公演の中止による損失などを補償する助成金の交付を国に求めています。

会見の登壇者は、各地のライブ会場ではこの1か月、公演の中止が相次ぎ、経営の危機にひんしている施設もあると説明したうえ、3月30日夜の都知事の会見でも改めて、自粛要請があったことに触れ「ライブハウスなどの業界について名指しで発言されるたびに、どんどん追い込まれている状態です。出演者やスタッフも仕事を失う状況が続き、今月を乗り越えられるかどうかというお店も多くあります」と窮状を訴えました。

発起人の1人でミュージシャンの篠田ミルさんは「多くの人が自宅で過ごす中、インターネットなどを通じ、つかの間の安息を提供できるのも文化の力で、それを育んできたのが大小さまざまな施設です。関係者が安心して店を閉められるよう政府に支援を決断していただきたい」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200331/k10012360051000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

23
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
19 コメント一覧
4 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
23 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
はげ中年

これは管理人さんに全く同意。
これがとおるなら、パチンコ業界にも補償が必要。
パチンコ業界の方が自覚があるだけまし。
ライブハウスがクラスターを出したのは事実だし、その時にこの人たちは知らんぷり。
真に必要とされてるのなら、無観客で有料配信でもすりゃいい。
ただ集まって騒ぎ、無責任に病気を広めたいだけでしょうに。

医療関係者

クラスターの自覚はないんでしょうね。

へのへのもへじ

国は国民の生命と財産を守る立場にあります。
現在、ライブハウスは国民の生命と財産を守る上で、大きな障害となっているため、営業の自粛要請が行われたわけです。
これはあくまでも「要請」です。
K-1や椎名林檎の様に、要請を振り切って営業すればいいのに……
日本中からフルボッコされますよ。
フルボッコされてから自粛しますとなると、フルボッコした国民に対して「自粛するから補償しろ」とお願いするのでしょうか?
これから、今すでに、どの業界も生きるか死ぬかの瀬戸際。
自分達だけが被害者の様な訴えはおかしいんですが!

自由人

本当に音楽文化のためにライブハウスが重要だと考えるなら、まずはチャリティーイベントの配信や、ミュージシャンたちで基金を設立するなど、やれることから始めるべきでは。
自分たちは何もせずに署名するだけで補償しろだなんて、あまりにムシが良すぎる。
本音はライブハウスのことなんかより、自分たちのギャラの補償をしてほしいだけなんじゃないの、それこそ筋違いだけどね。
不安定な人生を覚悟で自分の夢を追いかけたはず、食えないならバイトでもなんでもしなよ。
成功すれば高額所得者になれるのだから、リスクも大きいものになるのは当然のこと、それが嫌なら定職について地道にやればいいだけ、個人的にこの人たちの言っていることは「自分の夢は叶えたい、でもリスクは背負いたくない」としか聞こえない。

自由人

正直、テメエの金でリスク覚悟で投資している人間からすると、何でもかんでも補償してくれと言っている連中には虫唾が走る、世の中そんなに甘くはね〜よ。
確かにセーフティネットは大事だが、それは本当に必要な人間に必要最低限で用意されるべきものだ。
はあ〜それにしても、ボラが高い相場が続いたので感覚がおかしくなってるな、利確してもショボい額に思えてしまう、気をつけねば。
それじゃそろそろ寝るとしますか。

不識庵謙信

論外

似非ミュージシャン

甘ったれるな

名無し

既に補償が…とかの段階超えてて、彼ら含めて我々は新しい働き方なりメディアのあり方なりを考えないとダメな時期

多くの人が外出自粛になってテレワークなり新しい形で適応しようとしてるんだから、無観客で有料配信するとか、色々やり方はあるはず

逆にそういう生き残り方が出来ないところはこの先補償貰えたところでコロナ影響の不況で潰れる

たろうちゃん

正論としては、管理人さんの意見が当たり前のことだと思う。だけど議員っていうやつらは数=票でうごくんだよなぁ、、20万人とその周りの数=票に目を向けるのだ。だから農林水産族のバカ議員が有力団体におもねて和牛券だとかお魚券なンてバカな提案をするのだ。こういった一部の集団の要求を潰すにはそれ以上の数が必要となるのだ。こんな主張が出てくるのも政府の支援のスピードと中身に実効性がないからだ。ホント日本の国会議員ってバカばっかりだ。

オバマ

お客が その家族らが 泣くのだよ!
個人経営の飲食店に閉鎖が続いていますし、カラオケ店やスポーツジム、ホテルなども困難に直面しています。現にクラスターを発生させたライブハウス業界が都の自粛要請を理由に経営危機を訴えても、現時点では賠償は無理、補償は難しい、融資は可能…という段階ですね。イベント中止にともないホールや会議室のキャセル料は免除していますから、商業施設の固定資産税の減免、特に償却資産は必要だと思いますし、緊急融資は検討していると思います。
分化云々と言うなら自助、共助、公助ですから、まず賛同者は自ら寄付金を出して、募金を集めたらどうかな…文化より日々の食事や学校給食を支える方が先だと思いますよ。

