【韓国はいらないです】安倍前首相の大きな影 南北和解を推進する朝鮮半島平和プロセスをQuad戦略の障害と考えて執拗に妨害

【韓国はいらないです】安倍前首相の大きな影 南北和解を推進する朝鮮半島平和プロセスをQuad戦略の障害と考えて執拗に妨害

記事要約:今回の記事は韓国メディアなのだが、実際、日本の防衛に重要なことをいくつか述べているのでこちらで取り上げる。そもそも、Quad戦略というものを何かの復習から始めよう。

>4カ国の安保対話を意味する「Quad(クアッド)」は、2007年に当時の安倍晋三首相の主導で始まった。米国、日本、オーストラリア、インドが手を握り、中国に対応するための非公式安保フォーラムだ。安倍首相は「自由と繁栄の弧」という概念を掲げ、米日印豪の4カ国が中心となって中国を包囲しようという構図を描いた。

クアッドの説明については書いてあるとおりだが、安倍総理が自由と繁栄の弧を掲げた?あれ、これは麻生さんではなかったか。

>さて皆さん、本日は「価値の外交」という言葉と、「自由と繁栄の弧」という言葉。どちらも新機軸、新造語でありますが、この2つをどうか、覚えてお帰りになってください。我が国外交の基本が、日米同盟の強化、それから中国、韓国、ロシアなど近隣諸国との関係強化にある。――このことは、いまさら繰り返して申し上げるまでもありません。今回申し上げますのはその先、日本外交に、もう一本さらに新機軸を加えようということであります。

第一に、民主主義、自由、人権、法の支配、そして市場経済。そういう「普遍的価値」を、外交を進めるうえで大いに重視してまいりますというのが「価値の外交」であります。第二に、ユーラシア大陸の外周に成長してまいりました新興の民主主義国。これらを帯のようにつなぎまして、「自由と繁栄の弧」を作りたい、作らねばならぬと思っております。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html

平成18年11月30日、これは外務大臣であった麻生さんによって自由と繁栄の弧が提唱された。安倍総理の有名な演説はインドで行った2つの海の交わりだったよな。そして、セキュリティーダイヤモンド構想。この3つが日本の外交戦略に基軸となっている。とりあえず、細かいことは置いといて自由と繁栄の弧は管理人も買って読んだので内容はある程度覚えている。

それで、これが平成18年ということで、今から、もう、15年も前なのだ。その15年で世界は大きく動いた。クアッドはそんなときにでてきたわけだが、中国を包囲しようというのはセキュリティーダイヤモンド構想だと思われる。しかし、これもコロナ禍前まではオーストラリアが中国に乗せられるような感じだった。だが、新型コロナウイルスの感染拡大で中国の評判は地に落ちた。オーストラリアもインドも、中国との付き合いを再考し始めた。これがクアッドの復活となった。

>2017年に就任したドナルド・トランプ米大統領と安倍首相が意気投合したことで、忘れられていたQuadはよみがえった。米中対立が激化したことで、最近この構想は、米日印豪4カ国が核となり、それ以外の国を下位パートナーとして引き入れて中国に対抗する多国間安保機構へと拡大しようという「Quadプラス」へと発展している。冷戦時代にNATO(北大西洋条約機構)がソ連に軍事的に対抗したことを連想させる「アジア版NATO」構想である。

もはや、米中対立は決定的であり、クアッドがアジア版NATO構想には行くのは時間の問題だろう。もちろん、そこに韓国は入れません。3不+1限を中国に誓ったからな。

>米国は、ここに韓国が参加すべきとの信号を送り続けている。最近、スティーブン・ビーガン米国務副長官とマーク・エスパー国防長官が相次いで、インド太平洋地域にNATOのような多国間安保機構が必要だと述べ、Quad4カ国に加え、韓国、ニュージーランド、ベトナムなどに言及している。来月初めに訪韓するマイク・ポンペオ米国務長官も韓国に対して、中国牽制に積極的に賛同することを求めると見られる。ポンペオ長官は、Quad4カ国外相会談に出席するために東京を訪れる際に、韓国に立ち寄る。

