〔俺の噂〕ラサール石井、日本は第二次世界大戦中に戻り、アメリカは南北戦争に戻っている。

〔俺の噂〕ラサール石井、日本は第二次世界大戦中に戻り、アメリカは南北戦争に戻っている。

記事要約:ラサール石井って、室井氏と同じで左翼の仲間の内では人気があるのか、ないかは知らないが、またわけのわからないことをツィートしている。

https://mobile.twitter.com/lasar141/status/1267132893077233665

しかし、あれだよな。左翼て、いつもこういうわけのわからないことを言い出すが、自分たちが生まれていない時代について聞きかじった程度の知識で、その時代を見てきたかのよう言い出す。ラサール石井はいつ第二次大戦の頃に生まれて、米国の南北戦争時代に生きたのか。

管理人は日本の第二次大戦中なんて知らない。米国の南北戦争なんてもっと知らない。左翼は良く安倍総理をヒトラーとか言い出すが、少なくとも安倍総理は国民の信頼を受けて総理大臣をやっているのだが。しかも、8年な。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
23 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る
muju
2020年6月1日 7:53 午後

ラサール石井なんてどうでも良いが(良くはないけど)、最近WHO委員長と愛知県知事の顔が似すぎている感じがしてイヤーンな感じ笑

ティンカビール
2020年6月1日 10:16 午後
Reply to  muju

愛今の愛知県知事は、共産党候補者と2択だったんだよ。

rom専
2020年6月1日 7:52 午後

PCクラッシュして再構築。新しいMicrosoft Edgeを開いてみる。毎日、共同、朝日、謎の韓国押し。安倍首相支持率低下と嬉しそうに表示。
半日マスゴミのオンパレード。産経のニュースは何故か一件も表示されない。ラサールもそうだが、左翼はこうやって国民を洗脳支配する。
とりあえずMicrosoft Edgeニュースは表示offに。あんな左翼主張の塊叩きつけられたら頭が悪くなる。
でも騙される人は増えるだろうな。嫌な時代だ。

ろっしゃん
2020年6月1日 7:52 午後

ラサール校は良い迷惑ですね

看とり屋
2020年6月1日 10:10 午後

ラサールじゃなくて、おサールだな。
知能の程度からして。

零戦搭乗員
2020年6月4日 8:13 午後
Reply to  看とり屋

猿の知能は本人よりいいと思います。天井から吊り下げたバナナの下に棒と椅子を置いていて、それを上手く利用できるのだろうか?

看とり屋
2020年6月1日 8:36 午後

お前は猿に戻ってしまえ。

零戦搭乗員
2020年6月4日 8:15 午後
Reply to  看とり屋

とっくに戻っていると思います。更にリス猿へと退化しています。

ちわわ
2020年6月1日 9:54 午後

ラサールだけではないが、今の日本に本当の左翼はいないと思う。ただの反日。反日だけでは都合が悪いので、左翼を装っている感じ。日本を貶めるためだけに存在する、個人や団体なんだと思う。ラサールが、第二次世界大戦中に戻りなどと発言しているようですが、現代では反日極左の方が発言力が大きく紙面を賑わせているので、終戦後になったら一斉に排除されることになりますね。

ROCK
2020年6月2日 3:37 午前
Reply to  ちわわ

20世紀の思想も踏まえない陳腐な”人類の解放、平等理想社会の実現”を目指しての左翼ですが、
現状では革命は無理だから反権力、反政府運動に特化して反日、政府の破壊活動に専念している。
馬淵睦夫氏が言っていたが、グローバリズムと左翼の活動は
“国民国家、社会あるいはナショナリズムの破壊活動”では通底する。
米国の民主党など左翼とグローバルが混ざってる感じがする。
日本の左翼はもっとレベルが低い幼稚園児なみのお花畑脳で反日、反権力。
というところだと思っています。

零戦搭乗員
2020年6月5日 7:39 午前
Reply to  ROCK

外国の左翼は国を思いやった上での、結果として右翼と意見を異にする左翼であり、日本の様な左翼=売国ではない。日本には本当の意味での左翼は存在せず、売国のみが存在する。左翼思想でなく売国思想だ!恥を知れ!

ROCK
2020年6月2日 3:53 午前
Reply to  ちわわ

追伸  左翼、あるいはいわゆる進歩的な人もこのサイトを見ている場合があるだろう。
ひょっとしてないか? 見ていたら反論してこいよ。
そのほうが知的には生産的だから。(反論内容が深くなる)
左翼、朝鮮人が屑だとこれだけ言ってもない。
やっぱり見たくないのか。こいつら逃げるしなあ。挑発しても無理か。

迎恩門
2020年6月1日 11:20 午後

アホール石井さんは今日も平壌運転ですねwこんなあほツィートで小遣い貰えるんだから確かに楽なバイトですね。
人間出処進退を誤るとどこまでも醜くなるのですね。コイツ見てるとあの92歳の慰安婦詐欺ババアの同類だってことがよくわかります。

オバマ
2020年6月1日 9:21 午後

日米も ベストじゃないが ベターだよ!
其なら中国は文革、韓国は李朝末ですか?
さて、日本は軍国主義と言われたWW2、アメリカは奴隷解放の南北戦争(Civil war)と言いたいのでしょうが、全然違う。WW2中にこういう発言をすれば憲兵に捕まり、敗戦まで2度とラジオや舞台に戻れなかった。
南北戦争時は大多数の黒人は奴隷だったし、解放奴隷に公民権が無かったり、アジア系の多くは奴隷契約に縛れた低賃金労働者だった。1960年代の公民権法成立まで、公共施設やバス、自販機まで公然と差別が行われた。現在では建前として人種差別は許されないから、テロ紛いのデモが行えるのですよ。奴隷が新型コロナ(武漢肺炎)になれば生きていても焼かれかねんよ!

