パチンコホール経営のガイア、20年5月期の最終損失は53億円

パチンコホール経営のガイア、20年5月期の最終損失は53億円

記事要約:ギャンブル依存症を生み出すパチンコ店なんてさっさと潰れたらいいとおもうが、20年5月期の最終損失は53億円という。でも、この程度の赤字では潰れはしないよな。まだ、営業利益が41億円ほど出ているからな。

わざわざ、コロナ禍でパチンコを打ちにいくとか全く理解できないからな。しかも、一部のパチンコ屋は知事が営業を中止しろといっても応じないところもあった。ガイアがどうかは知らないが。

>パチンコホールのガイアの2020年5月期(第36期)の決算は、売上高2457億円、営業利益41億円、経常利益6億円、最終損失53億円だった。同社は、パチンコホールの経営を主な事業内容としており、店舗展開は全国136店舗にものぼる。

損失が53億円だぞ。今までぼろ稼ぎしていてこの程度の損失とか。コロナ禍でも一定の需要があるのは認めざるを得ないが、ギャンブルするなら株を買った方がわかりやすいぞ。投資は自己責任であるが。

パチンコホール経営のガイア、20年5月期の最終損失は53億円

パチンコホールのガイアの2020年5月期(第36期)の決算は、売上高2457億円、営業利益41億円、経常利益6億円、最終損失53億円だった。同社は、パチンコホールの経営を主な事業内容としており、店舗展開は全国136店舗にものぼる。

https://gamebiz.jp/?p=279201

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_54081)
2020年10月20日 9:11 AM

パチンコ産業などいらん。こんなのを娯楽だかなんだかしらんが、駅前の一等地で営業させている国は日本位だ。更には北朝鮮への送金機関としても疑いは深い。税金をしっかりと課税して、衰退させるべきだ。