拉致被害者・横田めぐみさんの父 滋さん(87)が死去

拉致被害者・横田めぐみさんの父 滋さん(87)が死去

記事要約:北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの帰りをずっと待ち続けていた父親の横田滋さん。残念であるが5日に亡くなられたようだ。まずは、心からお悔やみ申し上げる。

管理人も拉致問題については政府の限界を感じていた。正式な軍隊を持たない日本は北朝鮮にとって脅威でも何でもない。だから、こうして拉致された人々を救うことさえできない。日本が弱い国のままでは駄目だと感じたのも拉致問題がきっかけでもあった。あれから、我々は強くなったんだろうか。否、憲法改正もできないのが現状。日本人の平和ぼけも治っていない。

国や領土を失わないとこの国は覚醒しない。もっとも、既に竹島を韓国に奪われているし、尖閣諸島だって中国が支配しようとしている。国防の重要性を理解しない。それが今の現状であり、何も変わってないところだ。横田めぐみさんや拉致被害の救出どころか、北朝鮮のスパイを国に置いている始末。教育がどうとかよりスパイはさっさと追い出せよ。彼らが教育というなら、浚われた横田めぐみさんはその教育を受ける権利さえ奪われた。米国から牙を抜かれた日本が再び、牙を取り戻すにはあと何十年かかるんだろうな。

拉致被害者・横田めぐみさんの父 滋さん(87)が死去

中学1年生の時に北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親で、40年以上もの間、娘の救出活動を続けてきた横田滋さんが5日午後亡くなりました。87歳でした。

横田滋さんは昭和52年、中学1年生の時に新潟市の学校から帰る途中、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親で、40年以上にわたって娘の救出を訴えてきました。

平成9年に拉致被害者の家族会が結成されてからは、会の代表として、妻の早紀江さんとともにすべての都道府県を回り、救出を求める署名活動や1400回を超える講演を重ねてきました。

早紀江さんとともに“拉致被害者の救出運動のシンボル”として活動の先頭に立ってきた滋さんは13年前に家族会の代表を退きましたが、その後も各地で被害者の帰国を訴え続けてきました。

しかし、解決にあまりにも長い時間がかかるなか、足腰の衰えに加え、会話にも詰まるようになり、全国を回っての講演活動などは平成28年3月を最後にできなくなっていました。

めぐみさんが拉致される前日の自分の誕生日に娘からプレゼントされたくしを大切にしてきた滋さん。高齢となり解決が時間との闘いとなる中、被害者の一刻も早い帰国に向けた北朝鮮の決断と日本政府の取り組みを求めていました。

滋さんは、体調を崩しおととし4月から川崎市内の病院に入院していましたが、5日午後、亡くなりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200605/k10012460061000.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
6 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る
通りすがりの読み専人
2020年6月5日 9:49 午後

一日本人として拉致被害者とそのご家族、関係者の方々には本当に申し訳なく思います。

「戦後日本が平和に~」と宣うのを見聞きする度に「同胞を見殺しにして己が安泰であることに安住する恥知らず」それが今の日本人の真実だと思います。

斯く言う私も酒を飲み旨いものを食べ享楽に身を委ねる事が侭あります。拉致の事を忘れて居るのです。

でも横田ご夫妻を始め被害者とそのご家族は片時たりとて忘れて事は無いでしょう。人生の殆どをその様な理不尽に直面されてきた事は想像を絶します。

拉致問題を思う都度無力で薄情な自分に忸怩たる思いを感じます。

横田様本当に申し訳ありません。
何処かでお嬢様と再会される事を願って居ります。

ちわわ
2020年6月5日 9:58 午後

本当に無念だったでしょうね、気の毒すぎる。残されたお母さんが心配です。日本でのうのうと暮らしている在日朝鮮人と、拉致被害者を交換するべき。理不尽すぎる。本当に許せない。武力は絶対に必要なのだ。憲法改正を必ず成し遂げなければいけない。国民を拉致されたまま、何もできない日本が情けない。拉致問題を風化させてはいけないのだ。

追求無悔
2020年6月5日 10:39 午後

拉致被害者を救出するために必要なことは何かと考えたら憲法改正は絶対に必要です。憲法改正を阻もうとする人間は拉致などなんとも思わない連中です。打ち抜いてやりたい、そんな気持ちになります。

ジャック
2020年6月5日 9:26 午後

心よりご冥福をお祈りいたします。
痛恨の極みです。
 

Last edited 1 month ago by ジャック
零戦搭乗員
2020年6月6日 5:32 午前

当時の社会党(今の売国民主党)の代表、土井たか子が「北による拉致はない」と言って頑張っていた。しかしそれがあると分かると「そんなこと言ってない」と開き直っていた。まるで今の武漢ウイルスの中国だ。日本の海上保安庁も不審船を見付けても何も出来なかった。憲法九条が原因と言っていたが、、?遂に不審船に発砲をしたが、北からは何の報復もなかったのだ。何をビクついていたのか?お花畑は臆病者と同じだ。

rom専
2020年6月6日 1:43 午後

無念です。
家族を取り戻してあげたかった。
この人の人生は何だったのか?
娘を奪われ、無理解な社会、邪悪な北朝鮮、卑劣な社会党と諦める事無く戦い続け、最後は倒れた。
 
自国民を拉致され人権を侵害されても戦う事もできない日本。
しかも、戦う力はあるのに。それを行使しようとしないマスゴミ、政治家。
行動しない我々国民。それらが横田さん一家を苦しめた。
北朝鮮に期待するだけ無駄だ。アレはそういう生き物。自国軍のみが国民の人権を守る。
なのに自国軍の足を引っ張り続けた戦後日本。
 
今、我々大人が何かしなければ敗戦の傷はそのままで、私たちの子供たちに押し付けられる。
それは許してはならない。今大人が行動しなければ。
弱肉強食の国際社会、自らの為に戦わない者に人権は無い。