確かにポンペオ米国務長官は韓国に賛同するように求めてるだろうが、もう、重要視などしてないぞ。なぜなら、韓国は日米韓の防衛相会談を拒否したものな。コロナがとか言い訳してたがあれは決定的に不味い。その代わりに中国の外相トップが訪韓していたよな。何しに来たかは知らないが。

>Quadには日本のアジア戦略が込められている。日本の右翼勢力は、日米同盟を強化しつつ韓国や台湾などを下位パートナーとして引き入れ、平和憲法の修正、自衛隊の軍備強化と活動範囲の拡大などを通じて軍事力を強化しようとしている。これには、中国を抑えて日本がアジアの主導権を握るという意図とともに、米国がアジアから撤退する時に備えなければとの不安も作用している。安倍前首相は、南北和解を推進する韓国の朝鮮半島平和プロセスをQuad戦略の障害と考えて執拗に妨害し、退任後も「アジア版NATO」のかたちで韓国外交に大きな影を落としている。

相変わらず、韓国は何も理解してないだろう。日米同盟を強化して台湾をパートナーに引き入れるが、韓国は敵国だぞ。中国側に寝返るのは見ての通りだ。そして、次に妄想が入る。いつ安倍前総理が南北和解を執拗に妨害したのだ?そもそも、南北和解しよう、しまいが、クアッド戦略に何の関係もないだろう。何しろ、韓国がいらない子なんだから。

>韓国が米日の圧力に押されて「Quadプラス」に参加すれば、まず中国との経済関係に大きな打撃を受けるとともに、韓国は米日が主導する対中国戦略の下位パートナーとして従属し、朝鮮半島平和プロセスは破綻に至り、南北の対峙構造が固定化するだろう。東アジアは長いあいだ軍事的緊張の波の上で揺れ動くだろうが、米国が実際にアジアから撤退すれば、日本は中国と「大国間妥協」に乗り出すだろうし、韓国が損失を被ることになる懸念が大きい。

別に韓国が参加などどうでもいいが、これ以上、米国には向かうとサムスン電子辺りが潰されるぞ。ただでさえ、HUAWEIに半導体売りたいとかわがままいってる最中だ。米国からすればサムスン電子もそろそろいらない。半導体は台湾に任せた方が良い方向に傾いている。まだ、蝙蝠外交を推奨するとか、本当、何も決められないよな。それでどんどん窮地に陥ってるのにな。

>このような状況において韓国は、覇権戦争の外見に惑わされ、どちらか一方のみを選択することは警戒しなければならない。大国は争っていても決定的な瞬間には利益のために談合する。壬辰倭乱、日本の朝鮮強制占領、分断の過程で、朝鮮半島は毎回、大国間の談合の被害に遭ってきた。

逆だ。どちらか一方を選択しなければ韓国はどちらからも敵として認定される。なぜなら、裏切り者だからだ。

>もちろん、米日と中国の両方からの「我々の側に立て」という圧力に一人で耐えることは容易ではない。しかし世界を見渡せば、韓国と同じ悩みを抱えながら、「敵か味方かの二者択一」に流されない外交空間を作ろうと努力する国々がある。

>ドイツは欧州における米国の主要同盟国であり、中国と緊密な経済関係を結んできてもいるが、最近では米中両国と適切な距離を取ることを試みている。トランプ大統領の同盟無視戦略を批判しつつ、中国との経済関係を維持し、米国が要求する華為(ファーウェイ)封鎖にも参加しない。

いやいや、韓国はいつドイツ並みの大国となったんだ?確かにドイツぐらい大国であれば、米中どちらに付かずともやっていけるビジョンはあるかもしれない。でも、韓国は何もないだろう?このまま経済破綻して領土を切り取られるだけだろう。ドイツのようにやるにも韓国では出来ないことが多すぎる。結局、双方から嫌われて終わりだろう。

【韓国はいらないです】安倍前首相の大きな影 南北和解を推進する朝鮮半島平和プロセスをQuad戦略の障害と考えて執拗に妨害

4カ国の安保対話を意味する「Quad(クアッド)」は、2007年に当時の安倍晋三首相の主導で始まった。米国、日本、オーストラリア、インドが手を握り、中国に対応するための非公式安保フォーラムだ。安倍首相は「自由と繁栄の弧」という概念を掲げ、米日印豪の4カ国が中心となって中国を包囲しようという構図を描いた。