恋ダウド

論外
それを言い出したら他の客商売はどうなるんだ
少なくとも音楽を聴くのは必須ではない、趣味だろうに
自己中心的すぎる

ななし

被害を受ける時間差があるだけで、どの事業やってても必ず莫大な損害を受けるのは間違いない
先行してるのが飲食、観光、芸能というだけ
これがまかり通るなら全ての業界に莫大な税金を投入して補償しなければならない
普段は反体制気取ってくるくせにダサすぎるわ

名無し

クラブのお姉ちゃんが、
補償しろ、と言ってたけど、
「前年の確定申告の所得を全額補償」
で店を閉めてもらえば良いんじゃない?

あまこちゃん

商売あるいは自営業というものは、当然、自己責任であるべきだ。儲かっている間は脱税し、損したら補償しろだと、そんなことをやっていたら、国家破産だ。嫌ならサラリーマンをすればいい。失業保険も出ますよ。でも、それが嫌で商売を始めたんだろ。儲かるつもりだったんだろ。それなら、人のふんどしを当てにするんじゃない。まずいラーメン屋が潰れて、補償を要求したら、どう思う。それと同じだ。

ビザ復活

『水商売』という言葉があります。
人々の嗜好と気分に依存した商売は、盆の上の水と同じで、少し傾けただけで、一斉に動いてしまうからです。

ライブハウスも水商売です。人々に余裕があればチケットを買って頂けるでしょうが、今は、トイレットぺーバーの買い占めに一生懸命です。チケットを買う余裕はありません。そのような酔狂は、ごく少数だと思います。

芸術を志す人たちにとっては、今が絶好のチャンスです。このような現実の厳しさこそが、芸術の源であり、人々の心を捉えることが出来るからです。現実に居直って、被害者ビジネスで他人に保証を要求するのは韓国人の諸行です。韓国人のように暗黒面に落ちないで、現実に目を向け、それを芸術の糧にすることが大切です。

今のこの瞬間を大切にして、感動を与えてくれる素晴らしい芸術が生まれることを期待しています。
でも、多分無理か。。。。被害者ビジネスに奔走している時点で、既に、自称芸術屋だし。

零戦搭乗員

俺の両親は戦争中、中国で知り合い結婚して(親父は兵隊、母親は軍のタイピストで慰安婦ではない)俺が生まれ、これ迄の人生悪いことばかりであった。今は貧乏下流独居老人だ。これも国が戦争を始めたのが原因であり俺は戦争被害者であるので、国に補償を求める、、とライブハウス並な言い掛かりも言えるのだ。

Thinker beer(妖精)

篠田ルミって誰?

ポカテッロ

皆が苦境に居るなか国の過失でもないことに、ことさら補償補償と言い出す様は、やはり詐欺かタカリかと・・・・。緊急事態宣言を出せない理由として、こういう輩に好材料を与えるからというのもあるのかもしれません。遺憾です。

零戦搭乗員

損失補填の請求は中国にして欲しい。それにライブハウスが武漢肺炎を広めている責任はどうとるの?

零戦搭乗員

ソープランドも客が来なくなったからと、国が補償をするのか?

音楽関係職

他の記事はいつも興味深く拝見させてもらってますが、この記事はかなり不快です。
そもそも音楽に国境がないとかいうぶっ飛んだ理想・理論前提なのが妄想でしかなく勝手に押し付けるなと。
漫画家はネットにアップしろと言っているのと同じで金儲けは考えずに人々を喜ばせろと聞こえます。
詳しくもない分野には首を突っ込まないで頂きたい。

自由人

ビジネスとして考えれば、音楽業界はまだマシな方ではないですか、ライブやコンサートができない状況は確かに大変でしょうが、知恵を絞れば他に利益を得る方法が全くないという訳ではないのですから。
音楽業界に関わらず、それぞれの業界にとって重要な存在を守りたいと言うのならば、まずはその業界で生計を立てている人たちができる限りの努力をするべきではないですか。
少なくとも世間一般の人々の多くは署名によって補償を要望する前にまだまだできることがあるのではと感じていると思います。
それに冷たいことを言うようですが、ライブやコンサートがなければ生計を立てられないと言うミュージシャンならば、副業でもバイトでもして生きるために金を稼ぐしかないでしょう、誰かに強制的にミュージシャンになれと言われて、その世界で生きているわけでは無いのですから。
それぞれの事情があるのはどの業界も同じです、音楽業界だけが特別なわけではありません。
もっと八方塞がりになっている職種や業界が他にいくらでもありますよ。
それから誰も金儲けを考えずに皆を喜ばせろなどとは言ってはいません、利益を得るために新たなビジネスモデルを考えるとか他にやることがあるのではと言っているだけです。
個人的にも素晴らしい音楽には対価を惜しむつもりはありませんし。