国家公務員法改正案 (立憲民主党や社民党の支持団体、自治労が要望していた、役人の定年延長法案)も見送りへ

国家公務員法改正案 (立憲民主党や社民党の支持団体、自治労が要望していた、役人の定年延長法案)も見送りへ

記事要約:検察庁改正案を自民党はどうしてもこれをどさくさに紛れて通過させないと行けないとか、ネットで噂されていたが、あっさり検察庁改正案の採決は見送られた。

管理人は結局、これは慣例に沿った動きであって、内閣というか、法務省が検察からの要望を受けただけだと思うんだよな。だから、検察自体に検察庁改正案についての反対の声はない。検察OBがどうとか述べているが、すでにやめた人間が内部の人事についてどこまで知っているかは怪しい。結構、不透明なところがあるが、先ほど指摘した通り、野党にとってはブーメランのようだ。

そもそも、これ民主党から始まったものなんだよな。そして、何年も審議してきてやってきたのに、いきなりコロナ時期がどうとかで潰されてしまった。野党にとってはダメージ大きいと思うのだが、その野党もなぜか反対したからな。どうなってるんだろうな。

>政府は、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案の今国会成立を見送る方向で調整に入った。政府高官が18日明らかにした。検察の独立を脅かす恐れがあるとして同改正案に反対する世論が高まる中、採決を強行して批判を招くのは得策ではないと判断した。

そもそも、検察を独立を脅かすと言うが、検察が独立した方が怖いと思う。検察のさじ加減で何かの出来事が決められるのを左翼はお望みなのか。それとも、すでに左翼は検察の人事でも掌握しているのか。でも、野党のブーメランになったのだから、痛み分けでいいんじゃないか。本番は秋だろう。その時に、誰か覚えているかは知らないが。

国家公務員法改正案 (立憲民主党や社民党の支持団体、自治労が要望していた、役人の定年延長法案)も見送りへ

政府は、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案の今国会成立を見送る方向で調整に入った。政府高官が18日明らかにした。検察の独立を脅かす恐れがあるとして同改正案に反対する世論が高まる中、採決を強行して批判を招くのは得策ではないと判断した。

「束ね法案」となっている国家公務員法改正案などと合わせ、秋に予想される臨時国会で仕切り

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051800135

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

矢切の私 (@guest_49406)
2020年5月18日 2:15 午後

公務員労組(自治労組)からの支持が無くなって、次の選挙で立憲他が全滅しそうだね。

退職者 (@guest_49400)
2020年5月18日 1:39 午後

検察の独立を犯す・・・・反対する世論が高まる 意味がわからない 本当に反対の世論が高まりましたか?
ハッシュタグをつけてまったく意味を理解していない烏合の衆団が 騒いだだけ それも著名な人間が反対し
ているので政府案はおかしいと言う始末 それをコロナ疲れの視聴者にYV局が取り上げてバカチョン芸能人に
コメントを言わせて 空騒ぎをさせているだけの三文芝居 
これと同時にバカチョン夜盗連中が尻馬に乗って大騒ぎ 反対!反対!反対!の大合唱   反対の皆さん何
について どこがおかしいのか そして国家公務員定年延長は永久に反対なのか どの条文に不具合があるのか
具体的 具象的に述べよと言われたらほとんどが答えられないでしょ 雰囲気に流されて反対表明しているバカ
ばかり 特に意味の理解できないボンクラ芸能人は気を付けた方がいいですよ!TVでなぜ反対されたのですか
と質問されたら大変でしょWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW^¥^

ちわわ (@guest_49399)
2020年5月18日 1:36 午後

相打ちになるのか、それとも立憲民主党の方がダメージが多いのか。取り敢えずやられっぱなしでなければいいです。風向きが変わるように、どんどん攻めてほしいですね。