「持続化給付金」の不正受給1000件超…SNSで誘われた若者、職業偽り申請 被害は10億円規模

「持続化給付金」の不正受給1000件超…SNSで誘われた若者、職業偽り申請 被害は10億円規模

記事要約:持続化給付金の不正受給があまりにも多くて、今の時期は自ら申告して返済すれば100万円の返済分だけでいいというのが日本政府の方針であるが、問題はSNSで誘われた若者は業者に頼んでしまった世間知らずなので、実際は手数料で30万~60万ぐらいは吹っかけられているという。

しかも、そんな相談が1000件を超えているというので、学生はもっと金融や詐欺の勉強するべきだぞ。「クロサギ」でも読んでおけと。管理人はクロサギは若者が是非とも、読んで欲しい漫画だと思っている。実際に起きた詐欺の事例をモチーフにストーリーを構成して、後書きでその事例について紹介しており、実に巧妙な手口も解説している。

クロサギさえ、読んどけばだいたいの詐欺には引っかからない。漫画喫茶でも一気読みしてもいいし、1万円ぐらい全冊揃えても知識量からすれば十分、お釣りは来るだろう。

>新型コロナウイルスの影響で苦境に陥った個人事業主らを支援する「持続化給付金」の不正受給が全国で1000件を超えたことが捜査関係者への取材でわかった。被害は10億円規模に上る可能性があるという。SNSで誘われた若者らが職業を偽って申請するケースが多く、専門家からは「国のチェックが甘すぎる」との指摘が出ている。

この手の詐欺は社会の仕組みを知らない若者がターゲットにされやすい。何しろ、バイト経験ぐらいだろう。確定申告とか、そんなことはまず知らないだろうし、税の仕組みそのものも存じてないだろう。バイトで所得税といっても先に引かれてることが多いので、自分で税金を銀行などで払ってないだろうしな。

しかし、SNSなんかで誘われてほいほい相手に住所や名前、運転免許証、口座番号、マイナンバーなどといった身分証明を貸すなどはあまりにもセキュリティー意識が低いと言わざるを得ない。美味しい話に裏がある。詐欺に遭いたくなければネットで検索すればいいだけの話だ。それすらもやらないんだからな。

>「代行業者に任せれば、返済不要のお金がもらえる」。東京都に住む30歳代の無職男性は6月、以前に働いた職場の同僚から聞いた。半信半疑だったが「お金をもらえるのなら」と、LINE(ライン)で代行業者に連絡を取った。運転免許証の写真や口座番号を送ると、数日後、確定申告書が届いた。税務署に持参してチェックを受け、ラインで送り返すと、2週間後、国から100万円が入金された。代行業者には手数料として約20万円を振り込んだ。

これは確定申告書の偽造だよな。どう考えても持続化給付金だけの犯罪ではない。こういうのはどういう扱いなんだろうな。100万返済でお咎めなしになるのか。そもそも詐欺罪が成立するからな。

「持続化給付金」の不正受給1000件超…SNSで誘われた若者、職業偽り申請 被害は10億円規模

新型コロナウイルスの影響で苦境に陥った個人事業主らを支援する「持続化給付金」の不正受給が全国で1000件を超えたことが捜査関係者への取材でわかった。被害は10億円規模に上る可能性があるという。SNSで誘われた若者らが職業を偽って申請するケースが多く、専門家からは「国のチェックが甘すぎる」との指摘が出ている。

■お金ほしさに… 

 「代行業者に任せれば、返済不要のお金がもらえる」。東京都に住む30歳代の無職男性は6月、以前に働いた職場の同僚から聞いた。半信半疑だったが「お金をもらえるのなら」と、LINE(ライン)で代行業者に連絡を取った。運転免許証の写真や口座番号を送ると、数日後、確定申告書が届いた。税務署に持参してチェックを受け、ラインで送り返すと、2週間後、国から100万円が入金された。代行業者には手数料として約20万円を振り込んだ。

