iPhone 12は8万5800円から Lightning続投 全機種、日本のミリ波5G非対応

iPhone 12は8万5800円から Lightning続投 全機種、日本のミリ波5G非対応

記事要約:そりゃダウも下がるわ。今度はiPhone12は高いだけの全くたいしたことが無いマイナーチェンジだと判明。しかも、全機種、日本のミリ波5G非対応で、一体、これをどう評価しろというレベルである。賢明な人はiPhone11かSE2でも買うんじゃないか。

新型を買う理由が日本ではまず見当たらない。しかも、価格は8万5千円だ。これ買うなら新型iPaidairをお勧めする。どうせスマホなんて電話とインターネットが使えればいいからな。ちょっとコロナ禍時代でこの価格設定はない。

>Apple、5G対応の「iPhone 12」発表 価格は8万5800円から【更新中】
米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 12」を発表した。iPhoneシリーズ初の5G対応機種となり、ディスプレイサイズは6.1インチ。処理チップはA14 Bionicを搭載している。

そもそも、日本のミリ波5G非対応だぞ。それですらなんちゃって5Gレベルなのにな。5G目当てなら、まだ数年まったほうがいい。

>米Appleは10月13日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 12」を発表した。iPhoneシリーズ初の5G対応機種となり、ディスプレイサイズは6.1インチ。カラーバリエーションは5色。処理チップはA14 Bionicを搭載している。価格は8万5800円(税抜)から。上位モデルの「iPhone 12 Pro」にはセンサーに光学式の手ブレ補正機能を搭載している。

これは普通にiPhone11proの性能が良いんじゃ無いか?さすがにiPhone12proは新しい補正機能が付いているが、こんなの映像や撮影を重視する人はたいしてつかわないだろう。最近は携帯の新作で驚くことがまったくないなあ。

iPhone 12は8万5800円から Lightning続投 全機種、日本のミリ波5G非対応

Apple、5G対応の「iPhone 12」発表 価格は8万5800円から【更新中】
米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 12」を発表した。iPhoneシリーズ初の5G対応機種となり、ディスプレイサイズは6.1インチ。処理チップはA14 Bionicを搭載している。

米Appleは10月13日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 12」を発表した。iPhoneシリーズ初の5G対応機種となり、ディスプレイサイズは6.1インチ。カラーバリエーションは5色。処理チップはA14 Bionicを搭載している。価格は8万5800円(税抜)から。上位モデルの「iPhone 12 Pro」にはセンサーに光学式の手ブレ補正機能を搭載している。

上位モデルの「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」はそれぞれ、10万6800円、11万7800円(それぞれ税抜き)から。iPhone 12とiPhone 12 Proの2機種は10月16日から予約を開始し、10月23日発売。iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 miniは11月6日から予約を開始し、11月13日から発売する。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2010/14/news060.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

tetsu (@guest_53919)
2020年10月14日 7:08 PM

iPhone12 miniに関しては、もしかしたら買う人はいるかもしれません。このサイズの小型スマホがほとんど出てないので、私も少し気になっています。

もっとも、そんな事言っているのは少数派だとは思いますが。

rom専 (@guest_53928)
2020年10月15日 7:52 AM

iPhone12購入予定でした。お財布として携帯使っているのでTouch IDが無いと購入意欲が湧かない。se2という選択肢もあるけれど、今使っているiPhone7と大差ない機種にお金出す気にならない。esimは良いけどsimフリー にしたので意味がない。画面内指紋認証を期待していた。カメラ性能に興味は無い。Androidは移行が面倒。外して来たなぁ、Apple。