外食の倒産とは コロナ関連、業種別で最多 2位ホテル旅館 3位アパレル小売

外食の倒産とは コロナ関連、業種別で最多 2位ホテル旅館 3位アパレル小売

記事要約:まあ、これも予想できたことであるが、コロナ禍において外食産業は苦しい立場に追いやられている。何しろ、3密で忘年会シーズンでも稼ぐのが難しい。さらに外出自粛で家で食事を作る機会などが増えただろう。コロナ関連の1位が外食の倒産なのは見ての通りだ。2位はホテル旅館。3位はアパレル小売という。

>外食の倒産 外食業界では新型コロナウイルスの影響による倒産が相次いでいる。損益分岐点比率が9割程度の企業が多く、売り上げの減少が業績悪化につながりやすい。帝国データバンクによると、外食の2020年1~8月の倒産件数538件。コロナ関連の倒産では80件で外食が最も多い。

むしろ、80件でも少ない方か。でも、今年いっぱいのところが多いということだと思う。流通の関係もあって、いきなり、閉めるわけにも行かないからな。

>感染への懸念から外食を控える動きは根強く、在宅勤務の定着でランチや宴会需要は減少している。客足がコロナ前水準に回復するには時間がかかるとみられる。各社は借り入れで資金を確保するほか、コスト削減へ向け不採算店舗の閉店を進めている。コロワイドやワタミ、吉野家ホールディングス(HD)など主要100社ですでに1千店超の閉店が決まっている。すかいらーくHDは新規出店を凍結し、深夜営業をやめた。

業界大手全体で1千店超か。スカイラークも株主優待で配っていたお食事券が半分になったものな。今の外食産業はどこも苦しい。これは大手だけなので個人の営業している飲食店も入れたら、倒産はもっと増えるだろう。

新型コロナの収束が見通せず、今後も外食離れへの懸念は残る。宅配や持ち帰りへの対応で手元資金を確保する動きは広がっているが、酒類の売り上げが大きい居酒屋などは減収分を補うのは難しい。政府は10月1日、外食需要の喚起策としてポイント還元などをする「Go To イート」を始める。

居酒屋はもうコロナだと厳しいよな。高い酒を飲みに行く理由がないものな。宴会を禁止だろう。結局、お持ち帰りなら手軽に食べられるものが有利となる。だから、お寿司屋さんはわりと頑張ってるんじゃないか。Uber EATSで出前すれれば、取り扱う店は増えているので、管理人はありがたいが、その分、食べに行くよりも1.5倍は取られる。

外食の倒産とは コロナ関連、業種別で最多 2位ホテル旅館 3位アパレル小売

外食の倒産 外食業界では新型コロナウイルスの影響による倒産が相次いでいる。損益分岐点比率が9割程度の企業が多く、売り上げの減少が業績悪化につながりやすい。帝国データバンクによると、外食の2020年1~8月の倒産件数538件。コロナ関連の倒産では80件で外食が最も多い。

感染への懸念から外食を控える動きは根強く、在宅勤務の定着でランチや宴会需要は減少している。客足がコロナ前水準に回復するには時間がかかるとみられる。各社は借り入れで資金を確保するほか、コスト削減へ向け不採算店舗の閉店を進めている。コロワイドやワタミ、吉野家ホールディングス(HD)など主要100社ですでに1千店超の閉店が決まっている。すかいらーくHDは新規出店を凍結し、深夜営業をやめた。

新型コロナの収束が見通せず、今後も外食離れへの懸念は残る。宅配や持ち帰りへの対応で手元資金を確保する動きは広がっているが、酒類の売り上げが大きい居酒屋などは減収分を補うのは難しい。政府は10月1日、外食需要の喚起策としてポイント還元などをする「Go To イート」を始める。

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO64353870Z20C20A9EA2000/?n_cid=SNSTW005

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る