Quadは参加国と中国の関係に伴って浮き沈みした。2008年にインドのマンモハン・シン首相は中国を訪問し「インドは『中国封鎖』の一員ではない」と宣言。オーストラリアでは中国研究者であったケビン・ラッド首相が就任してQuadからの脱退を宣言し、中国との和解戦略を推進したことで、Quadはうやむやになりかけた。

2017年に就任したドナルド・トランプ米大統領と安倍首相が意気投合したことで、忘れられていたQuadはよみがえった。米中対立が激化したことで、最近この構想は、米日印豪4カ国が核となり、それ以外の国を下位パートナーとして引き入れて中国に対抗する多国間安保機構へと拡大しようという「Quadプラス」へと発展している。冷戦時代にNATO(北大西洋条約機構)がソ連に軍事的に対抗したことを連想させる「アジア版NATO」構想である。

米国は、ここに韓国が参加すべきとの信号を送り続けている。最近、スティーブン・ビーガン米国務副長官とマーク・エスパー国防長官が相次いで、インド太平洋地域にNATOのような多国間安保機構が必要だと述べ、Quad4カ国に加え、韓国、ニュージーランド、ベトナムなどに言及している。来月初めに訪韓するマイク・ポンペオ米国務長官も韓国に対して、中国牽制に積極的に賛同することを求めると見られる。ポンペオ長官は、Quad4カ国外相会談に出席するために東京を訪れる際に、韓国に立ち寄る。

Quadには日本のアジア戦略が込められている。日本の右翼勢力は、日米同盟を強化しつつ韓国や台湾などを下位パートナーとして引き入れ、平和憲法の修正、自衛隊の軍備強化と活動範囲の拡大などを通じて軍事力を強化しようとしている。これには、中国を抑えて日本がアジアの主導権を握るという意図とともに、米国がアジアから撤退する時に備えなければとの不安も作用している。安倍前首相は、南北和解を推進する韓国の朝鮮半島平和プロセスをQuad戦略の障害と考えて執拗に妨害し、退任後も「アジア版NATO」のかたちで韓国外交に大きな影を落としている。

韓国が米日の圧力に押されて「Quadプラス」に参加すれば、まず中国との経済関係に大きな打撃を受けるとともに、韓国は米日が主導する対中国戦略の下位パートナーとして従属し、朝鮮半島平和プロセスは破綻に至り、南北の対峙構造が固定化するだろう。東アジアは長いあいだ軍事的緊張の波の上で揺れ動くだろうが、米国が実際にアジアから撤退すれば、日本は中国と「大国間妥協」に乗り出すだろうし、韓国が損失を被ることになる懸念が大きい。

米中「新冷戦」の結末を断言することはできないが、両大国の正面衝突や完全な決別ではなく、長期間の競争と対立となる可能性が高い。韓国外国語大学国際地域研究センターのパク・ホンソ教授は、著書『米中カルテル』の中で、米中の対立を資本主義の国際秩序の中での一種のカルテル関係と診断している。表向きは戦争も辞さない勢いで争うものの、両国いずれも核を保有しており(戦争は共倒れ)、地理的に離れており、互いに得ている経済的利益が大きすぎるため、談合と妥協をしていく可能性が高いというのだ。

このような状況において韓国は、覇権戦争の外見に惑わされ、どちらか一方のみを選択することは警戒しなければならない。大国は争っていても決定的な瞬間には利益のために談合する。壬辰倭乱、日本の朝鮮強制占領、分断の過程で、朝鮮半島は毎回、大国間の談合の被害に遭ってきた。

もちろん、米日と中国の両方からの「我々の側に立て」という圧力に一人で耐えることは容易ではない。しかし世界を見渡せば、韓国と同じ悩みを抱えながら、「敵か味方かの二者択一」に流されない外交空間を作ろうと努力する国々がある。

