【武漢肺炎】ウイルスが脳に大きな後遺症を与える可能性

【武漢肺炎】ウイルスが脳に大きな後遺症を与える可能性

皆様、おはようございます。GWであるわけだが、新型コロナウイルス【武漢肺炎】の感染拡大は一向に減らない。日本でも緊急事態宣言が1ヶ月延長する方向性へと進んでいる。5月に入ったが日本人の防衛に必要な日本国内の感染状況と最新の研究成果を引き続きサイトで紹介していくつもりだ。

それで、問題なのはこの新型コロナウイルスは決して、感染してはいけないかもしれないという類いの危険な病気かもしれないてことだ。ウイルスが脳に大きな「後遺症」を与える可能性があるという。

>そこで、複数の研究チームが新型コロナウイルスが脳に感染するかどうかを調べた結果、鼻腔や肺の神経を遡って中枢神経に到達するほか、脳関門を突破して血管から脳へ侵入する能力があることが示唆されました。また中国では、重症化した人間の3人に1人が不注意や見当識障害から、排尿が困難になるなどの後遺症が報告されています。

武漢肺炎は脳にまで侵入する能力があると。しかも、重症化すると3人に1一人が不注意うあ見当識障から、排尿が困難になるなどの後遺症が報告されたと。後遺症まで残るので絶対、感染は避けた方がいい。だから国民の大多数が菌を保有するとかいうやつはおそらく危険だと思われる。ここからかなり深刻な状況について見ていくが、中国はとんでもない殺人ウイルスをばらまいてくれたものだ。

>4月10日には、感染者の約36%で神経症の症状がみられ、そのうち68%は中枢神経にかかわる深刻な症状を発症するとの報告があがります。特に重傷者では顕著であり、脳血管症・脳卒中・意識障害・四肢のけいれんなどが発生しました。

重症者が突然、倒れたりするケースは神経系の症状が原因なのか。でも、肺にも大きなダメージが来るのだろう。

>また、急性脳血管症で緊急搬送され後にウイルス陽性が確定した何人かの患者には、典型的な新型コロナウイルスの症状(発熱や咳など)が全くみられませんでした。これはウイルスが呼吸器系へのダメージよりも早く、脳でのダメージを広げていたことを示唆します。

まさか、症状が見られない患者は、先に脳でダメージを受けていたからという。

>この奇妙な事例がウイルスの変異、もしくは患者の遺伝的特性によるものなのかはまだわかっていません。しかし、もし変異によるウイルスの新たな特性であるならば、ウイルスがメインターゲットを呼吸器系や血管系から中枢神経へと切り替え、重大な強毒化が起きたことになります。

これは判断が難しいな。ただ、後者の変異によるウイルスの新たな特性ということで、殺人ウイルスが脳へとターゲットを変えて、さらに殺しにかかっていることになる。今まで感染者を増やす目的だったはずが脳に攻撃とか、どういうことなのか。

>生活習慣病を抱えていたり高齢である場合は、ウイルスが破壊した血管で形成される血栓に対して脳は脆弱になり、脳梗塞を起こしやすくなる/Credit:富士脳障害研究所附属病院

これは日本でも数例は確認されている。金正恩の重体ニュースでも、脳梗塞が原因ではないかという噂もある。とにかく何らかの病気を患っていたり、体力や免疫力が低下している高齢者の場合は脳梗塞を起こしやすいと。

【武漢肺炎】ウイルスが脳に大きな後遺症を与える可能性

最新の研究により、新型コロナウイルスの正体はただの肺炎ではなく、全身の血管に感染する「全身性血管炎症」であることが分かりました。

しかし感染者が増えるに従って、呼吸器系や血管系(循環系)とは異なる「神経系の症状」がみられるケースが増加しています。

そこで、複数の研究チームが新型コロナウイルスが脳に感染するかどうかを調べた結果、鼻腔や肺の神経を遡って中枢神経に到達するほか、脳関門を突破して血管から脳へ侵入する能力があることが示唆されました。また中国では、重症化した人間の3人に1人が不注意や見当識障害から、排尿が困難になるなどの後遺症が報告されています。

脳への感染を示唆する3つの研究報告

2月27日、中国の研究者によって新型コロナウイルスが脳に感染する可能性が言及されました。

かつて流行したSARSやMERSには脳に感染することが知られており、SARSやMERSと類似点が多い新型コロナウイルスにも神経系への感染力が疑われたからです。

4月10日には、感染者の約36%で神経症の症状がみられ、そのうち68%は中枢神経にかかわる深刻な症状を発症するとの報告があがります。特に重傷者では顕著であり、脳血管症・脳卒中・意識障害・四肢のけいれんなどが発生しました。

また、急性脳血管症で緊急搬送され後にウイルス陽性が確定した何人かの患者には、典型的な新型コロナウイルスの症状(発熱や咳など)が全くみられませんでした。これはウイルスが呼吸器系へのダメージよりも早く、脳でのダメージを広げていたことを示唆します。

この奇妙な事例がウイルスの変異、もしくは患者の遺伝的特性によるものなのかはまだわかっていません。しかし、もし変異によるウイルスの新たな特性であるならば、ウイルスがメインターゲットを呼吸器系や血管系から中枢神経へと切り替え、重大な強毒化が起きたことになります。