 「こんなに簡単にお金がもらえるとは」と驚き、専用サイトに接続して自分の申請内容を確認してみた。昨年5月に約10万円あった「小売卸」の売り上げが、今年5月は数千円に激減したことになっていた。まったくのデタラメだった。

 不正受給者の逮捕が大きなニュースとなり、「自分も捕まるのでは」と不安にかられた。先月、警視庁に出頭し、任意で捜査を受けている。男性は、「犯罪になるかもしれないと分かっていたが、お金ほしさにやってしまった。考えが甘かった」とうなだれた。

■■返金相談も

 中小企業庁によると、持続化給付金の支給は、今月12日時点で約354万件、支給総額は約4兆6000億円に上る。確定申告書などを添えるだけでオンラインで簡単に申請できるのが売りだったが、その反面、虚偽の申請による不正受給が多発している。

 捜査関係者によると、不正受給は全国で1000件を超えている。警視庁や愛知、兵庫県警などが12日までに計37人を詐欺容疑で逮捕したが、不正件数が多いため、警察の捜査が追いついていない。

 共通するのは、指南役がSNSや口コミで若者らを集め、詐取金を吸い上げる構図だ。愛知県警に逮捕された指南役の愛知大生2人は、仲間の学生らに「美容業」「洗濯業」「設備工事業」などと職業を偽らせていた。軽い気持ちで手を染める若者が多く、各地の警察や国民生活センターには「不正にもらったお金を返したい」などの相談が多数寄せられている。

 中小企業庁の関係者は「コロナ禍で苦しむ人に少しでも早くお金を届けるため、書類さえ整っていれば給付してきた」と明かす。

https://news.yahoo.co.jp/articles/013666052f39eb218420e703524b46608626ecdf

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

自由人 (@guest_53911)
2020年10月14日 1:22 PM

最近の日本を見ていると「貧すれば鈍する」「衣食足りて礼節を知る」などの言葉が思い浮かぶ。
美味い儲け話なんて大抵ウラがあり、最悪の場合には手が後に回るのに乗せられてしまう人の何と多いことか。
夢も希望もない話だが、私の経験からすれば比較的ローリスクの儲け話があったとしても、それを知り得て乗ることができるのは金のある人間だけなのが現実だよ。

しぐなる (@guest_53908)
2020年10月14日 12:53 PM

それが犯罪であることは判ってやってるのだから法に則り処罰してくれ。

たろうちゃん (@guest_53907)
2020年10月14日 12:49 PM

だから、給付金の不正受給は公文書偽装や私文書偽装を含む詐欺と云う犯罪なのだ。カネを返却したからお目こぼしするなどと甘い対応ではダメなのだ。そもそも給付金の原費は税金なのだ。カネをかえせば良いだなんて、では他の詐欺事件でもカネを返せばいいンですか?っていう事になる。整合性が取れない。ふつうはまずカネを返すことから減刑が考慮され示談交渉の条件となるハズだ。まずは現状回復なのだ。給付金詐欺に手をそめて尚且つ返済するカネのない奴は今頃焦っていることだろう。100万円は大金だからな。騙してカネを手に入れたくらいだからカネがあるとは思えない。

ナナッシング (@guest_53931)
2020年10月15日 10:27 AM

役所側にも苦労があるようだ
ウチは対象だったので雇用調整助成金の申請を行ったが
その時にハローワークの担当者に話を聞いた
とにかく申請件数が多すぎて全く所員では手が回らないらしい
が、厚労省側の意向で基本的に申請されたら通す方向でやるらしい
詐欺があるのは重々承知だが承認を遅らせてホンモノの中小零細を
倒産させるのは将来的にもっとマズいと考えてるようだ
ただコロナが落ち着いてきたら本格的に税務調査をやるのではないか
とも言っていた
不正が増えるのは分かっているが放置する気は無い、と言う事らしい