【中国】米国のウイグル対応に反発 EU監視団派遣もけん制

【中国】米国のウイグル対応に反発 EU監視団派遣もけん制

記事要約:米国が中国のウイグル人に対する民族浄化(非強制的な労働)の動きに対して、中国が反発している。これは、中国がウイグル人に強制的に作らせている綿・かつら、コンピューター部品などの輸入を制限したことへの反発である。

さらに、EUの監視団派遣もけん制という。中国のやることは人権無視であり、ウイグル人を矯正しようとしている。

>中国外務省の汪文斌副報道局長は15日の記者会見で、トランプ米政権が新疆ウイグル自治区の特定企業や職業訓練所で生産された綿花製品などの輸入停止を発表したことに「断固反対だ」と反発した。さらに「いわゆる『強制労働』問題は米国や西側諸国の一部組織・人物による捏造(ねつぞう)で、著しく事実に反する」と主張した。

捏造も何も人権弾圧が鮮明に記録されたビデオがあっただろう。それを中国大使に見せても、何もいわなかった。そんな国の主張が受け入れられるはずがない。

>新疆をめぐっては、欧州連合(EU)首脳も14日の習近平国家主席とのオンライン会談でウイグル族の人権弾圧に懸念を表明し、独立監視団の自治区派遣を要求した。汪氏は「有罪推定の調査に反対だ」とけん制し、EU側に存在する人権問題として「難民問題は解決が遅れ、人道危機が何度も訪れている」などと批判を展開した。

自分たちの民族浄化はスルーして、EUの難民問題がどうとか。そもそも、その難民問題もイスラムや中東諸国だけではなく、中国系もいるじゃないか。決して、中国は無関係であるまい。有罪推定もなにも動かしがたい証拠ビデオがあるからな。

【中国】米国のウイグル対応に反発 EU監視団派遣もけん制

【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は15日の記者会見で、トランプ米政権が新疆ウイグル自治区の特定企業や職業訓練所で生産された綿花製品などの輸入停止を発表したことに「断固反対だ」と反発した。さらに「いわゆる『強制労働』問題は米国や西側諸国の一部組織・人物による捏造(ねつぞう)で、著しく事実に反する」と主張した。

新疆をめぐっては、欧州連合(EU)首脳も14日の習近平国家主席とのオンライン会談でウイグル族の人権弾圧に懸念を表明し、独立監視団の自治区派遣を要求した。汪氏は「有罪推定の調査に反対だ」とけん制し、EU側に存在する人権問題として「難民問題は解決が遅れ、人道危機が何度も訪れている」などと批判を展開した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091501081

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

あのね (@guest_53137)
2020年9月16日 7:01 PM

ウイグル人弾圧についてイスラム国家群が何もいわない謎については信頼できる報告が少ないがアラブ首長国などは中国からかなりの経済援助を受けているらしい。また中国に隣接するパキスタンだが、中国の援助なしでは存在できないような状態が実は建国以来続いている。この歴史については詳しい研究もある、パキスタンは軍事的は中国の一部となりつつあり、将来的にはアラビアから南シナ海に至るインド包囲網が完成する。現在日本人などには考えも及ばない壮大な計画。ともかく、それゆえパキスタンなどは中国のイスラム迫害は黙殺。魂より金ということだろう。  

別件だが同様のことを中国はカンボジアにも行っており現在民間用と称して軍事用の空港を建設中。ここから南シナ海まで補給無しで直行できる。これは南シナ海を独占する布石だ。悪の大国中国。

あのね (@guest_53139)
2020年9月16日 7:14 PM

あと米移民局は現在米国にすでいる中国人で軍と関係のあった者のヴィザを取り消した。数は3000人程度と言う。これに対して北京はー人種差別だーなどとほざいているらしい。だったらなんで日本人や他のアジア人は関係ないんだ。馬鹿中国。

増殖する人類のガン細胞、中国

日本政府も中国人はもう入れるな。