4月15日には、ウイルス感染により神経症を発生させた患者の後遺症についての研究報告もあがってきました。

この研究でも、重症患者で神経症が高い確率で発症した点に言及したほか、重症化した患者の3割が退院後も不注意や見当識障害から、トイレで排尿を正しく行えなくなるなどの、深刻な後遺症が発生したことを報告しました。

ウイルスにより脳がダメージを受ける仕組み

生活習慣病を抱えていたり高齢である場合は、ウイルスが破壊した血管で形成される血栓に対して脳は脆弱になり、脳梗塞を起こしやすくなる/Credit:富士脳障害研究所附属病院

上にあげたように、複数の研究でウイルスが脳にダメージを与えることがわかりました。

ウイルスが脳へダメージを与える仕組みとして考えられているものには、次の3パターンが存在します。

1つ目は、ウイルスが血管に感染したことで血管が損傷して血栓を生成され、それが脳血管をつまらせた可能性です。

これは現在最も広く知られている事例です。特に生活習慣病をもつ人や高齢者など、血管が弱っている人はウイルスの血管に対する攻撃に脆弱で、より多くの血栓を生成してしまいます。

画像は人間の壊死を起こした脳。マウスを使った実験では鼻腔の神経を遡ってウイルスが脳に到達したことがわかっている/Credit:Clinical Infectious Diseases

また第2には、ウイルスが鼻腔や肺の神経から遡って脳に到達した可能性です。

これは新型コロナウイルスの仲間であるSARSやMERSが脳に侵入するためにとった手段と同じです。

SARSやMERSの患者の脳細胞からは実際にウイルス粒子が検出されました。

新型コロナウイルスはSARSやMERSと同じ種類のウイルスであり、ゆえに侵入方法も同じ可能性があります。

またウイルス感染により、多くの重症者から自律的な呼吸能力が失われることが知られており、呼吸を制御する脳幹にウイルスが感染している可能性も示唆されています。

そして第3には、ウイルスが脳関門を突破して血管から脳に感染した可能性があげられます。

脳関門は脳に繋がる血管のフィルターとしての機能がありますが、いくつかのウイルスは関門を突破する能力があります。

重症化したインフルエンザウイルスの感染患者では、脳関門を突破してウイルスが脳内で増殖することが知られています。

※何かリンク先の表示がおかしいが、管理人の責任ではない。リンクは存在しているのだがリンク先はここに飛ぶという謎仕様である。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る
相手が強すぎる
2020年5月1日 7:59 午前

感染力の強さ、病状の重さを勘案すると人類が戦う最強のウィルスなのか

人工的ではないと結論を出したようだが、まだ信じられない
>米国家情報長官室(ODNI)は4月30日、世界各地で猛威を振るっている新型コロナウイルスについて、中国が起源だが人工的なものでも遺伝子組み換えされたものでもないとの結論に達したと発表した。

新型ウイルス「人工でも、遺伝子組み換えでもない」 米情報当局
https://news.livedoor.com/article/detail/18200129/

退職者
2020年5月1日 9:11 午前

武漢肺炎ウイルスは脳までダメージを与えるのは 日本でも症例が出ていましたね 1人住まい20代の
会社員が倒れていて救急搬送 コロナ陽性が確認され頸部に硬直があるのを医師が発見 脳膜炎を発症
していたことが確認されました この青年 命を取り留めリハビリ中とのことです

それに加え人口呼吸器などを使用した重度感染者は 完治した後 肺にかなりのダメージが残り酸素飽和
度が通常96~100%ところ90%を切る方が散見され また間質性肺炎 肺線維症も発症され重度の方は一生
酸素ボンベのお世話になるとのことです

このウイルスは心臓にも悪さをします 心臓の筋肉に炎症を起こす心筋炎を発症さすことも判明しています
そして腎機能も低下させ腎不全を発症させることも判明し コロナ治療とは別に人工透析も使用する患者も
いるとのことです

とにかくコロナに感染しないように 個々が気を付けること パチンコ店に行列するクソ馬鹿はこのような
ことは一切知らないでしょうね どれだけ苦しい病か そして完治しても後遺症が残る恐ろしい感染症であ
るとことを理解できないやつに何を言っても無駄ですが・・・・・皆さん気を付けましょう

ROCK
2020年5月1日 9:56 午前

管理人様、情報ありがとうございます。
ただ、私はこの情報は字義通りの意味で半信半疑です。(半分本当かと)
インフルエンザなどでも悪化したら高熱で脳膜炎や脳梗塞を併発します。
私はだいぶ前に悪性の風邪を長期化させ、軽い脳梗塞になりました。
まだ、研究の余地が大きいかと。
中国からの情報(自国に不利になる情報をあえて、というのと情報で恐怖を煽る)はあまり信用できないが、
日本でもあるらしいので、中国以外の他の国での調査、研究が待たれます。

rom専
2020年5月1日 12:17 午後

肺以外に脳や臓器、血管にも後遺症を残す。で根本的な治療法は無い。うぉー、これ以上頭が悪くなるのは困る。
でも普通に会社行って、特に休業者が多いわけでも無い。在宅ワークは増えたが。
甘く見てしまいそうで怖いな。マスクとうがい、手洗い以外にやってる事は無い。熱が無いから安全とは言えないらしいし。
ある日自分が感染者と言われる日が来るかも。でも他に出来る事も思いつかない。
なぜ厚生省は効果があると言われるアビガンを国内で使用させないのか?
利権や天下りを疑う情報もあるが、何が本当か全くわからない。中国は責任取らないだろうし。
病気の鎮圧後は本当に中国の立場が変わるかも。