今年度の経済成長率見通し -4.5%程度に大幅下方修正 内閣府

今年度の経済成長率見通し -4.5%程度に大幅下方修正 内閣府

記事要約:コロナ禍において厳しい経済状況はこれからも増えていく。残念ながらそれが現実であり、どうやら日本政府も今年度の経済成長率見通し -4.5%程度に大幅下方修正したようだ。ただ、管理人はこれでもまだましなほうだとおもうんだよな。

コロナが収束していれば、景気回復も期待出来たが、もはや、頼みの綱はワクチンのみという。世界中が似たような物であり、日本だけがそうではないので、日本の経済成長率が大幅な下方修正でも、原因はコロナのせいにはできるだろうな。

>実質で1.4%程度としていた半年前の見通しを5.9ポイント下回る大幅な下方修正で、リーマンショックのあった2008年度の実績のマイナス3.4%を超える落ち込みになると予測しています。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、個人消費や輸出が大きく減少するためです。

日本政府でもこのような見通しなのに、経済の大天才である文在寅大統領は7~9月期で韓国経済は好転するとか述べてるしな。いやあ、羨ましい限りだな。

>一方で、来年度の成長率は、GDPの伸び率が実質でプラス3.4%程度とし、経済は回復していくと見込んでいます。しかし、ことし秋に海外で感染症の大規模な第2波が生じるという世界銀行などの想定を前提に試算した場合は、今年度の成長率はマイナス5.0%程度、来年度の成長率はプラス3.0%程度になるとして、回復が遅れる可能性も指摘しています。

管理人はこれに望みをかけている。今年、1年はなんとか我慢して、韓国経済の破綻を看取ることが出来ればいい。まだまだどうなるかはわからないが、とにかく、なんとか乗り切っていくしかないだろう。

今年度の経済成長率見通し -4.5%程度に大幅下方修正 内閣府

内閣府は、今年度1年間の経済成長率についてGDP=国内総生産の伸び率が物価の変動を除いた実質で、マイナス4.5%程度に落ち込むとする試算を明らかにしました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、個人消費や輸出が大きく減少するためで、プラス1.4%程度としていた半年前の見通しを大幅に下方修正しました。

試算によりますと、今年度の経済成長率は、GDPの伸び率が物価の変動を除いた実質で、マイナス4.5%程度としました。

実質で1.4%程度としていた半年前の見通しを5.9ポイント下回る大幅な下方修正で、リーマンショックのあった2008年度の実績のマイナス3.4%を超える落ち込みになると予測しています。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、個人消費や輸出が大きく減少するためです。

一方で、来年度の成長率は、GDPの伸び率が実質でプラス3.4%程度とし、経済は回復していくと見込んでいます。しかし、ことし秋に海外で感染症の大規模な第2波が生じるという世界銀行などの想定を前提に試算した場合は、今年度の成長率はマイナス5.0%程度、来年度の成長率はプラス3.0%程度になるとして、回復が遅れる可能性も指摘しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012541651000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る