【F2後継機】空自 次期戦闘機 2031年度に量産開始方針 米英と調整加速

【F2後継機】空自 次期戦闘機 2031年度に量産開始方針 米英と調整加速

記事要約:航空自衛隊の次期戦闘機が2031年度に量産を開始する方針だそうだ。米英と調整加速というが、5世代だろうか。何を言ってるかはわからないかもしれないが、戦闘機というのは世代ごとに大きく性能が異なるものだと認識で良かったはず。

では、日本のF2戦闘機は何世代のか。これが第4.5世代となっている。そして、1995年に開発されていて2000年から部隊配備されている。この戦闘機の寿命が2035年頃となっている。だから、このF2が退役する前に新たな戦闘機を開発して量産しておかないといけないわけだ。そして、その戦闘機はF2戦闘機を遙かに凌駕するものとなる。

>航空自衛隊のF2戦闘機が、2035年ごろから退役するのに合わせて、政府は、後継となる高いステルス性を備えた次期戦闘機を、日本主導で国際協力を視野に開発することにしています。

それで日本主導で国際協力を視野に開発する。実際,米国とイギリスとの協力が重要と。つまり、この戦闘機開発は大事な日英同盟の復活の試金石にもなるてこと。日本は米国とは同盟国であるが、イギリスとは同盟を結んでいない。

しかし、実際.中国の脅威が迫る中、イギリスもEUを脱退したという事情もあり、日本との連携を模索している。イギリスの力は経済も、軍事力も侮れない。そして、何より互いに島国であるということ。瀬取り監視でもイギリスは協力してくれた。

日米同盟が軸であっても、イギリスとの連携強化も,今後は日本の防衛で必要となってくるだろう。まだまだ時間はかかるだろうが、管理人は日英同盟の復活が見られるなら嬉しいところだ。

【F2後継機】空自 次期戦闘機 2031年度に量産開始方針 米英と調整加速

航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機を、防衛省は、2031年度に量産を開始する方針で、同盟国・アメリカや、日本と同様に新たな戦闘機の開発を進めているイギリスから、どのような形で協力を得るか、調整を加速化させることにしています。

航空自衛隊のF2戦闘機が、2035年ごろから退役するのに合わせて、政府は、後継となる高いステルス性を備えた次期戦闘機を、日本主導で国際協力を視野に開発することにしています。

防衛省は、試作機を2024年度から製造を始め、2031年度に量産を開始する案を検討していて、今月中にも、国内の開発体制の方針を示し、年内にも、機体の開発を担当する企業を選定したい考えです。

一方、国際協力については、年内に基本的な枠組みを決めたいとしていて、アメリカやイギリスと、それぞれの国の企業も交えた協議を進めています。

アメリカは同盟国で、相互の連携能力を確保しやすくなる一方、イギリスは、日本と同様のスケジュールで新たな戦闘機の開発を進めていて、防衛省は、両国からどのような形で協力を得るか、調整を加速化させることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012502631000.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
7 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

零戦搭乗員 (@guest_51189)
2020年7月9日 6:50 午前

フランスは中国とズブズブで信用できず、ドイツは日本に無関心、イギリスは明治以来日英同盟で何となく日本とは馬が合う。日本海海戦で日本が勝利したのも、イギリスのバルチック艦隊への妨害工作もある。イギリスの妨害でバルチック艦隊はヘトヘトになって日本海にたどり着ついて直ぐに日本の連合艦隊とたたかうはめになった。太平洋戦争では一時は敵対したが、イギリスは此れからも日本のよき友達であってほしい。そう言えば、イギリスも親日国タイも日本と同じに王様がいる。

ss65 (@guest_51193)
2020年7月9日 8:57 午前

これ、当然エンジンは国産でしょう、有事の際はコロナと同じで部品が止まる、
で構想はどうなるかと言うと、日本のF35の内装ミサイルは4発、当然8発だよな、二年前の構想だと腹に子機無人機を抱いて発進、子機無人機は空母化のいずもに着陸、さて開発はどうするか、子機無人機と内装8発だと…三角翼だよなぁー、イギリス機だ、さーアメリカが黙ってない、在日米軍駐留費増額だー、アメリカ製を買え~、とな、そこで日本は「核のデータ」チョコット売ってと、で世界一のスパコンにチョロと計算させてみたいからと、アッという間「超小型チョメチョメ弾」の製造方法が完成、、、なんてな。。。 

Thinker bell (@guest_51211)
2020年7月9日 8:28 午後
Reply to  ss65

F2は対艦ミサイル4発搭載が売りだったんですよね。
それがステルス化されるなら対艦ミサイルの搭載はできなくなりそうですよね。

対艦攻撃はP1をミサイルキャリアーにして、新型機が前方に進出して無人機を射出、対艦ミサイルの誘導をさせるようになるのかな、と。

それなら制空重視の仕様で良くなるから、F-15の後継機と同一で良くなるんじゃないかな。

F-35とF-3の体制のなるんじゃないかなー

零戦搭乗員 (@guest_51196)
2020年7月9日 10:56 午前

日本の零戦、イギリスのスピットファイア、アメリカのマスタング。この三国は大戦中に名戦闘機を出した国である。三国が協同して開発する新型戦闘機は期待が持てる。

Thinker bell (@guest_51210)
2020年7月9日 8:19 午後

イギリスは第二次大戦中からステルス機作ってるからねー

零戦搭乗員 (@guest_51217)
2020年7月9日 11:12 午後
Reply to  Thinker bell

木製の双発機「モスキート」の事ですね?速度も有りました、、 自分は詳しくは知りません。

しぐなる (@guest_51224)
2020年7月10日 11:20 午前

F2は対艦、対地攻撃も担うマルチロール機なのでF15のような純粋な戦闘機ではない。対艦ミサイルや巡航ミサイルは大きいので翼下に吊すしかなくステルス性は低下する。だからステルス性とF2後継は両立しない。