【Apple】来年のiPhone 13は「指紋認証」復活、ディスプレイにTouch ID内蔵へ

記事要約:管理人は今年発売のiPhone12には「指紋認証」は当然、ついてると思っていたがどうやらついてないらしい。なんで、iPhoneSEにすらついている指紋認証がなぜか、iPhone12にはないのはわからない。そもそも、顔認証はマスクつけてるとだめなんじゃないのか。そんな疑問を思っていたら来年のiPhone13では復活するそうだ。つまり、iPhone12はいらないてことだ。

買うならiPadairの新型がいいとおもう。管理人はノートパソコンを購入したので、さすがに壊れてもいないものを買い換えるのは難しいが。PS5は予約は外れたので、iPadairを買ってもいいと思うんだが。

>先日は、2021年に発売されるiPhone 13シリーズがノッチの面積を減らし、画面の表示性能をアップした120Hz ProMotionディスプレイを搭載するとの情報がもたらされた。それに続き、来年の端末には指紋センサーのTouch IDが復活する見通しが強まった。この情報はタイミング的に早すぎる気もするが、誰もが待ち望んだ指紋センサーが復活するのは大変喜ばしいニュースだ。

なんでそれをiPhone12でできなかったのか。今年は不作といってるようなもんじゃないか。大変、喜ばしいニュースかもしれないが、今年は購入しないでいいというのは携帯メーカーはどうなんだと。

>Touch IDに関するリーク情報はまず、著名リーカーのL0vetodreamによって報告され、確度の高いリーク情報で知られるジョン・プロッサーもこの見立てに同意した。L0vetodreamによると、アップル社内では「MESA uts」と呼ばれるプロジェクトが進行中で、MESAはTouch IDを意味し、utsはunder the screen(アンダー・ザ・スクリーン)の頭文字をとったものだという。つまり、iPhone 13シリーズはTouch IDをディスプレイに埋め込むことになる。

なるほどな。これは見送った方が良さそうだな。ちなみに管理人はiPhoneSEを使っているが、実に満足である。壊れたらSE2にするかもしれないが、実際、ネットの確認やSNS利用ぐらいだとほとんどバッテリーも消耗しない。最近、スマホゲームに少しログインしてデイリークエストぐらいは済ますが。

>この動きは非常に理にかなったものと言える。まず第1に、アップルは昨年から、ディスプレイ内蔵型のTouch IDの複数の特許を申請している。2点目としては、パンデミックを受けてマスクの着用が広がったことで、顔認証のFace IDの使い勝手が大幅に低下したことがあげられる。

そもそも、最初から顔認証よりも、指紋認証が使い勝手が良いとされていた。それをなぜ外したのか。ホームボタンやイヤホンジャックもなくすわ。改悪だらけではないか。それに値段は高いという。長年、iPhoneを愛用している管理人でも殿様商売しすぎだと思います。

【Apple】来年のiPhone 13は「指紋認証」復活、ディスプレイにTouch ID内蔵へ

アップルはiPhone 12シリーズの販売を開始したばかりだが、今年の最新端末は数多くの妥協を重ねたプロダクトとなっている。そんな中、早くも来年の端末に関する複数のリーク情報が浮上した。

先日は、2021年に発売されるiPhone 13シリーズがノッチの面積を減らし、画面の表示性能をアップした120Hz ProMotionディスプレイを搭載するとの情報がもたらされた。それに続き、来年の端末には指紋センサーのTouch IDが復活する見通しが強まった。

この情報はタイミング的に早すぎる気もするが、誰もが待ち望んだ指紋センサーが復活するのは大変喜ばしいニュースだ。

Touch IDに関するリーク情報はまず、著名リーカーのL0vetodreamによって報告され、確度の高いリーク情報で知られるジョン・プロッサーもこの見立てに同意した。L0vetodreamによると、アップル社内では「MESA uts」と呼ばれるプロジェクトが進行中で、MESAはTouch IDを意味し、utsはunder the screen(アンダー・ザ・スクリーン)の頭文字をとったものだという。つまり、iPhone 13シリーズはTouch IDをディスプレイに埋め込むことになる。

