【ロイター】WHO、新型コロナ空気感染の可能性を精査 米紙報道受け

【ロイター】WHO、新型コロナ空気感染の可能性を精査 米紙報道受け

記事要約:またしても、新型コロナウイルス(武漢肺炎)の新たな脅威が見つかった。なんと、今度は「空気感染」である。これは、飛沫感染ではない。つまり、空気中にウイルスが蔓延して、それを吸った人間が感染しているかもしれないてことだ。

まあ、ニューヨークタイムズもWHOも両方とも、信じられないソースであるが、仮にこれが本当ならソーシャルディスタンスなんてものが無意味となる。

>WHOは新型コロナ感染が主に感染者の咳やくしゃみや会話で鼻や口から出る飛沫によるとしているが、NYTは4日、科学者数百人が空気感染の可能性を示す科学的根拠があると指摘し、WHOに対し推奨する対策を見直すよう求めていると報じた。

確かに感染力が強すぎるからな。飛沫感染だけでは説明が付かないことも多い。これだとマスクにウイルス感染を予防する力はないので、どうしたらいいのかわからない。

>WHOは現在、ウイルス感染防止に向けて他人と最低1メートルの距離を維持すべきと提言しているが、推奨する対策が見直されることになれば、この提言は意味を失い、各国政府も対応の調整を余儀なくされる公算が大きい。

そう言われても、空気感染だと対応に困るだろう。エアコンとか危険になるのか。

【ロイター】WHO、新型コロナ空気感染の可能性を精査 米紙報道受け

[ジュネーブ 6日 ロイター] – 世界保健機関(WHO)は6日、新型コロナウイルスの空気感染の可能性を巡る米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の報道を精査していると明らかにした。

WHOは新型コロナ感染が主に感染者の咳やくしゃみや会話で鼻や口から出る飛沫によるとしているが、NYTは4日、科学者数百人が空気感染の可能性を示す科学的根拠があると指摘し、WHOに対し推奨する対策を見直すよう求めていると報じた。

WHO報道官は電子メールでロイターに対し「NYTの報道を把握しており、専門家と精査している」とコメントした。

WHOは現在、ウイルス感染防止に向けて他人と最低1メートルの距離を維持すべきと提言しているが、推奨する対策が見直されることになれば、この提言は意味を失い、各国政府も対応の調整を余儀なくされる公算が大きい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ebe619a998e1eb29cb617fe52418ad2ffe1d7aff

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る