F35 アジア・太平洋地域の整備拠点 愛知の工場が運用開始に

F35 アジア・太平洋地域の整備拠点 愛知の工場が運用開始に

記事要約:最新鋭ステルス戦闘機F35A。その太平洋地域の整備拠点として愛知の工場が運用開始となったというのが今回のニュース。そりゃ運用するなら整備拠点がいるので、それが愛知の工場が選ばれたわけだが、実はこのニュースには管理人が取り上げる情報が色々とある。

まず、この工場は三菱重工業だということ。さらにこの工場では航空自衛隊、在日米軍や在韓米軍、韓国軍のF35の整備も想定されているてことだ。つまり、韓国絡みてことだ。当たり前だが,韓国に最新鋭ステルス戦闘機の整備をする技術などない。そして、整備するならなるべく近い場所がいい。在日米軍や在韓米軍の近い場所が日本というわけだ。

>防衛省によりますと、航空自衛隊のほか、在日米軍や在韓米軍、それに、韓国軍のF35の整備も想定されていて、将来的には、1年間に30機以上の整備を行うことになるということです。

しかし、韓国軍のF35が含まれるなら、当然,韓国は日本の工場での整備を拒否するだろう。だったらどうするのか。つまり、韓国は購入した最新鋭ステルス戦闘機を整備することもできないわけだ。あほだろう。韓国人だろう。でも、反日をしている韓国が日本に整備を頼むなんて口が裂けても言えない。

F35 アジア・太平洋地域の整備拠点 愛知の工場が運用開始に

航空自衛隊やアメリカ軍に配備されている最新鋭のステルス戦闘機・F35のアジア・太平洋地域の整備拠点として、愛知県にある三菱重工業の工場が、今月から運用を始めることになりました。

F35は、アメリカやイギリスなどが開発した最新鋭のステルス戦闘機で、防衛省は、すでに配備が始まっているF35Aと、今後、購入する、短い滑走路で離陸し、垂直に着陸できるF35Bを、合わせて140機以上、配備する計画です。

愛知県豊山町にある三菱重工業の工場では、航空自衛隊向けのF35Aの最終的な組み立てを行っていますが、この工場が、今月から、アジア・太平洋地域のF35の整備拠点としても、運用を始めることになりました。

防衛省によりますと、航空自衛隊のほか、在日米軍や在韓米軍、それに、韓国軍のF35の整備も想定されていて、将来的には、1年間に30機以上の整備を行うことになるということです。

防衛省は、「防衛産業の基盤強化や、国際的な装備協力の深化につながる」としています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012491601000.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2
9 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃ (@guest_51044)
2020年7月4日 7:43 午前

アホだろう。韓国人だろう、、、笑える。幼い頃から反日思想を叩き込まれているから、なかなかそこから抜け出せない。日本人のほうもその辺が分かってきていて、かつての様に助け船もださずに傍観するだけ。ま、ただの傍観でなくてそれなりに対処の準備はするのだろうけど。二階や河村や額賀の親韓三兄弟さえ余計なことをしなければそれでいい。しかし、戦闘機の整備さえ他国頼みなのによく購入するよ。カネもねぇくせに、、、。

退職者 (@guest_51047)
2020年7月4日 10:01 午前

たろうちゃんがおっしゃる通り韓国政府は完全に金欠病 韓国次期戦闘機
は現在使用しているF15を大改装するか 進化系のF15を採用するかで政府
内部でカンカンガクガクの話し合いの真っ最中に 日本政府が次期戦闘機
にF35を決定したとたん 驚愕して日本に負けられないプライドが爆発しあ
とさきを考えずに 速攻でF35の採用に決定 
これがつまづきの始まり 韓国空軍は整備力に難点があり 自国で主要戦闘
機の製造も手掛けたことがありません それに加えて韓国政府の資金難で部
品調達に支障をきたし 他の戦闘機から部品を外して取り換える「共食い整
備」をする稀有なお国柄 韓国空軍の戦闘機稼働率は5割~6割程度 日本で
は97%の稼働率を誇ります これは米軍以上です  

韓国にとってF35は非常に高額なおもちゃ 日本ではF2戦闘機の製造経験も
あるのでF35の製造もお手のもの そして規定の滞空時間が来ればエンジン
を入れ替えなどの大型メンテも実施できるのがアジアでは唯一 日本だけ

去年の初頭から日本での整備をどうするか話し合いを重ねて来た韓国 決定
的になったのは 日本対潜哨戒機FCレーダー照射問題により韓国国防省が捏
造した談話を発表し続けた為 日本の手前もあり 日本での整備を諦めたよ
うです さて どこでするのか 米で整備するのが決定したようです
空中給油機を使用してアリューシャン列島からアラスカ米軍基地を経由して
カナダを横断して米国へ しかし非常に高額な燃料代などの経費がかかります
が それでも日本での整備を拒否 
これがバカチョン韓国政府の素晴らしいところですWWWWWWWWWWW^¥^

ジロウ (@guest_51042)
2020年7月4日 7:06 午前

バ韓国軍のF35はオーストラリアまで持っていって整備するのだとか。日本にとっては関わらないのが一番なので、好都合です。もし、操縦失敗して墜落したら日本のせいにしますからね奴らは。

ss65 (@guest_51067)
2020年7月4日 9:30 午後

韓国のF35は予算の関係で標準装備だと思ったけど、たぶん「F35もってますよ~」程度、
そういえば日本のF35は3年前にノルウェーの「ジョイント・ストライク・ミサイル」を検討したはず、射程300㎞の空対艦、空対地ミサイル、さあー大変だー、「空対地ミサイル」だー、
先制攻撃装備なぁー、あるじゃん、後は憲法解釈だけじゃん、来年かなぁー。。。

零戦搭乗員 (@guest_51083)
2020年7月5日 8:18 午前
Reply to  ss65

敵地攻撃は徹底的に相手を叩き潰したあとで、(相手国の民間人が犠牲になってもかまわない)専守防衛がドーとか国会で議論すればいいこと。そこで専守防衛に違反してたと言うなら、菅さんがでて来て「誠に遺憾、申し訳ない、反省して以後気をつけます」で終わり。無論相手国には一円の賠償金も支払わない。日本にコテンパンに遣られた相手国は恐ろしくて賠償金の請求は出来ないだろう。九条議論は戦争が終わってからでいい。防衛出動前に遣るべきでない。国民の命や財産、国の領土が九条の条文よりも大切なのは明白である。

ももたろ (@guest_51079)
2020年7月5日 4:28 午前

日本の領土を占拠しているような国の兵器を日本国内で整備なんかできないよね。
まあ、特定波長の電波で無力化するプログラムを入れてあげるのもアリだけど。

治部少輔 (@guest_51081)
2020年7月5日 7:09 午前

どうせ難癖付けて整備費用を払い渋るのは火を見るより明らかです。
こんな連中の整備請負から解放されて本当に良かった。

非韓三原則の堅持を!
一、助けない
一、教えない
一、関わらない

零戦搭乗員 (@guest_51084)
2020年7月5日 8:21 午前
Reply to  治部少輔

矢張り、整備表は前払いですね。

旭日戦闘隊 (@guest_51092)
2020年7月5日 2:48 午後

用日では、なかったのか?
頼んで整備してもらうのではなく、「整備させてやるぞ!」
と考える能力があれば・・・BA韓国には無理か!