この動きは非常に理にかなったものと言える。まず第1に、アップルは昨年から、ディスプレイ内蔵型のTouch IDの複数の特許を申請している。2点目としては、パンデミックを受けてマスクの着用が広がったことで、顔認証のFace IDの使い勝手が大幅に低下したことがあげられる。

そして3点目としては、2つの認証の組み合わせで、金融やヘルス関連でも役立つ非常に高精度な認証が可能になり、これによってアップルはプライバシー重視の姿勢を強化し、iPhoneをパスポートと統合するというゴールに近くづことになるからだ。

2021年のiPhoneは、カメラ性能を大幅に向上させ、現状では米国限定となっている5G通信の中でも速度の速いミリ波対応を、米国以外に広げることが期待されている。

新端末の入手を急ぐ人にとって今年のiPhone 12シリーズは、ぜひとも入手したいモデルと言えるだろう。しかし、来年まで待ってもいいという人は、指紋認証に対応するiPhone 13シリーズの発売を待つべきと言える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f8ebea275fc759025102434e9cc7676aa202ffe6

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_54077)
2020年10月20日 8:20 AM

オレは今、GALAXYを使っている。サムスンが韓国の会社なのは、気になる所だが中身は殆んど日本製ということで、購入を決めた。そんなオレがGALAXYに宗旨がえしたのはAiphoneの画面のガラスの脆さなのだ。ちょっと落としただけで、割れてしまうのだ。三回位割ってその度に手続きが面倒くさいのだ。なのでボタンがどうとかは、オレの場合は二の次で画面のガラスが強くなったら、同盟国アメリカ企業のAiphoneをつかいたい。ちなみにAiphoneのSiriは正確だがGALAXYの音声応答は使えない。画面のガラスはGALAXYが圧倒的に丈夫。少々の落下では割れない。

rom専 (@guest_54102)
2020年10月20日 10:33 PM

iphone12はガラスの強化がされているそうです。appleが言うには従来比4倍頑丈らしい。
でもあと1年待って13か、SE3をお勧めします。まあ、1年後に出るか分からないし、また期待を裏切ってくる可能性もある。ただ、最近のappleは価格を下げたりして変わって来ているので、望はあるかな?それまではGalaxyに頑張って貰うというのはどうでしょう。

tetsu (@guest_54080)
2020年10月20日 9:01 AM

やっぱり、皆さん同じ反応ですね(笑)

前回コメントした後、別のブログでTwitterの反応を見たのですが、指紋認証の復活を望む人は多そうですね。まあ、そういう反応を集めただけかもしれませんが・・・。

でも、やっぱり指紋認証は便利ですよね。私も使っていますが、センサーに触れるだけで開きますから。

かく言う私も、iPhone 12 miniは少し気になっていました。最近はサブの大画面スマホを使う方が多いですが、小型スマホは好きなので。 まあ、元々Android使いですし、お金も無いので買い替えは無理ですが。

rom専 (@guest_54101)
2020年10月20日 10:30 PM

iphone12に期待していたiphone7ユーザーです。指紋認証が無い、faceid採用でノッチが残っている。
faceidで不便。取り立てて未来ツール感があるわけでもない。世間ではiphone12が予約競争とか言って居るが、本当かな?欲しいと思えないんだが。5Gの普及は22年以降になるでしょうし。本当に残念。iphone13orSE3を来年後半に販売を予定しているらしい。また1年7を使い続けるのか、se2はCPU以外は7と大差ないし壊れない限りは現行のまま。あとはARM-cpuをつかったimacに期待している。iphoneとの連携機能、airplay機能によるエンターテインメントpcとしてサブpc候補。
11月の発表で何か解る筈。