ドイツは欧州における米国の主要同盟国であり、中国と緊密な経済関係を結んできてもいるが、最近では米中両国と適切な距離を取ることを試みている。トランプ大統領の同盟無視戦略を批判しつつ、中国との経済関係を維持し、米国が要求する華為(ファーウェイ)封鎖にも参加しない。

一方では中国の人権問題や市場統制などを批判するとともに、インド太平洋地域においては韓国や日本などの民主国家との関係を強化するという新たな外交政策も発表している。米国と安全保障分野で緊密に協力してきたシンガポールのリー・シェンロン首相も「米国は中国を敵視するのを止めろ」と警告するなど、均衡者の空間を作っている。韓国の進むべき道もここにあるだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b350cdb30751fba644b91c6ad7eafc9bb0f0046

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_53427)
2020年9月27日 7:01 PM

オレはこのサイト三年か四年の付き合いで長い方ではないけども、この記事今までで一番長いのではないだろうか。クァッドが其だけ重要な位置付けになるのは明白で日米豪印の中国包囲網、さらには台湾とニュージーランドを加え環太平洋同盟へと昇華させ、イギリスやフランス、カナダなどもくわえた新連合同盟として中国、ロシア、北朝鮮の極悪三兄弟と+金魚のフンの韓国と対峙するのではないだろうか。核をつかえば人類は滅びる。しかし、これからはその危険とも隣り合わせの覇権闘争がもうはじまっているのだ。我が日本も曖昧はゆるされない。取り敢えずは中国、韓国にたいしてはハッキリと自らの主張をし、中国韓国には厳しく対処するべきだ。まず日本国民が国内に巣くう売国議員の撲滅を始めなければならない。二階や河村、額賀や立憲民主と共産党そして与党にいる公明党の力を削ぐことは必須条件だ。

Last edited 1 month ago by たろうちゃん
ダルマさん (@guest_53426)
2020年9月27日 6:11 PM

クアッド構想なんてまた分かりづらい表現してんなぁw
今まで通りの、ダイヤモンド安保構想でええやんかなw

で、カンギョンファがこれには加わらんと公言した。
そこにもってガースーから第二弾として、対中共牽制に
日米英による【技術先進国の輸出協議体】を提案した模様w
当然韓国は技術も無いが、ハブンチョにされるだろうww

Last edited 1 month ago by ダルマさん
酔って候 (@guest_53425)
2020年9月27日 5:51 PM

そもそも、レーダー照射問題で日韓の軍事協調は組めなくなっている。故に、同盟国の不利益になろうとも、GSOMIAには日本は拘らない。

ムンタンはさっさと、米韓同盟破棄・対NK国制裁全面解除、と宣言すれば良いのだ。それが、米中両大国どちらにも与しない、独自外交では無いか。ろーそくデモ? 武漢肺炎のクラスター排除を口実に、武力で制圧すれば良い、宗主国様のようにな。どうせ赤化革命には、武力による人民弾圧が不可欠なのだ。むしろ一気に赤化革命→NK国へK国朝貢、と出来るぞ。

ビザ復活 (@guest_53450)
2020年9月28日 12:07 PM

セキュリティーダイヤモンド構想が、目に見える形で動き始めたのは、前のクネ政権が、中国の閲兵式(2015)のひな壇に立った時からです。あの後、安倍政権は、韓国を外して、対馬海峡、台湾海峡、東南アジア、インドに至る防衛ラインの再構築に、露骨に動きを始めました。
TPP(2016)も、その一環でした。

自分のような素人でも、気が付く動きでした。
気が付かなかったのは韓国です。韓国は、今でも、ブルーチームから外されたことに気が付いていません。相変わらず、「朝鮮半島は、戦略的要衝で魅力ある地である。だから、少しぐらい怒らせても、最後には、アメリカ、日本は、我々の我がままを聞いてくれる筈。助けてくれる筈。」と思っています。アメリカと中国を両天秤に掛けて利益を最大化する『コウモリ外交』が通用すると思っています。

ちなみに、北も、かつて、中国の旦那とロシアの旦那を両天秤に掛けて競わせる『妾外交(コウモリ外交)』やって失敗しました。やはり、北も南も同じ朝鮮族、やることも同じ、学習しないですね。

Last edited 1 month ago by ビザ復活