習主席の来日「中止せざるを得ず」 自民が決議 岸田氏と二階氏に溝

習主席の来日「中止せざるを得ず」 自民が決議 岸田氏と二階氏に溝

記事要約:中国に対する文言は若干、弱められたようだが、これで習近平国家主席の来日「中止せざるを得ず」ということで自民が決議した。最後まで反対した二階氏はさっさと引退しろ。今の日本人の感情を無視して中国に媚びを売るような議員がいるだけで、自民党にとって弊害にしかならない。

新型コロナウイルス【武漢肺炎】、尖閣諸島への侵入、香港の件もそうだが、中国は世界を舐めすぎているのだ。これを許すほど世界は甘くないてことに気付かないなら、それは全世界の敵であるということだ。

>決議では同法の施行に合わせて香港で大量の逮捕者が出るなど香港の「一国二制度」が危機にさらされているとし、中国に対し「国際社会との約束を守り、大国としての責任を自覚する」よう強く要求した。新型コロナウイルスの感染拡大で延期中の習主席の国賓来日について政府に「中止を要請せざるを得ない」とした。

まあ、こんなところを言ったところで中国が聞くはずもない。それよりも、尖閣諸島への侵入については何ででてないんだ。

>原案では「中止を要請する」との文言だったが、二階氏の意向を踏まえ「日本、国際社会から懸念が表明されている現状において」と条件を付けるなど表現を弱めた。党の総意ではなく外交部会・外交調査会の見解だとも明記した。「新たな時代の友好関係構築に向け」との未来志向の文言も挿入され、今後の関係改善に向けた余地も残した

管理人もコロナ前なら、中国とはなるべくフラットに接するべきだという考えであったが、世界中にコロナをばらまいた超本人である以上、中国との友好関係などあり得ない。どれだけの人々がコロナの犠牲、、中国の医療物資の確保で死んだと思っているのだ。日本でマスクやアルコール消毒が手に入らない時期がどうして起きたのか。全ては中国による医療物資の買い占めである。コロナで死んだ日本人は中国を許すはずがない。

習主席の来日「中止せざるを得ず」 自民が決議 岸田氏と二階氏に溝

自民党は7日の政調審議会で、中国の習近平国家主席の国賓来日について、中国による香港統制を強める「香港国家安全維持法」の制定を受けて「中止を要請せざるを得ない」とする決議を了承した。表現を弱めたものの、焦点となった「中止を要請」の文言は、維持を求める党内世論を根拠に残った。仲裁した岸田文雄政調会長には「ポスト安倍」を見据えて指導力を示す機会になったが、対中関係の悪化を危惧する二階俊博幹事長との溝は深まり、来年9月までにある党総裁選へ課題を残した。

 決議では同法の施行に合わせて香港で大量の逮捕者が出るなど香港の「一国二制度」が危機にさらされているとし、中国に対し「国際社会との約束を守り、大国としての責任を自覚する」よう強く要求した。新型コロナウイルスの感染拡大で延期中の習主席の国賓来日について政府に「中止を要請せざるを得ない」とした。

 原案では「中止を要請する」との文言だったが、二階氏の意向を踏まえ「日本、国際社会から懸念が表明されている現状において」と条件を付けるなど表現を弱めた。党の総意ではなく外交部会・外交調査会の見解だとも明記した。「新たな時代の友好関係構築に向け」との未来志向の文言も挿入され、今後の関係改善に向けた余地も残した。

 決議を巡っては、部会役員会で原案をまとめた3日、二階氏サイドが…(以下有料版で、残り550文字)

https://mainichi.jp/articles/20200707/k00/00m/030/254000c

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

J IN (@guest_51159)
2020年7月8日 12:22 午前

中国に国賓ノーというジャッジを決定できなかったら、アメリカとの絆はやばかった。ズルズルしていたら香港やウィグル、チベットへの蛮行、そして我が国の尖閣諸島への無礼な中国の行為を認めるという意志になってしまう。
中国武漢発コロナウイルスの責任は絶対に風化させてはならないし、中国は世界に対して日本に対してどういう悪意を持っているのかを見破ることは、日本の未来を守るために大切だと思う。
中国は管理社会を作って、中国の配下に置くつもりなのは見え見えだし、想像以上の悪だくみで野心の塊の国だ。中国の経済力を背景にした脅し外交は、効力ゼロだとすでに世界的にバレている。
中国は国賓どころか日本への入国禁止にしたい。
自民党は老害の二階氏が党内にいることを恥じて、とっとと斬った方がいい。国難を呼ぶ輩は危険な国賊だ。

迎恩門 (@guest_51160)
2020年7月8日 1:26 午前

習近平訪日に執着しているのは二階だけではない模様。
創価公明山口「歴史的・大局的な観点で(来日を)推進していくべき」
「(日中の)首脳の往来を重ねて関係を強化していこうという流れの一環だ」
「来日が実現できるような環境を両国が共に努力し、前進を図るべきだ」
…つまり公明党は「中共の一党独裁&人権抑圧&民族浄化」に賛成する政党であるということでよろしいのですね?