【フランス】 パリの集中治療室、来週にもコロナ患者で飽和の恐れ 外出禁止令を検討

【フランス】 パリの集中治療室、来週にもコロナ患者で飽和の恐れ 外出禁止令を検討

記事要約:日本は暦の上では秋真っ盛りところだが、既に欧州では冬場に突入しており、新型コロナウイルスの感染拡大が急増している。そして、フランスのパリの集中治療室が来週にもコロナ患者で飽和の怖れという。しかも、フランス政府は外出禁止令を検討らしい。

>仏パリ公立病院連合の責任者は13日、パリ市内の病院の集中治療室が早ければ来週にも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者で飽和状態になる恐れがあると警告した。エマニュエル・マクロン大統領が感染抑制対策を強化するという見方が強まっている。

フランスがまたもや、危機的な状況となっている。確かに新型コロナウイルスの感染拡大で殺傷力は弱まってはいるが、それは単に気候の問題だったかもしれないしな。

>パリとその周辺の39の病院を統括するパリ公立病院連合のトップ、マルタン・イルシュ氏は、現地紙「パリジャン」のインタビューで「この状況は避けられない」と指摘。「10月24日ごろまでには、最低でも集中治療室に800〜1000人のCOVID-19患者が入るだろう。現在収容できる上限の70〜90%に相当する人数だ」と警告した。

ここから重症患者は増えると予想しているわけか。10月24日ということは後、10日で集中治療室が飽和目前となるのか。

>マクロン氏は13日朝に複数の主要閣僚と会い、今後の対策について協議した。仏政府は病院が新型コロナ患者であふれる状況を避けるため、パリなど複数の主要都市で外出禁止令を発令する可能性があると報道されている。

外出禁止令か。規模がどうなるかはわからないが、それ相応の人数制限はやってくるだろうな。夜は外出禁止とか。そういう時間制限なのか。5人以上集合禁止とするのか。とにかく欧州については管理人も気になっている。何やら爆弾になりそうな予感がするからな。

【フランス】 パリの集中治療室、来週にもコロナ患者で飽和の恐れ 外出禁止令を検討

仏パリ公立病院連合の責任者は13日、パリ市内の病院の集中治療室が早ければ来週にも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者で飽和状態になる恐れがあると警告した。エマニュエル・マクロン大統領が感染抑制対策を強化するという見方が強まっている。

パリとその周辺の39の病院を統括するパリ公立病院連合のトップ、マルタン・イルシュ氏は、現地紙「パリジャン」のインタビューで「この状況は避けられない」と指摘。「10月24日ごろまでには、最低でも集中治療室に800〜1000人のCOVID-19患者が入るだろう。現在収容できる上限の70〜90%に相当する人数だ」と警告した。

この状況でマクロン大統領に感染拡大防止措置の強化を求める圧力が強まっている。マクロン氏は14日夜のテレビインタビューで規制強化を発表するとみられる。

マクロン氏は13日朝に複数の主要閣僚と会い、今後の対策について協議した。仏政府は病院が新型コロナ患者であふれる状況を避けるため、パリなど複数の主要都市で外出禁止令を発令する可能性があると報道されている。

前回マクロン氏は7月の革命記念日に合わせてテレビのインタビューを受けた。その後、パリと主要都市の多くで閉ざされた公共スペース内と屋外でのマスク着用が義務付けられた。

大統領府筋は、「今は極めて重要な時期」であり、政府は外出禁止令を検討しているが、パリや主要都市の完全な封鎖措置は今のところ選択肢にないと述べた。また、マクロン氏はインタビューの中で国民に対し、「状況を悪化させないため、長期的にウイルスと共存することを学ぶ必要性」を呼びかける方針だという。

https://www.afpbb.com/articles/-/3309755

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

竹の島 (@guest_53920)
2020年10月14日 7:12 PM

最近、ワクチンと治療薬の臨床試験の停止が続きました
順調とはいえない状況ですが困難を乗り越えて成功に導いて頂きたいものです
この報道で、本日はJALとANAの株価が下がりました

>米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは12日、最終段階に入っていた新型コロナウイルス向けワクチンの臨床試験(治験)を停止すると発表した。参加者の1人に原因不明の不調が起きたため、ワクチンとの関係を調べる。

>米製薬大手イーライリリーは13日、開発中の新型コロナウイルス感染症治療薬について、安全性への懸念を理由に臨床試験を一時中止したと明らかにした。