はげ中年
2020年6月2日 12:14 午前

この手の芸能人が、中国や韓国も非難すれば少しは説得力があるのですがね。
今一番問題なのは、中国だろと。

追求無悔
2020年6月2日 8:05 午前

日本中が笑いに包まれるくらいに、もっともっとしゃべらせた方がいいのかも。どんどん落ちていく自分を深く味わってもらいましょう。

ユキノシタ
2020年6月2日 12:21 午前

【目次】
外務省:
 日・ベトナム外相会談

外務省:
 外交専門誌『外交』の発行

ユキノシタ
2020年6月2日 12:25 午前

【外務省】
日・ベトナム外相電話会談
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008461.html)
令和2年6月1日
ーーーーー
 6月1日,午後4時頃から約25分間,茂木敏充外務大臣は,ファム・ビン・ミン・ベトナム社会主義共和国副首相兼外務大臣(H.E. Mr. Pham Binh Minh,Deputy Prime Minister and Minister of Foreign Affairs of the Socialist Republic of Viet Nam)と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,茂木大臣は,ベトナムの新型コロナウイルス感染症に対する取組を評価するとともに,ベトナムからのマスクの支援に謝意を述べました。これに対し,ミン外相からも日本の取組を高く評価する旨の発言がありました。

2 両外相は,今後の感染拡大防止とともに,経済回復が両国にとって重要な課題であり,そのために日越で協力していくことを確認しました。また,新型コロナウイルス感染症対策を取りつつ,必要な人材の往来を再開する可能性について,日越間で協議を進めていくことで一致しました。

3 加えて,茂木大臣から,新型コロナウイルス感染症に関するベトナムに対する協力(技術支援・医療機材の供与等)や技能実習生や留学生を始めとする在日外国人への支援等について説明しました。これに対し,ミン外相からは,日本からの支援に対する深い謝意が表明されました。両外相は,将来の感染症の拡大を防ぐ観点から,国際協力の重要性について認識を共有しました。

4 また,両外相は,日ASEANや日メコンの枠組みにおいて緊密に連携していくことで一致しました。
ーーーーー
と転写してみる。

ユキノシタ
2020年6月2日 12:32 午前

【外務省】
外交専門誌『外交』Vol.61の発行
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/gaikou/vol61.html)
令和2年6月1日
ーーーーー
 外交専門誌『外交』は新型コロナ感染症防止対策で読者の皆さまが図書館等にアクセスしにくい状況に鑑み,最新号Vol.61(5月末刊行)の全記事をPDF形式で無料公開しています。

最新号Vol.61
 ぜひ御一読ください。

 外交専門誌『外交』Vol.61が発行されました。特集は「新型コロナと闘う」です。『外交』は,『外交』編集委員会が幅広い視点から,日本を取り巻く国際情勢の現状,外交に関する各界各層の様々な議論を広く紹介する,国内唯一の外交専門誌です。ぜひご愛読ください。


特集:
新型コロナと闘う
巻頭インタビュー:
感染症対策「森を見る」思考を
押谷仁(東北大学教授/政府専門家会議委員)(PDF)
インタビュー:
日米「一体化」で問われる日本の役割
小野寺五典(衆議院議員)(PDF)
『外交』誌に関する情報は『外交』ホームページをご覧ください。

(電子書籍版も発売中)

Vol.61目次(PDF)


編集:『外交』編集委員会

委員長
田中 明彦(政策研究大学院大学学長)
委員
川島 真(東京大学教授)
田中 淳子(NHK広報局長)
細谷 雄一(慶応義塾大学教授)
顧問
春原 剛(上智大学特任教授)
編集長
中村 起一郎(都市出版株式会社)
発行:外務省

企画・制作:都市出版株式会社
定価:本体819円+税 (電子書籍版 本体429円+税)
発売日:奇数月末日
発行回数:年6回発行予定
体裁:A5判 150頁前後
(続く)

ユキノシタ
2020年6月2日 12:35 午前

(続き)
『外交』バックナンバーのお問い合わせは以下へご連絡ください。

Vol.1~6及びVol.13~Vol.30の問い合わせ先
株式会社時事通信出版局
電話:03-5565-2155
メールアドレス:mbook@book.jiji.com
Vol.7~12及びVol.31以降の問い合わせ先
都市出版株式会社
販売部 電話:03-3237-1705
メールアドレス:t-order@toshishuppan.co.jp
バックナンバー
ーーーーー
と転写してみる。

ユキノシタ
2020年6月2日 1:00 午前

関連:
 最新号
(http://www.gaiko-web.jp/archives/2769)

 感染症対策「森を見る」思考を
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100059979.pdf)

 日米「一体化」で問われる日本の役割
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100059980.pdf)

 『外交』ホームページ
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/gaikou/index.html)

 電子書籍版
(http://www.gaiko-web.jp/)

 Vol.61目次(PDF)
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100059983.pdf)

 バックナンバー
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/gaikou/index.html#section2)

ぼく
2020年6月2日 3:29 午後

日本は第二次世界大戦中に戻り・・・たしかに、あたっています。今の報道は、一方向のおしつけキャンペーンになっている。反日、反安部。出演者は、キャンペーンに反する言動ができなくなっている。日本、アメリカを、この時期に、貶める言動をするということは、スポンサーは、中国ということですね。
 

零戦搭乗員
2020年6月4日 8:10 午後

中国は三国志の時代に戻り、韓国は旧石器時代にもどっているか?ラサールさんは猿から進化してないかも?いや猿に失礼か?アメーバなら怒らないか?いやそれも失礼か?武漢ウイルスで手を打とう。